2007年10月07日

F1 中国GP 土曜日

フリー走行3:リザルトセクタータイムスピードトラップレポート
 予 選 :リザルトセクタータイムスピードトラップレポート

 
 雨の決勝も予想される中、予選が行われた。
 今回のようなフラットなコースでは、フェラーリのペースが一貫している。だが、トップの2チームは実質的な差は僅かと言えるだろう。
 ポールはハミルトンが奪い、雨のレースでまたもや有利な立場となった。この中国でチャンピオンを決めたいと思っているだろう。
 が、ガソリンの搭載量は4台の中で一番少ないかも知れない。富士と同じく、セイフティーカーによる走行が長引いたりしたらどうなるだろう?雨のタイミングによっては微妙となるだろう。
 ただし、雨によって左右されるのは皆同じだ。フェラーリ陣営はマクラーレンより僅かに多めに積んでいるかも知れない。
 雨の程度に拠るけれど、ウェットなら絶対スピードが下がるので、臨機応変な戦略が組めるという点では多めの方が最初のピットインのタイミングをコントロールしやすいだろう。
 また、日本GPのクラッシュによるペナルティを逃れたヴェッテルだが、今回の予選で妨害をしたとして5グリッドの降格が決まった。安心しすぎて緊張感が無くなったんじゃないか?

 チャンピオンの行方より、個人的な一番の気懸かりは、琢磨のパフォーマンスが上がらない事だ。またもや「原因不明のグリップ不足」に悩まされているらしい。
 アンソニーに1秒の差が付くのは琢磨にとって、いくら何でも有り得ない。
 「アンソニーとタイヤ温度が二桁違う(F1キンダーガーテン)」…ダウンフォースを付けても“タイヤに熱が入らない”らしいが、これは尋常ではない。基本的な部分で異常が発生しているに違いない。

 基本的に、タイヤのグリップはタイヤのゴム・構造が持つグリップ(それは温度などの条件で変化する)に加え
●マシンその物の重さ
●ダウンフォース
●加速度による荷重
これらの組み合わせによりタイヤが押さえつけられて発熱、グリップを発生するのだと思う。F1ではダウンフォースが一番大きな要素だと思う。
 そして、ダウンフォース等の荷重が加わると、タイヤが発熱。性能を発揮する温度帯に入った時に最高のグリップを発揮する。この時、タイヤが路面に理想的な形で接している事も重要だ。
 温度が上がらないのは荷重その物が不足している場合と、タイヤの路面への接地が異常な場合があるだろう。
 異常な接地…例えば、キャンバーなどのアライメントがズレ、路面と触れる面積が少ないと熱の異常分布が起き、グリップしないばかりでなく、異常摩耗・タイヤライフの短命化に繋がる。
 インタビュー記事ではタイヤの摩耗についてのコメントがないのでその辺りは不明だが、摩耗状態に異常がないのなら、空力の異常が原因と推測できる。
…以前も発生したフロア辺りが怪しいと思うのだが…これは偶然のトラブルだろうか?


ラベル:F1 中国GP 予選
posted by ビートニク at 11:54| Comment(2) | TrackBack(2) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ビートニクさん,こんにちは!
 琢磨のグリップ不足,本当に気になります。Q3で1秒もアンソニーから離されるなど尋常ではありません。タイヤの温度管理が難しいのは分かりますが,2桁違うって「どんだけぇ!」って(−−;)
 タイヤが発熱しない原因が空力的なものなのか,メカニカルな部分なのかは不明ですが,とりあえずフロアも換えるかもしれないようですね。そうするとまたトラブルが心配。途中でフロア換えると,ろくなコトないから(^^;)
うーん,心配です(>_<)ではでは!
Posted by KAZ at 2007年10月07日 13:26
KAZさん、こんにちは
原因不明、と言いますが、実は…という可能性も(爆)
いらぬ事を(妄)してしまいます(^^;
Posted by ビートニク at 2007年10月08日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Honda F1 中本修平「バトン、今季最高の5位入賞」
Excerpt: 中国GP、Honda Racing F1 のバトンは、今季最高位の5位入賞。ルーベンス・バリチェロは15位完走だった。◇プレスリリース HRD
Weblog: SONZなポチ
Tracked: 2007-10-07 21:14

F1 '07 中国GP 予選 〜コンマ数秒〜
Excerpt: 前戦の波乱の展開すら味方にする事ができなかったルーベンス・・・。 未だにノーポイントな訳ですが、戦略が空回りしているだけで、そんなにペースは悪くないんですよね。 それだけにこの上海では実力発揮とい..
Weblog: poorbassistの日記的独り言
Tracked: 2007-10-10 23:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと