2008年03月16日

F1 オーストラリアGP 土曜日

フリー走行3リザルトセクタータイムスピードトラップレポート
 予 選 リザルトセクタータイムスピードトラップスターティンググリッドレポート

 
フリー走行3
優勝候補と見ていたフェラーリがどうも調子が出ない。
スタビリティに問題か?“グリーン”な路面の問題なら、日曜には回復するかも知れないが、予選の重要さを考えれば辛いところだ。今シーズンはグリップの低いコースでは苦労するのだろうか?それとも昨年同様、一発のタイムが出にくい特性なのだろうか?
一方、BMWザウバーのクビサがタイムを刻んできたのは注目。こちらはロングランに問題がありそうなのだが…
トヨタも調子が良い。
HONDAはセクター2でバトンがトップだったり、最高速は凄く遅かったり、方向性を絞ったセットアップだ。多分、ダウンフォースとドラッグのバランスが悪いのだろう。
モナコでは良いかも知れないが…部分的に良い所が垣間見えるだけでも進歩か。
因みに、最高速はホンダエンジンが最下位を独占している。(変な言い回し(>_<))


予選
予選を見逃してしまいました…録画もできていません(T_T)

走行台数が一番多いのだから、Q1の時間が長くなったのは良い。

開幕戦、マクラーレンのハミルトンがポールだ。
BMWはロングランでのバランスが辛そうなので、どんな戦略を立てているのか注目だ。
フェラーリはついにここまで調子が上がらずじまい。
ロングランは悪くないようなのだけれど、キミのトラブルが痛い。マッサはあんなもんだろう。
昨年同様、エンジン規制があるため、コース上の追い抜きは力任せにはできない。トラクションコントロールが無いのでチャンスは増えるかも知れないが、上位陣を捉えるには辛いことになってしまった。
一貴はニコとの差は経験不足からだと思う。
とは言え、F1で闘うのに経験不足は言い訳にならない。早い段階でアピールすることが大切だ。
中段グループは実力の差は結果より少ないかも知れない。僅かな“何か”で結果が大きく上下してしまいそうだ。
メカニックの動きに至るまで、全ての事にプロフェッショナルな質が必要だろう。
トヨタのグロッグはミッション交換と走行妨害のダブルペナルティで繰り下げとなった。なので、予選結果とスターティンググリッドは違う。

注目の琢磨は状況を考えれば上出来だろう。ある意味、06年より辛いかも。
06年の経験がアンソニーとの差を顕しているように見える。
シーズン中にフォースインディアをキャッチアップできるだろうか?ただ応援するのみだ!
加油!琢磨!!


posted by ビートニク at 11:51| Comment(0) | TrackBack(2) | F1レース08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1 '08 オーストラリアGP 予選 〜予想ガイ〜
Excerpt: とうとう始まりました、F1♪ オフのテストでは全くペースが上がらなかったホンダのRA108ですが、ヘレスでのプライベートテストで一定の進展があったとの話も伝わっています。 果たして、どの程度の..
Weblog: poorbassistの日記的独り言
Tracked: 2008-03-16 14:35

F1オーストラリアGP予選!(誤記修正)
Excerpt: さて、2008年F1開幕戦、オーストラリアGP予選が行われました。が…我らがスーパーアグリ勢は案の定というかやっぱりというか、ホントのぶっつけ本番は通用しませんでしたね…。 っていうか、驚いたのは..
Weblog: この際、言いたい放題=別冊版
Tracked: 2008-03-16 15:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと