2008年04月03日

F1 バーレーンGP プレビュー

バーレーンGP:Sakhir, 30 min. from the airport, Bahrain
       コース図解説
 
さて、ここは最新鋭のサーキットの一つで、コース幅も広い。
抜きどころは1コーナーと13コーナーと言われている。
が、風が吹けば路面のグリップは悪くなるので、トラクションコントロールが無い今シーズンはそれ以外でもミスを誘うバトルがあるかも知れない。
天気は概ね晴れるそうだが、風はどうだろう?
初日から天候が安定していれば、徐々にグリップは上がっていくはずなのだが、その辺りの読み・合わせ込みも重要だろう。
ここはトラクションコントロールの裏の主役、ブレーキング時のコントロール性能とドライバーのテクニックが判りやすいコースかも知れない。
また、少しのインターバルで各チームがどれだけ進化しているか、修正できているか、その辺りも見所だろう。

気懸かりなSAF1はここで将来に関する発表があると言われていた。
どんな発表がされるのか、噂通りだとは思うが、注目だ。
何より、レース毎のパーツが整っているのか、基本的な部分がどうなっているのか…

現地ではファンサービスイベントが行われた:写真
女性が顔を出しているのが却って新鮮に見える。この緩さがF1を誘致したのだろう。

また、マクラーレンは5番目ではなく端のピットが割り当てられるらしい。
番外チームはそれが本来なのだが、今頃の適用とはFIAのやる事が理解できない。
…ずれ込んだため来年の2レースは端のピットが充てられるのだろうか?
posted by ビートニク at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | F1レース08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと