2007年10月08日

F1だけじゃない 今日の小ネタ

ノリック
二輪レースでノリックの愛称で親しまれていた阿部典史氏が、交通事故で亡くなったそうだ。(GP UPDATE

冥福を祈る
 
ブルツ
ウィリアムズで地味ながら安定した走りをしているブルツだが、今シーズンで引退するようだ。

ラルフもF1に居場所が無さそうだし、2つのシートが空くのか?
ウィリアムズは一貴と入れ替え?…
もう一つはピケjrが参戦するのだろうか?


ラベル:阿部典史
posted by ビートニク at 13:04| Comment(18) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノリック亡くなったのですね、ショックです。もう全盛期の走りはなくなって、日本のレースでしか走っていなかったんですが、まだ引退はしていませんでした。彼がWGPで走っていた頃は、各GPのTV中継ありましたよね、地上波で。今年のもてぎの日本GPで解説していた姿が、TVで見た最後になってしまいました。
Posted by anno at 2007年10月08日 15:01
TRTのなかでこの事に触れる人はいないのかなとあきらめかけていました。
トーチュウのサイトで知った時は本当にびっくりしました。
今年のR2−1は死神がいるみたいで、ノリックで亡くなったライダーは3人目。(先の2人はレース中ですが)
残念です。
Posted by マサボン at 2007年10月08日 19:58
annoさん、どうもです
バイクはあんまり見ないんですが、アメリカ帰りで新進気鋭の頃から数年は少しだけ知っています。
こういう話題は言葉が見つからない…
Posted by ビートニク at 2007年10月08日 20:04
マサボンさん、こんばんは
二輪レースは最近はあんまり見ないんですが、以前は少しだけ。
本当に残念です。
Posted by ビートニク at 2007年10月08日 20:07
93年の全日本ロードに突然隆盛のように現れたノリックは衝撃的でした。
デビュー初年度でチャンピオン、そして翌年はWGPへ参戦、96年には鈴鹿で
初勝利・・・とまるでマンガのヒーローのようにスターへの道を駆けて行きました。
今回の事故、色々な要因はあれど全日本への降格や仲間のライダーの死等
辛い状況が彼の心の集中を妨げていたのではないか・・・という気もします。
琢磨選手同様、彼も日の丸を背負って立つヒーローでした。安らかに眠れ。
Posted by 芳村 毅 at 2007年10月08日 20:12
芳村 毅さん、こんばんは。ご無沙汰です

彼は彗星のように現れましたね。
アメリカではダートもやっていたとか聞いたんですが、そんな経験がコントロール能力を磨いたんでしょうか?
そんな彼がトラックと交通事故とは…詳しい状況は不明ですが、残念です。
Posted by ビートニク at 2007年10月08日 20:28
この訃報は朝のラジオで聞きました。なんでもUターン禁止の場所でトラックがUターンしてきたのにバイクごと巻き込まれたのだとか…。
まだまだ若かっただけに、これからの活躍を絶たれたのが残念です。
自分の都合でルールを無視する事がどんな結果になるかを想像出来なかったのか…。運転する者はいつも自分を律しているべきですね。


ドライバーマーケットが、少し流動的になってきましたね。今後の動きが気になります…。

Posted by 考える葦 at 2007年10月08日 23:17
オイラもノリックはデビュー当時を知ってます。
いいライダーでしたよね・・・

しかし・・・トラック事故とは・・・残念です・・・ホント
Posted by えす1964 at 2007年10月09日 12:08
ブラジルではブルツの代わりに一貴が走ることになりましたね。
Posted by anno at 2007年10月09日 18:14
ノリックの訃報はとってもショックでした。バイクのレースをあんまり知らない私でも知っているすばらしいライダーでした。
去年のTMSFのオープニングセレモニーの写真を見てはため息です…
ホントに残念でなりません…

一貴選手がブラジルで走ることになったっていうのは楽しみです。
Posted by 紫音 at 2007年10月09日 22:18
マサボンさんのコメントの中にあった、全日本ロードレースで亡くなった二人のレーサーは、沼田憲保さんと奥野正雄さんのことだと思うのですが、あの事故もつい最近のことでしたね。沼田さんのことについては、発売中のライディングスポーツに追悼の記事が載っていて、それにノリックが文章をよせていたというのに。今度はノリックなんでしょうか。言葉がありません。
Posted by anno at 2007年10月10日 06:09
考える葦さん、遅くなりました
彼ほどのレーサーが避けられないとは、トラックが突然で近くだったんでしょうね。
残念としか言いようがありません。
Posted by ビートニク at 2007年10月10日 22:25
えす1964さん、こんばんは
ホント、言葉もありません。
Posted by ビートニク at 2007年10月10日 22:27
紫音さん、こんばんは
彼ほどのレーサーがこういう事になるとは、本当に残念です。

一貴の話題で少しは前向きになれるでしょうか?
Posted by ビートニク at 2007年10月10日 22:29
annoさん、どうもです
人の死はとても辛いですね。
色んな事がありますね。
Posted by ビートニク at 2007年10月10日 22:32
自分勝手に勘違いしていたんですけど、ノリックがあまり騒がれなくなってきた頃、加藤大治郎が250ccから上がってきて、これからという時に鈴鹿で事故死。それがあったんでノリックは大治郎よりレースデビューがかなり早く年上の人だと思っていました。ですが実際は一つしか違わない、それだけノリックが、500ccまで一気に駆け上がったということですよね。やはり誰でもあげるのは、1994年の500ccデビュー戦。あのシュワンツやドゥーハン相手に闘う姿は多くの人に衝撃を与えましたよね。ロッシもあの姿を見てノリックに憧れ、ロッシフミと愛車につけていましたよね。14日はMOTOGPのオーストラリアGP、皆で黙祷するとか。
Posted by anno at 2007年10月14日 12:09
話は代わりますが、今回フィアットヤマハチームはアバルトカラーだそうですよ。
Posted by anno at 2007年10月14日 13:14
annoさん、こんばんは。遅くなりました
それまでの日本人ライダーと違って注目のライダーでしたからね。色んな逸話がある事でしょう。

何だかなぁ…
Posted by ビートニク at 2007年10月15日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと