2008年04月22日

F1 今日の小ネタ

スペインは大丈夫

マグマグループ(のスポンサー)から突然資金提供しないと告げられ、チームがどうなるのか先が見えない状態になっているが、取り敢えずスペインGPは参戦可能らしい。
F1通信
また、何処で読んだかオーデットが復帰しているとも言われているようだ。
 
フェラーリの空力的挑戦

オフの頃から噂にあったが、先のバルセロナで姿を現したフェラーリの新型ノーズ
スペインGPで制式デビューするそうだ。

こいつの効能を軽く(妄)析してみた。
ノーズ下は、ハイノーズ以来、フロアにより多くの空気を取り込むために、結果としてモノコックのフロント、スプリッター部分でフロア上の空気を左右に流すわけだが、そこは必然的に高圧部分となっている。
その高圧の空気溜まりを上に流して、綺麗な流れを作ること主目的だと思う。結果としてダウンフォースも増えるはずだ。
ただし、これはノーズコーンを貫通した穴があると思われるので、剛性と強度の確保が課題だったに違いない。
また、強くするために必要以上に重くなるのもまずい。なので、このデザインを実現するために幾つかの技術的ハードルがあったはずだ。
昔のマシンだが、これが参考になるかも知れないと思う。


ハイノーズというと、ティレルのマシンが元祖のように言われるが、実はマーチに思想的萌芽が認められると思っている。
エイドリアン・ニューイのデザインしたレイトンハウスカラーのマーチだ。


posted by ビートニク at 21:54| Comment(4) | TrackBack(1) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペンシルノーズのレイトン、懐かしいですね。カペリがストレートで、最強ホンダターボのマクラーレンを抜いたシーン!涙ものでした。(たしか、鈴鹿とポールリカールだったかな?) しかしSAF1、オーデットの復帰が意味するのは? マグマとは別のラインの話があるからなのか、マグマのラインが消えたから戻れただけなのか???とにかく不安ですね。モズレーが消えて、スタッダードがSAF1に投資してくれると面白いかも、なんて妄はいかがですか。
Posted by 悟ファンの私 at 2008年04月23日 00:09
こんばんは ご無沙汰です
さっそくですが参考になるコレ・・・ はロータス? ま これは置いといて
私のフェラ・ノーズの妄なんですが ノーズの中にカラクリがあって 高圧になり過ぎる高速時だけエアを逃がして(D/F増加よりどっちかって言うと)ドラッグを減らす あと前記と絡むんですが(書くと長くなるんで書きませんが) 低・中・高速と各域での前後のD/Fバランスをイー感じにする効果があるんじゃないかと妄しました
レイトン・マーチ 最高! 鈴鹿の現地に居たのが 今思うとなんか悲しい歳で・・・ 後姿 デフューザー辺りが特に好きですね
ハイノーズ・・・ 想いは同じなんでしょうけど 当時 抜く側から想ったか と 入れる側から・・・ って感じなんでしょうか?

SAF1は・・・ ただ見守るばかりです
Posted by 山P− at 2008年04月23日 18:38
フェラーリ640とか、ベネトンB191とか。レイトンハウス!いいですね。レイトンハウスは会社のほうは色々あったけど、クルマは良かったですよね。今のF1の形は嫌いなんです。フロント部分が長すぎます、別にフロントエンジンでもないのに。
Posted by anno at 2008年04月24日 07:10
悟ファンの私さん、山P−さん、annoさん、
コメントを有り難うございました
SAF1については見守るしかないですね。

あの頃のマシンは格好も良くて、夢もあった様な気がします。
ドライバーの役割だけじゃなくて、マシン作りも人間の要素がより大きいですよね。
Posted by ビートニク at 2008年04月25日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【NEWS】 スーパー・アグリ、バルセロナに向け移動中
Excerpt: 先週英マグマ・グループとの交渉が破談となり、今後の参戦が 危ぶまれている『スーパー・アグリ・F1』だが、とりあえず今週 行われるスペインGPの地バルセロナ・サーキットに向けトランス ポーターが出..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2008-04-23 22:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと