2007年09月14日

速報!

F1-LIVE.comによると、マクラーレンのコンストラクターズポイントの剥奪と1億ドル(約115億円)の罰金支払いが決まった!
 
 以前、一度は処罰無しと決定されたはずが、「新証拠」の出現により撤回されていた。が、昨日パリで行われた世界モータースポーツ評議会に依る裁定で覆った。
 今シーズンのこりのポイントも与えられないだけではなく、来年のマシンについてもフェラーリの技術と無関係だと証明されない限りはポイントから除外されると言われている。

 また、気になるドライバーズポイントだが、今のところ触れられてはいない。

 尚、罰金額は今シーズンのマクラーレンのポイントと共に与えられる賞金額相当だそうだ。
 ポイントで単純に割るような事は出来ないが、秘密に覆われたコンコルド協定の一部が見える。

 以前の処罰無しという決定の時には事件の全貌がハッキリしない段階での決定に理解できないと思ったのだが…今回も同様に、事件の全てが明らかになったのだろうか?
 今回の決定が本当の“決定”ならば、今シーズンのチャンピオンシップ争いは途端に茶番じみてくる。
 また、ロン・デニスは「我々はフェラーリの情報を使っていない(GPUpdate)」と主張を変えておらず、まだ紆余曲折があるかも知れない。

 そもそも、「フェラーリの極秘情報」と言われる物がどんな内容なのかさっぱり判らないし、マシンの開発は前年から始まっている事を考えると、直ぐに反映できる情報はタイヤ絡みのデータぐらいか?
 ワンメイクの今シーズンは、タイヤの情報は決して軽い物ではないけれど、外部からは疑問が増すばかりだ。

参考: FIAautosport.com


posted by ビートニク at 11:55| Comment(9) | TrackBack(6) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
現行マシンに流用してはいないけれどチーム内に情報があった、それを多数が知っていた、しかも一定期間隠匿していた、というのが裁定の理由でしょうか?もっと何かあるのかな?
FIAから出るであろう判決理由を読まないと何とも・・・。
Posted by maru at 2007年09月14日 14:48
お久しぶりです。
ビックリしました。

こんなシーズン終盤にそんな事言われても困りますよね〜
それにドライバーズポイントがそのままなのも中途半端な気がします…
Posted by yu-ko at 2007年09月14日 17:36
 ビートニクさん,こんばんは!
 直前情報では,今季と来季の選手権除外も報じられていましたから,この処分は軽い方だと考える向きもあるようですね。罰金1億ドルが賞金+分配金相当というのも頷けます。
 ドライバーズポイントはそのままのようですが,問題はドライバーのモチベーションですねぇ。何だかちょっとシラケモードです(−−;)ではでは!
Posted by KAZ at 2007年09月14日 23:36
やはり、噂どおり、アロンソとデ・ラ・ロサのeメールが新証拠だったようで。そこから、コフランから機密のフェラーリ情報を受け取り、それはステップニーからコフランへ渡ったものと知っていた、と判断されたようですね。その内容なんですが、重量配分、ウイング配置、タイヤの内部温度とブリスター抑制のために使用しているガス、ブレーキシステム、ピットストップ作戦などだそうですよ。
Posted by anno at 2007年09月15日 17:04
関係ない話なんですが、14日に「かぐや」打ち上げ成功したんですね。よかった。
Posted by anno at 2007年09月15日 17:42
maruさん、遅くなりました
どうやら、メールや電話でフェラーリに関する会話がドライバーとデザイナーの間で為されていたそうです。
従って、組織的に関与していたと…
FIAのは本文のリンクにありますが、詳しいのは生々しいそうです。
Posted by ビートニク at 2007年09月15日 19:37
yu-koさん、ご無沙汰
ホント、ビックリです
違法なマシンでのポイント獲得であれば、ドライバーのポイントも、と思いますが、その辺りの理屈が…

車検は通っているからマシンは違法ではなくて、デザイン過程に違反があるからチームだけが???
Posted by ビートニク at 2007年09月15日 19:40
KAZさん、こんばんは
このタイミングってのが…以前の「お咎め無し」“決定”も理解できませんでしたけどね。
Posted by ビートニク at 2007年09月15日 19:41
annoさん、こんばんは
何だか…設計の基本に関わる部分は変えようがないと思いますが、部分は変更可能でしょうね。
それにしても、新証拠の出所も気になりますね。噂にはロンが自分で、とも!


「かぐや」漸く打ち上がりましたね。面白い映像が見られるかな?
Posted by ビートニク at 2007年09月15日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1界を揺るがした「ステップニーゲート」事件 マクラーレンは「有罪」
Excerpt: 今シーズンのF1の話題になっていた2つの話題をご存じですか。 1つは、驚異の新人、ルイス・ハミルトンの快進撃。 もう一つは、マクラーレンにまつわるスパイ疑惑・「ステップニーゲート」事件です。 こ..
Weblog: この際、言いたい放題=別冊版
Tracked: 2007-09-14 13:59

マクラーレン コンストラクターズポイント剥奪!!
Excerpt: 例のスパイ疑惑ですが・・・ 判決がでました。 案の定・・・と言っていいのかどうかわかりませんが・・・ ポイント剥奪・・・そして制裁金120億円・・・ まあ一応マクラーレンは控訴..
Weblog: ありきたりの毎日の中で 
Tracked: 2007-09-14 17:11

マクラーレン・スパイ容疑の裁定下る!(追記あり)
Excerpt: まだ未確認な部分もありますが… 「黒」の裁定が…? そうなると、今年と来年のチャンピオンシップからの除外はおろか、アロンソとデ・ラ・ロサのライセンス剥奪の可能性も示唆されているようです..
Weblog: カンジのあなた!(H氏公認)
Tracked: 2007-09-14 19:49

マクラーレンがスパイ疑惑で厳しい罰則
Excerpt: 世界モータースポーツ評議会からマクラーレンのスパイ疑惑で 今季のコンストラクターズポイント剥奪と残りレースも失格で 罰金1億ドル(約115億円)の支払いを発表したけど凄いね ドライバーポイン..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2007-09-14 20:47

アルゼンチンに辛勝&マクラー剥奪
Excerpt: は戦で終了間際1点を取り1対0で勝点3を獲得も危ない試合で マクラーは情報不正でドライバー現状維持もコンストラクターズ剥奪で 来季の参戦は微妙な状況でハミルトンとライコネン移籍するのかな 8..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-09-14 21:39

”シロ”が”クロ”に変わるとき
Excerpt:  本当に信じられるものとは,一体この世の中に幾つあるのだろう。長い間”シロ”と思われていたものが,一瞬にして”クロ”に変わってしまうことも,またその逆が起こることも,F1の世界では日常茶飯事である。今..
Weblog: JUNO Formula Communications
Tracked: 2007-09-16 23:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと