2008年04月18日

バタデン

松江〜出雲間の宍道湖北岸を結ぶ私鉄、一畑電車を見に行きました。
この電車を題材にして映画が作られるらしいことを知ったからでした。

菜の花を抜ける電車は可愛らしいデザイン。

 
一畑口駅を訪れたんですが、ここはスイッチバックとか言う方法で折り返し運転がされています。
以前はこの先にも路線があったらしいのですが、戦争の鉄資源として使われ、それ以来とか…戦争の影がこんな所にもあるとは

線路の向こうは…道路


駅内


駅の倉庫?の灯り


一畑口駅:http://www.ichibata.co.jp/railway/route/itp-search/13.htm

この一畑電車(バタデン)は隣の県なので馴染みはないのですが、一畑薬師へ祖母とお参りした記憶があります。
多分、一畑電車を利用したのでしょう。
また、一畑薬師の近くと言うより、隣接して「一畑パーク」という遊園地が昔にありました。
現役で運営されている路線ですが、何だかとても懐かしい。
それがバタデンです。
posted by ビートニク at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆

オヒサしてました。
とてものどかな所ですね〜。
タンポポさんが見つかるかもしれない…chichamiのまわりはアスファルトばかりでタンポポさんなんって見つけるのが大変なのよん♪

緑がたくさんあっていいなぁ〜!
Posted by chichami。 at 2008年04月20日 22:39
chichami。さん、
遅くなりましたが、コメントを有り難うございました

今のところ、日本で一番古い電車が走っているそうです。
chichami。さんはアスファルトジャングルでぶいぶい言わしてるんですか?!
Posted by ビートニク at 2008年04月22日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと