2007年09月15日

F1 ベルギーGP 金曜日

フリー走行1:リザルトセクタータイムスピードトラップ
フリー走行2:リザルトセクタータイムスピードトラップレポート
 
 金曜はいつもの如く静観するのを基本にしている。
が、所謂ステップニーゲート事件のお陰で落ち着かないレースとなりそうな予感はしている。のだが、落ち着かないのは寧ろフェラーリの方なのだろうか?
 マクラーレンのマシンは、フロントがしっかりしている印象なので、フロントに必要なダウンフォースが決まればリアをバランスさせるだけで良い感じになりそうだ。
 が、対するフェラーリはセンター…全体のバランスで走っている感じがある。だからこそタイヤに優しいのだろうが、バランスを取る作業は単純ではないだろう。フラットなコースならともかく、今回はこのスパなのだから。
フェラーリは今回もロングスティントの戦略で攻めるだろうか?

 今回、その他ではトヨタが上位に顔を出しているのが目立つ。BMWザウバーより速いタイムを出している。
 周回数の多いBMWザウバーは、ロングスティントで攻める煮詰めをしているかも知れない。
 さて、HONDAは回復しつつあったけれど、どうやら足踏みしているようだ。バランスが良いとダウンフォースが足りず、ダウンフォースを付けるとバランスが崩れる、そんな状態のようだ。
想像では、タイヤが機能し切れていないのではないかと思うのだが…夜には若干の雨もありそうで、土日に向けて路面がきちんと仕上がらないと厳しいのかも知れない。
 さて、気になるSuperAguriF1Teamだが、何とスパ用に準備をしてきたウイングが使えないだけではなくて、前回のスパテストで使ったウイングすら使えないそうだ。(ウィングがない・・・!?−−琢磨
 もしかして、テストで使ったウイングは日本GPに向けて船便(航空便より安い!)で送ってしまったとか?余分なウイングが作れない程に逼迫しているのだろうか???
 その為、重いウイングは重すぎ、軽い方は軽すぎてどうにも成らないようだ。前回はブレーキパッドの使い回しに大いに驚いたが、予定されていたテストもキャンセルしたらしい…一事が万事、最早危険な状況なのかも知れない。
 セクタータイムを見ると、セクター1でアンソニー、セクター3では琢磨が速く、ドライバーの個性が見られる。
 何処か、緊急でスポンサーが付かないだろうか?日本GPだけのスポットでもあれば良いんだけれど…

 楽しみだったこのスパだが、今回は無事故・ノートラブルで完走してくれれば大成功!と言えるかも知れない。

 それと、どうでも良い事だが、今回も右京が登場するようだ。マッチよりは断然…♪


ラベル:F1 ベルギーGP
posted by ビートニク at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔様です。

以前聞いた話なんですが、どうも、フロントの空力のアップデートを日本GPに向けて用意をしていたようなんですね。

しかし、新型のリアウィングが日本GPギリギリまでずれ込んだ話だとも聞いています。その影響で、フロントのアップデート作業がずれ込んでしまい予定していたヘレスのセットアップテストをキャンセルせざるを得なかった状況なのかなと思います。(多少、資金も絡んでいるとは思いますし、小規模チームゆえの開発スピードもありますからね。これが、一番大きいとは思うんですが。)

トピずれで申し訳ありません。アロンソですが、某雑誌系のサイトでロン・デニスとアロンソのマネージャーが契約を全うするとコメント、つまり残留を宣言したと言うことです。したがって、TOYOTAのシート(ラルフの分が未だに空いている状況になっているようです。)はまだ狙えるチャンスがありそうだと言うことです。

そこで、今後のカギは琢磨がSAF1からの脱出を如何にして実行するかを考えているかだと思います。それに加えてスパ終了後に脱走工作を仕掛けるかどうかだと思います。後、以前お話した大手マネージメント会社所属の欧州日本問わず自動車メーカーに太いパイプを持つ辣腕代理人を味方につけ、マネージャーのアンドリューと連係プレーを図って、交渉を行いTOYOTAのハートをつかめるかどうかだと思います。

そのことに関する噂が、出てきたら脱走工作を本格的に仕掛けてくると読みますが如何でしょうか?

 そろそろ脱走作戦を仕掛けないと、ストーブリーグになったときに非常に苦しい影響を及ぼします。

 琢磨のシートがよりよいものにするためにも、今こそSAF1脱出作戦を仕掛けるいい時期だと思います。琢磨にこう言いたいですね。
 
今が、SAF1とHONDAを完全に脱出する最後で最高の機会だと。
Posted by LANCER WRC at 2007年09月16日 01:19
LANCER WRCさん、こんにちは
ここに向けて開発予定だったのは、リアウイングを中心にしていた物だと思います。
でも、開発その物が凍結のようで…
最も、リアウイングの効率を上げるにはモノコック前端からの流れが大事です。

 開発凍結で最適なパーツは日本へ送ってしまったのかと、で、余分なパーツはない…

琢磨が自分の将来をどう考えているかは不明ですが、スポンサーがいなくてもドライビング能力で採用され得るドライバーだと思うんですよね。デビューからその思いは変わりません
Posted by ビートニク at 2007年09月16日 15:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと