2007年12月17日

グルメ風日記?

先日のことですが、出雲大社へ行きました。
用事のついでに行ってみただけなんですが…
久しぶりの出雲は好天に恵まれていました
団体さんの途切れたタイミングで…

 
出雲大社は相変わらず人が沢山で…願いも沢山

参道沿いには何やら…「日本ぜんざい学会」!?

なんと、ぜんざいは出雲が発祥の地だそうです。
世間の神無月は出雲地方では神在月
神在→じんざい→ぜんざい と訛って現在に至っているとか
甘すぎず、小豆の風味も良くて美味しかったです♪

お土産には「ぜんざい餅」♪

そして、出雲と言えば出雲蕎麦!
地元の人がよく利用すると教えて貰ったそば屋さんで…

中でも、特徴的なのが「わりご蕎麦」です
小さな器で、三枚が一人前です。が、四枚食べました(^。^)


んで、蕎麦を食べた後は一畑薬師…
子供の頃、「一畑パーク」という遊園地があった筈なんだけど今は面影もありませんでした。
一畑薬師は名前の通り、健康に御利益があると言われています。
特に「目」だそうですが…
皆さんが健やかでありますように(-人-)ナームー...

ここは山の中なんですが、まだ黄葉が残っていました
木漏れ日が何気に良かったです

かなり寂れた門前のお土産物屋さんには看板犬
かなりの老犬のようでした
posted by ビートニク at 21:10| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもです!
なんかこの犬、しゃべりだしそうで笑っちゃいますね(笑!)

「おい!なんか買え〜」(爆!)

でもこの蕎麦が旨そうです!
Posted by デヴィッド at 2007年12月18日 08:44
こんばんは。
出雲そば!一度しか食べたことないですが、もみじおろしが効いてて美味しかった記憶があります。
「神在月」、なるほど!確かにそうですね。
Posted by maru at 2007年12月18日 21:41
ぜんざいも蕎麦もおいしそうですね!

ぜんざいは、所謂おしるこのことですよね?西日本ではぜんざいと言うのか、それとも何か決定的な違いがあるのか…是非学会の方に問合せてみなければ…(笑)

このわりご蕎麦は、私なら6杯はいけますな。

最後の老犬はいい味を出していますね〜。何かを悟ったような風格を感じました。長生きしてほしいですね。

Posted by 考える葦 at 2007年12月19日 21:53
デヴィッドさん、遅くなりました
この看板犬、良い味出してましたよ〜
蕎麦はしっかりした味でした♪
Posted by ビートニク at 2007年12月20日 05:21
maruさん、遅くなりました お久しぶりです
「わりご」は薬味がお店によって幾つかのパターンがありますから、機会があればまた食べてみて下さい。

神在月はこちらではイベントがあったりしますから、割と身近なんですよ〜
Posted by ビートニク at 2007年12月20日 05:25
考える葦さん、体は大丈夫でしたか?!
ぜんざいですが、しるこですよ〜
しかも、正月の雑煮としても戴きます〜
馴染みがあると言うか、ぜんざいに何かを感じているんでしょうね。

わりご蕎麦は、椀子蕎麦に感じが似ているのかな?つゆは自分で注ぐんですけどね。
蕎麦の味わいが良く分かるので美味しいですよ♪
Posted by ビートニク at 2007年12月20日 05:32
そうですね、正月の雑煮の話題の時も、そっちのほうではぜんざいみたいな雑煮を食べるという話が出ていましたよね。やっぱり、そっちのほうが発祥なのかも。ただぜんざいって漢字で善哉と書かれることもありますよね。これって当て字?なんか仏教っぽい漢字ですよね。砂の器みたいにそちらはズーズー弁ですか?だったら「じんざい」は「ずんざい」ですかね。
Posted by anno at 2007年12月20日 06:05
ぜんざいは餅でなくて白玉ですよね?
Posted by anno at 2007年12月22日 09:24
annoさん、こんにちは 遅くなりましたm(__)m
出雲や奥出雲の方々はズーズー弁ぽいと思います
“…ですからね”が“…ですけんにゃー”
と、猫が鳴きます。

中に入っていたのは、紅白の餅でした
Posted by ビートニク at 2007年12月25日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと