2008年02月15日

ヘレステストあれこれ(長文注意)

久しぶりに普通に更新します。
時間が無いと言いながら、かなりの長文となりました。
やっぱ、何も書かないのはストレスの元のようです…

ヘレスでの合同テストが終わった
ヘレステスト08年
風変わりな空力デバイスも登場したようだ。
 
概略
テストなのにファンが沢山見ている。シーズンが待ち遠しいのだ♪
テスト内容が不明なので即断は出来ないが、やはり、マクラーレンが速い。
今シーズンもフェラーリvsマクラーレンを軸としてシーズンが進むんだろう。
フォースインディアを駆るフィジケラが最終日に中段のタイムを記録したが、これは恐らく最終日の打ち上げのタイム出しだろう。つまり、予選モードの確認とスポンサー&オーナー対策だと思う。
ウィリアムズの一貴も好調らしく何より。ニコと比べてどんなレースをするのか、シーズンが楽しみだ。
HONDA勢が相変わらずなのが気になる…
SuperAguriF1Teamも、やはりRA107改だ
今シーズンはこのまま小改良で挑むんだろうなぁ…後半の大改良後のマシンがベースだから、まだ良いんだけれど。
カスタマーマシン…


●マクラーレン:
昨年の正常進化。欠点だったタイヤ摩耗の克服がなっただろうか?
リアウイングの違い、ホイールカバーは2通り(写真8と9)+無しと、細かい比較をしているようだ。
完成度が高い証拠か。
リヤウイング翼単板とタイヤの間のフェンス?が左右で大きさが違うように見える…細かな調整がここまで?逆回りのコースなら、大きさが反対になるのだろうか?
話題になっているホイールカバーだが、建前ではブレーキのクーリングパーツの筈だが、明らかにタイヤの乱す気流を何とかしようとするものだ。今まではホイールサイズに留まっていたが、とうとうタイヤ側面を覆うものにまでなってしまった。回転すると規則違反なので、大きなものは付け難いはずだ。幾らカーボンでも、軸から遠くなれば、撓みやすくなってしまう。さて、効果は如何ほどだっただろうか…

●ウィリアムズ:
昨年もそうだったが、シンプルな造形は好印象だ。実際、テストタイムも良い。
勿論、テスト内容が他とどう違うのか不明なので、単純に速いとは言えないが、一貴のコメントも悪くない。
所で、このカラーリングでは詳細が判らない。ウオッチャー泣かせだ。
琢磨、ホンダの次ぐらいには注目してるんだが…

●BMWザウバー:
冬の斜光がノーズフィン(カナード)の造形を浮かび上がらせている。上下フロントサスの間にあるフィンは前年から。
持ち上げたエンジンカウルの廃熱スリットがよく判る。今シーズン、チムニーは廃熱よりも整流フィンとして使うマシンが多い。
バージボードは変則的。サスペンションアームを境にしてターニングベーン?や変則的チキンウイングと細かく調整したい様子。現在、バランスに苦しんでいる模様。この辺りの処理は各チームで個性が見られる。
正面から見ると、上下フロントサスの間隔が狭く見える。広い方が良いと思うのだが、空力との妥協だろう。また、モノコックからステーを出して、そこにサスを取り付けている。必然的にアーム長が短いので、ストロークによるキャンバー変化が大きくなるが、フロントで2〜3pのストロークと噂されるが、どう影響するだろうか?このマシンに限らず見られる処理なので、悪影響は無いか、或いは積極的にキャンバー変化をさせているのかも知れない。
横から見ると、空力重心をフロント寄りにしたいのだろう。
一方、重量バランスは4戦使用のギヤボックス&トラクションコントロール禁止のため、以前より後ろ寄りとなる可能性が大きい。

●ルノー:
昨年の空力失敗を踏まえ、コンサバにまとめた。フロントサスもオリジナルの三角支持からゼロキールへ。
このマシンで勝つのは難しいかも知れないが、ポイントはコンスタントに狙えるだろうか。バックミラーのカバーが目立つ。
フロントウイングの中央部は個性的。絶対的なダウンフォースは出るだろうが、斜め方向(コーナリング)の風の当たり方に問題があるかも知れないと思うのだが…

●HONDA:
気懸かりなチーム。昨年予想した空力処理をやっているのは、奇抜なやり方ではどうにもならないからだろう。ノーズ周りはシンプル&スリムにして、気流コントロールはエアロパーツで調整する、と言う考え方のようだ。フロントウイングのフラップは巨大だが、上端はフェラーリのようなギザギザ。ついでにバージボードもフェラーリ風。
ノーズ周りがスリムなだけにサイドポンツーンからボテッとした印象だ。マクラーレンやBMWと比べ、サイドポンツーン上側のエッジが分厚い。
横から見ると、フロントがスッキリしているだけに更に印象が強くなる。衝突安全の規制もあるのだが、ここら辺りからの空力が効率悪そう。サイドポンツーンのスキャロップ(抉れ)は、かなり絞り込まれているが、マクラーレンほどではない。
ノーズの高さは昨年より高くなっているようだ。
昨年よりは良いのだろうが…今シーズンは基礎作りの年だと思う。
昨年のウィリアムズのように、来年以降の飛躍のための重要な年だ。

●SuperAguriF1Team:
琢磨が本格的なテストに参加。
トラクションコントロール無しでロングランでのタイヤの変化など、知りたい事が沢山あっただろう。低重心に貢献したホンダ自慢のペンタ型ロールフープも健在。テスト用のカメラも含め、ほぼRA107の最終型…もっと言えば、HONDAのテスト用バージョンだ。恐らく、今回のマシンは独自に開発した空力は無い。
HONDAと併せギリギリまでデータ取りをして、このマシンを前提に最適なセッティングを模索するのが精々だろう。元々HONDAが目一杯開発をしたマシン。開幕までに何らかのデバイスが付けば上出来だろう。(キャプションはSA07Bとなっているが、昨年暮れのテストと同じくRA107改だ)
フロントウイングは中央の大型フラップを支持し、メインウイングはステーで連結されている。この辺りは新しいと言えば新しいのかも知れないが…何処だったか、昨年から登場した処理方法。BMWも同様だ。翼玄比の大きいフラップでは気流が剥離するので、分割しなければならないほどのサイズなのだ。
マシン開発が殆ど無いので、フロントウイングのステーを変えたり、細かいセッティングを試してはいるが、マクラーレンと違って微調整の水準が悲しい。
所で、天井のランプが今風だ。資金不足と言いつつ、それなりに今のレベルで動いているようだ。


●レッドブル:
ニューウェイの才能が発揮されたか、エンジンカバーのヒレが面白い。左右に離れようとする気流を中央へ留め、リアウイングへ流したいのだろう。意図は判るが、風のある日は悪影響が大きいと思う。明確に悪影響があればもう少しスリムにするかも知れない。

●フォースインディア:
オーナーが変わって資金豊富になったようだ。
が、開発の時間が無かったのでマシンはそんなに変わる事はない。基本的にダウンフォース不足の印象だ。
流動的なチームだが、遊び心を忘れないのは素晴らしい。
次のマシンがどう変わるのか興味深いが、このチームに限らず来年はF1の規定その物が大幅に変わりそう。

●トロ・ロッソ:
昨年のマシンを今年の規定に合わせたのみ。信頼性重視だそうだ。
レッドブルのパーツ・マシンが優先的に製作される状況では致し方ないが、荒れたレース展開となれば侮れないかも。

余談だが、コンストラクターズポイントを剥奪されたマクラーレンは、今シーズン、5番目のピットエリアが与えられるという…本来、最後尾のピットとなるべきだと思うのだが、流石F1!村社会と言われる所以だ。
ラベル:ヘレス08 テスト F1
posted by ビートニク at 19:00| Comment(2) | TrackBack(2) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。おひさです。

えっと、F1観戦をしていて一番楽しい時期がいつかと聞かれたら私の場合は「ウインターテスト〜ヨーロッパ開幕戦」の時期なのですが・・・今年はちっとも楽しくないですねぇ〜。

来週になればわかることですが、SA08は何をベースにしているのか考えただけで気持ちが萎えてしまいます。

メーカー系チームが巨額の予算を掛けて解決出来なかった修正を今のスーアグがこの短期間に出来るとは思えませんしねぇ。かといってRA108ならいいのか?って聞かれても・・・う〜ん。プロドライブに供給する筈だったシャシーにホンダのエンジンならいいと思うんですけどねぇ(笑)

他チームはざっくりと見た目では

↑ウイリアムズ・レッドブル
↓BMW
→ホンダ

という感じでしょうか?
Posted by tommy at 2008年02月15日 21:31
tommyさん、こんにちは
コメントを有り難うございました

ご指摘の通り、今シーズンは2強を軸にウィリアムズとレッドブル、BMWが「次」を争いそうな気がします。
トヨタは昨年よりは良さげですが、どうでも良い…

>メーカー系チームが巨額の予算を掛けて解決出来なかった修正を今のスーアグが
 彼等に可能性が有るとすれば、HONDAが時間切れで採用できなかった「何か」が有れば、それを使うことでしょうか…
Posted by ビートニク at 2008年02月17日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

なんだこれ?
Excerpt: マクラーレン、2008年のピットエリアは5番目?   こんなんじゃ、F1グランプリじゃなくて バーニーグランプリって名前にしたほうがいいんじゃねぇ〜か! あほくさぁ〜
Weblog:   SUPER君が代が聴きたい!
Tracked: 2008-02-16 11:18

【TEST】 ヘレス合同テスト最終日コバライネンが締める(2/14)
Excerpt: 14日(木)最終日を迎えたヘレス合同テストは、今季マクラーレンに 移籍したヘイキ・コバライネンがただ一人1分17秒台にいれる好タイムを 記録、今回のテストを最速で締めた。 FMotorspo..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2008-02-28 00:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと