2008年04月03日

F1 今日の小ネタ

トロ・ロッソ
トロ・ロッソの新型がテストデビューしたらしい。(F1-LIVE.com
デザイナーはご存じレッドブルのエイドリアン・ニューイ。2チーム分のデザインはどうしても負担なのだろう。
シーズンには間に合わなかっただけではなくて、オリジナリティに欠けるのは事情からすると当然だろう。
 
政治的妥協案
そのトロ・ロッソだが、ライバルのフォース・インディアにカスタマーシャーシ問題を解決するための妥協案を提示しているらしい。
コンコルド協定の範囲内で行動していると言いながらの妥協案の提示とは、何をか況やだ。
昨年中に締結予定・今年より発効とされていた新コンコルド協定がどうなっているのか、出口は見えていない様だ。
今まで何度も触れてきたが、SAF1とトロ・ロッソ、それぞれ事情は異なるが、F1であるからにはオリジナルのマシンが理想だと思う。
が、新規参入の壁があまりに高い現状では、基盤が出来るまでの猶予期間を設けても良いのではないかとも思う。
あまりに水準が低ければ問題だけれど、チャレンジャークラスとでも命名して新規参入を促すのはどうだろう?
その際、ドライバーズポイントはそのまま有効とし、チームへ与えられるポイント(分配金)はレギュラーチームとは別枠で少額とする。
チャレンジャーは猶予期間の間にコンストラクター&レースチームとしての研鑽を積み、その後、猶予期間を経てレギュラークラスへ昇格を審査するのだ。


posted by ビートニク at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それはグッドアイディアですねえ
どっかの偉い人がそういう考え出してくれたらいいのにねえ、、、、

オシリぺんぺんしている(されてる)場合じゃないって〜の、、、、ほんとにネ
Posted by アルヌーは二枚目 at 2008年04月09日 03:55
アルヌーは二枚目さん、コメントを有り難うございました
F1のレベルは維持して欲しいし、参入の壁が高すぎるのも事実。
ならば、と考えたんですが…
Posted by ビートニク at 2008年04月09日 06:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと