2007年10月06日

F1 今日の小ネタ

ペナルティ取り消し
日本GPでのセイフティカーランのやり方に対して批判が集まっていたハミルトン。
結局、お咎め無しとなった。また、それと共にヴェッテルのペナルティも取り消しになった。(F1キンダーガーテン
 珍しい事だが、ヴェッテルにペナルティがあるのなら、原因となったハミルトンの行為が無視できない。また、ハミルトンにペナルティを科さないなら、ヴェッテルも…と言う事のようだ。今回も政治的判断があったようだ。
 記事にあるように、雨の中のセイフティカーランはトップが圧倒的に有利だ。特にあれ程の雨だと後続は勘で走るしかない状況で、危険なレベルだったと思う。
 
ところが
上の記事に連動するが、リウッツイに対するタイム加算はそのままのようだ。
なので、スーティルのポイントは確定。


posted by ビートニク at 10:26| Comment(2) | TrackBack(1) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆

なんか裏がありそうな〜?
"どんだけぇ〜"って感じがします。
マッサの言ってることがなんとなく理解できるような…?

だって…今まで年間を通してどんな小さなことでもペナルティを受けてきているドライバーたくさんいるじゃ〜ないかしら!?
Posted by chichami。 at 2007年10月07日 23:02
chichami。さん、こんにちは
ハミルトンのペナルティ、何だか人種問題とかも言われる気配があるようで、触れぬが花、と言う雰囲気のようです。
尚更、毅然とした対応が問われるのにね。今までも?と思う事の多いFIAだから…
最早、政治問題かと。
Posted by ビートニク at 2007年10月08日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

神童が成し遂げる偉業
Excerpt:  歴史的な瞬間というものは,意外にあっけなく訪れるのかもしれない。今シーズン,ルーキーながらタイトル争いをリードしてきたマクラーレンのルイス・ハミルトン。彼が50年以上に渡るF1の歴史を塗り替え,数時..
Weblog: JUNO Formula Communications
Tracked: 2007-10-07 13:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと