2008年04月19日

SAF1 今回の騒動について(妄)

F1 今日の小大ネタ 追記アリ□」に追記しようと思ったのだけれど、長くなりそうなので別エントリとしました。
また、今後の結論が出るという時間が限られているため、(妄)記事を上げるタイミングがないと思われるので…
 
先のエントリの追記と重複しますが…

マグマグループが最初に取った行動が、オーデットの更迭。
この事は注目するべき事だと思う。

彼等の目的が、参戦権の獲得だけ、若しくはそれに近い状態を望んでいるなら、SAF1が破産した後に買い取った方が安上がりだし、好きなエンジンと組める。(HONDAエンジンとだって組める)

恐らく、マグマグループは極東ではなくドバイかインターナショナルのイメージを作りたいはず。
“born in JAPAN”というキャッチコピーは邪魔なはずだ。

オーデットは恐らく、SAF1内で一番の経験豊富でタフな交渉人だった。
彼をテーブルから外した時点で、マグマグループの第一段階は成功したも同然だったのかも知れない。

オーデットは経験豊富なだけではなく、SAF1設立のキーパーソンだ。
彼がマーク等、重要な人物を集めてSAF1というチームを作り上げたと言っても過言ではないだろう。
資金さえあれば、大きなチームさえ出し抜く力を秘めた、そんなチームに愛着を感じていただろう。
 で、恐らくマグマグループの話が出てきたとき、彼は反対したのじゃないだろうか?
自分が作り上げたチームがバラバラにされてしまう、と。
 買収交渉の初期の段階でオーデットが障害となったので、取り払われた。

 もしかしたら亜久里もその危険性は判っていたかも知れない。
ただ、彼は
●チーム運営に疲れていた
●東京、若しくは自分の懐が痛まないなら破産しても良いと思っていた
●負債額がホンダも尻込みするほどの額だった
これらのどれか、または全ての理由で今回のようなリスクを承知の上でオーデットを外し、交渉を進めたんじゃないだろうか?
 亜久里はチーム設立当時から、長年F1に関わるつもりはないと明言していた。
退場のタイミングだと思い始めていたのかも知れない。
もしも、このまま破産となれば格好悪いし、亜久里のイメージも傷つく。
が、それでも良いと思わせるまで彼が疲れ切っているとしたら…危険を知りながらチーム運営の片腕とも言えるオーデットを切り、マグマグループと交渉を進めようとした気持ちも理解できなくはない。


posted by ビートニク at 12:03| Comment(4) | TrackBack(3) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしそうであるなら、オーデットを外した時点で、すでにこの交渉は破談が決まっていたということになります。交渉の話が伝えられるたびに、そうアグリ側に都合の良い条件でできるものだろうかと思っていましたが。もう少しで手が届くというところで梯子が外されました。SSユナイテッドの契約不履行の件では、4700万ドルの負債をかかえたといわれています。次にスポンサーででてきた、フォーリーフジャパンも問題あるところだったし。これって・・・
Posted by anno at 2008年04月21日 06:39
お邪魔様です。

 以前の記事での感情的な書き込みで不快に思わせてしまい大変申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫びいたします。
 
 実はSAF1出場ピンチの報道が伝えられた時、チームのプレスリリースがあっても亜久里代表自身のコメントが中々無いのと、危機に関しての本人からそれに関するコメントが中々無いことに加え、マグマやHONDAからのコメントが無いので何かおかしいなと思い色々とサイトを見ていたんですが報道された翌日のサンケイスポーツのF1の記事に亜久里代表のコメントがあったんです。それによるとマグマとの交渉は継続しているとのこと、今までどおり準備を進めていてスペインGPには間違いなく出るとのことでした。

 それに、F1通信さんのSAF1を助ける理由などの記事やトランスポーターが出発したことや他のパートナーとの交渉は着実に続いているがまだ安心できない記事等の情報もありました。それらからの推測ですが、恐らく計画していた資本金が一部入らなくなり、計画をどのように見直すのか再検討に入っているのではないかと思います。

 スペインGPに出場できるかどうかは水曜辺りの写真でSAF1のマシンと設備がカタルーニャで確認できるかどうかだと思います。それが出来れば長期的な問題であると推測し、それが出来なければ直近の危機であると推測しますが如何でしょうか?
Posted by LANCER WRC at 2008年04月21日 19:20
annoさん、
遅くなりましたがコメントを有り難うございました

僕は、今回の件に関して、オーデットがキーパーソンだと思っています。
マグマの件が取り敢えず振り出しに戻って、オーデットが復帰したそうです。
亜久里の心境は兎も角、オーデットが無関係とは思えないんですよ。
Posted by ビートニク at 2008年04月22日 21:07
LANCER WRCさん、
遅くなりましたがコメントを有り難うございました

僕もきつめのコメントをしてしまいました。ごめんなさい。
色んな意見があって良いと思います。
来る物は拒まず、ただし、僕も遠慮無く…です。

どうやらスペイン参戦は大丈夫、ただし次は…と言う状況のようですね。
今後の推移を見守るしか無いようです。
Posted by ビートニク at 2008年04月22日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【NEWS】 スーパー・アグリ、スペインGP参戦結論は来週
Excerpt: 英マグマ・グループとの交渉が破談に終わったことから来週に迫った スペインGPへの参戦が危ぶまれている『スーパー・アグリ・F1』 チームだが、その結論は来週に出される見通しだ。 FMotors..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2008-04-19 15:53

SAF1に残された道は。そして琢磨は
Excerpt:  一週間、桜のことを書いている間に世の中ではいろんな事があったなぁ。とはいっても、郷秋として一番気になるのはSAF1のこと。果たして来週末のスペインGPのグリッドにつけるのかどうか。ご存知のように、昨..
Weblog: 郷秋<Gauche>の独り言
Tracked: 2008-04-19 22:53

F1(4140) バーニー・エクレストン、スーパーアグリ救済に動き出す!
Excerpt: バーニー・エクレストン、今回はドイツと見られる別の買い手企業にセッティングに励んでいるとも言われている また、2009年末まではスーパーアグリにマシンとエンジンを供給し続けるようHondaを説得..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2008-04-20 14:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと