2007年10月10日

F1 今日の小ネタ

一貴
ウィリアムズでサードドライバーを務めていた中島一貴。
ヴルツが最終戦を待たずに引退する為に、急遽ブラジルGPに参戦する事が決まった。(F1キンダーガーテン

今シーズンの前半で、フランク・ウィリアムズの評価が高いと言われていた。どんなレースをするのか、楽しみだ。
 
その他、ストーブネタ
 マクラーレンのロン・デニスとアロンソは決定的に関係が拗れているようだが、契約があるために両者とも何も明らかにしない。
 ただ、二人共にシーズン終了後に正式に話し合いをすると明らかにしている。(F1キンダーガーテン
マクラーレンの契約なのだから、あらゆる条件で契約の縛りがあるだろう。
 将来について両者共に慎重なのだが、やり取りが見られれば面白いだろうか?疲れるだけな気もするが。

 そんな中、中国GP4位に入賞したヴェッテルがマクラーレンへ、と言う噂まで浮上しているそうだ。(AUTOSPORT WEB
この世界、決まるまでは何でもアリだからなぁ…


ラベル:F1 中島一貴
posted by ビートニク at 12:16| Comment(7) | TrackBack(1) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノーレスなのでちょこっと。
ウィリアムズのマシンで日本人がレースするっていうだけでスゴイな〜と思います。ウィリアムズ1強だった時代もありましたからねー。琢磨もうらやましく思っているのではないでしょうか。それに一時的にせよ日本人が3人っていうのもスゴイですよね。どんなレースをするのか楽しみです。
Posted by tetra at 2007年10月12日 13:32
琢磨がBARを離れるようになった時、ウィリアムズという話もちょっと出ていたように記憶しているのですが。昔のウィリアムズからは考えられないですよね。今のウィリアムズは、かつてのジョーダンやミナルディの立場に近づいてきているのかも。ウィリアムズファンの人ごめんなさいね。新人を発掘してよそに高く売るとか。ロズベルグ移籍の話もずっと出ていますし。
Posted by anno at 2007年10月13日 04:13
一貴、実戦デビューできてよかったですね。ここでいい走りを見せることができれば来季のレギュラーシートも見えてきますよね。
Posted by anno at 2007年10月13日 04:22
tetraさん、遅くなりました。
ウィリアムズはプライベーターの名門として、今でも重要な存在ですね。
そのシートに一貴が、と言うのは時代を感じます。
日本人が沢山なのはいつ以来でしたか、レベルは今の方が高いですね。
Posted by ビートニク at 2007年10月13日 11:43
annoさん、おはようございます
 第2期のホンダ参戦の頃と、今では随分と情勢が違いますからね。同じ括りは出来ませんね。
 でも、ウィリアムズは重鎮としての存在は変わりないと思います。
が、同時にドライバーに冷たいチームとしても変わりないようで。コメントでは感謝していると言っていましたが、ヴルツもそんな感じかも知れません。
 一貴が良い一歩を踏み出せると良いのですが。
今のところ、チーム内の評価は良好なようなので期待したいです。…評価の軸はマシンを壊さないでそこそこの走りをするからかな?
 ウィリアムズの今シーズンは基礎の再構築が目標だったと思うので。
Posted by ビートニク at 2007年10月13日 11:50
井上隆智穗の時、右京、亜久里と日本人が三人だったのではないでしょうか。確か、1995年のパシフィックGP。
Posted by anno at 2007年10月14日 01:04
annoさん、どうもです
隆智穂!
異色のドライバーでしたね。
ある意味プロでしたね。
Posted by ビートニク at 2007年10月15日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1デビュー 中嶋一貴 プレビュー
Excerpt: F1デビュー 中嶋一貴 プレビュー 中嶋 一貴(Kazuki Nakajima) 愛知県岡崎市出身 父は元F1ドライバーの中嶋悟 血液型 Rh+A型 南山大学在学中 親である、悟氏..
Weblog: レーシングニュース
Tracked: 2007-10-17 03:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと