2007年12月09日

テスト規制など

12月7日、モナコで行われた世界モータースポーツ評議会(WORLD MOTOR SPORT COUNCIL)で、来年以降のF1に関する重大な決定が下された。
※今回、ルノーのスパイ事件や来年のマクラーレンのマシンに関する処分について等、一連の議題はそれぞれ大きいのだが…
 
FIA公式プレスリリース
コスト削減策の一つとして、空力開発に関して制限が加わった。
いつものweb翻訳では判りづらいので…F1通信

●利用できる風洞は一つで、スケールも制限
●逃げ道となりそうなCFDも制限の「予定」
●リグ等のベンチテストも制限んの「予定」…「予定」…
予定が、思惑通りに決まればコスト制限にはなるかも知れない。
が、アウトソースに頼る場合の制限が不明だ。抜け道がありそうだ。
やはり、具体的な項目について制限を加えるより、チームの運営費に制限を加えた方が良いように思うのだが…どの項目にどれだけの配分をするかはチーム毎の自由とした方が、それぞれに個性が出ると思う。
ま、チーム予算の透明化なんて出来ないんだろうなぁ…


※それはそうと、この風洞基準はザウバーにピッタリの規模だ。
ザウバーが一番痛手が少ないチームかも知れない。
50%風洞を2つ持っているトヨタには痛いだろうなぁ。
HONDAは古いのを使わないだけで澄みそうだ。古いのはSAF1に払い下げる?
ラベル:F1 テスト 風洞 空力
posted by ビートニク at 15:05| Comment(6) | TrackBack(2) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔様です。

風洞の規制が入るとは、正直言って予想外の展開でしたね。

となると、古い風洞をSAF1に払い下げる展開は十二分にありえそうですね。

これは、僕が予想している展開なんですけど、RA108の設計チームを二つに分割するケースが考えられます。

RA107の設計チームの大半をSAF1に移籍させ、更にRA108の設計チームの一部をSAF1に移籍させることによって、コンコルド協定の網を潜り抜ける作戦を取るかどうかが、琢磨の契約を確固たるものにさせるかどうかだと思います。もし、技術者の配分をSAF1に多く持って来ることに成功すれば、契約締結でワークスに大半を持っていかれた場合は契約が長引くと見ていますが如何でしょうか?
Posted by LANCER WRC at 2007年12月09日 21:47
ホンダの新風洞は60%未満だったのですね。100%風洞だと思ってました…。勘違い…(^_^;)

それならば、ホンダにとってはさほど痛くはありませんね。しかし、こうも規制ばかり多くなると参戦していること自体に疑問符が付き兼ねませんね。コストが安くなれば、マニュファクチャラーの宣伝媒体としての魅力は増大しても開発や速さを追究する事に情熱を傾けるチームにはますます魅力が少なくなるような…。

Posted by 考える葦 at 2007年12月09日 23:07
LANCER WRCさん、こんばんは
風洞の制限は、コスト規制の方向性としては悪くないと思いますが…有効性に疑問もあります。
僕の想像、と言うより(妄)では、
栃研組とイギリス組に別れて…と言うか、基本的な部分はHRF1+栃研、枝葉の開発をそれぞれがHONDAとSAF1で、と言う物です。
カスタマーが正式に許可されればこれはありうるかも知れません。
Posted by ビートニク at 2007年12月10日 18:46
考える葦さん、こんばんは
HONDAの風洞ですが、メディアの報道では100%風洞と言われていました。
けど、正しくは50〜60%の規模だと思います。
実は、ザウバーと同等か少し小さいぐらいの筈なんです。建設費用はザウバーの方が高いと記憶しています。

100%風洞と言う表現は、100%モデルが入る、と言う意味だと思います。
入るけれど、実験レベルで使える精度じゃない…精度を考えると壁面の干渉など、様々な要素があるらしいです。
Posted by ビートニク at 2007年12月10日 18:51
ザウバーの風洞も、実物大のモデルを使うことも可能と言われていましたが、実際は60%サイズで使用していますよね。100%が入るのに十分な広さはあっても、100%だと側面からの風と干渉してしまい、実験の意味がなくなってしまう。そういうことなんでしょうね。マクラーレンのパラゴンの風洞が50%、ウィリアムズの風洞が60%であったように思います。ホンダがアウトソースで用いている童夢の風流舎の風洞は50%でしたよね。2基持っているチームは1つは使えなくなるということですね。アロンソのルノー復帰、発表になりましたね。
Posted by anno at 2007年12月11日 05:08
annoさん、こんばんは
風洞はでかけりゃ良いというもんじゃないみたいですね。
フルサイズにした所で、荷重の掛かったタイヤの変形など一定でないもののテストは風洞では出来ないと思いますから。
路面とマシンの位置関係にしても、実際のサーキットではバンクやバンプ、一定ではあり得ませんね。
それらのさじ加減が経験なんでしょうね。

アロンソは噂通りでしたね。
Posted by ビートニク at 2007年12月11日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【NEWS】 WMSC、2008年マクラーレンに対する裁定を延期
Excerpt: FIAのWMSC(世界モータースポーツ評議会)は、マクラーレン・チームの 2008年新型車『MP4-23』(仮称)に対する技術違反があるかどうかの 裁定結果の発表を、来年2月14日(木)まで延期す..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-12-09 15:59

【NEWS】 FIA、2008年から風洞実験についても制限
Excerpt: F1のコスト削減に向け次々と手を打つFIAが、今度はその標的を 風洞設備(ウィンド・トンネル)に向けた。 FMotorsports F1 今回FIAが示した制限案によれば、2008年から..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-12-09 15:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと