2007年09月09日

F1イタリアGP 土曜日

フリー走行3:リザルトセクタータイムスピードトラップ
 予 選 :リザルトセクタータイムスピードトラップレポート

 
 フリー走行3でキミ・ライコネンが壮絶なクラッシュをしたのには少し心配したが、取り敢えず大丈夫だったようだ。
 地上波の予選でその時の映像を流したが、どうやらブレーキングでリアが少し不安定だった時に右後輪が縁石に引っ掛かってしまい、リアが左に流れてバランスを崩したように見えた。
(で、咄嗟にカウンターを当ててそのままコースアウトしたように見えた)
 右京が心配していたが、彼も色んなクラッシュを経験しているので辛さが判るのだろう。因みに、解説が右京で良かった。またもやマッチだったりしたら、と少し心配だったので。

 予選ではアロンソがポール!
計量時にドライバーが集まった場面でハミルトンの悔しそうな、少し落胆したような表情が印象的だった。アロンソの安堵と仕事を成し遂げたような表情が対照的。
ついでに、ハミルトンと冗談を交わしていたマッサの態度に悔しさが微塵も感じられないのが少し疑問。スポーツマンとして、闘いが終わった後は普通に接する、と言うのは良い事だけれど、決勝が終わってもいないのに見せる態度だろうか?

 個人的な予想では、フェラーリが有利と読んでいたのだが…キミのクラッシュを受けてチーム全体が少し方針を変えたのだろうか?
ガソリンがマクラーレンより多めなのは間違いないので、レース戦略で逆転を狙っているのだろう。
が、今シーズンはエンジンの回転数制限もあって、コース上での追い抜きは難しい。なので、スタートで築いた順位のままにゴールする事が多いのだ。ピット戦略は他のマシンとの兼ね合いで左右されるので、計算通りに運ばない事がままある。どうなるか、興味深い所だ。

 HONDAが良い順位に付けたのには軽い驚きを感じた。もしかして最高速が速くなった?と思ったが、データを見ると相変わらず遅いままだ。
 恐らく、マシン特性から効率の悪い最高速を諦めて安定性重視にセッティングを振ったのだろう。ここではダウンフォースを極限まで削るのが王道とされるが、逆手に出たのだ。
最高速トップのBMWザウバーと比べ、11キロも差があるので、それらには抜かれてしまう(周回遅れ?)かも知れないが、ロングランでも安定はしているようなので、中段グループの中では健闘するだろう。
 最高速で触れたが、BMWザウバーはやはり速い。意外なのはウィリアムズだ。彼らは今シーズン、レスダウンフォース気味のセッティングで挑む事が多かったように思うのだが、美味しい速度域に幅があるのだろうか?今回は寧ろ遅い最高速なのだ。それでも予選はシングルなので、HONDAと同じ傾向のセッティングだろうか?これもエンジンの回転数制限の影響かも知れない。

 我らが琢磨は今回も残念なQ1落ちとなってしまったが、前戦の不可解なダウンフォース不足ではなくて第2シケインでの「ショートカット防止用のバンプに乗って姿勢を乱し(F1キンダーガーテン)」たミスだそうだ。残念だが、原因がハッキリしているので変な心配がない。
 ついでに、使い回しのブレーキパッドを新品に交換した事でフィーリングが変わってしまい、それにも苦労したようだ。弱小チームならでは、辛い所だ。
 更に、左近のアタックを妨害した可能性があると言う事で、スチュワードに事情聴取されたようだが、琢磨、左近両者の意見の違いは立場の違いでごく自然な物だ。
 元々、Q1ではトラフィックの可能性が大きく、誰もがその条件の中で走っている。あからさまな妨害でない限り、仕方がないだろう。
 さて、その左近だが、フリー走行ではチームメイトのスーティルを凌いでいたが、最初のアタックラップでブレーキバランスをしくじってしまい、リアが流れてクラッシュしてしまった。
 ブレーキバランスはイニシャルセットがある物の、ドライバーが自らアジャストするべき物なので、左近のBスペックマシンに対する経験不足と言えるだろう。それにしても、少ない走行でスーティルに対して互角以上の走りを見せた事は評価して良いだろう。スーティルの評価は悪くないはずだから。

 今回の予選を見て感じたのは、スパイカーがパフォーマンスアップをした事で、下位チームの争いが激しさを増しそうだという事。満足にパーツも使えないSAF1は辛い所だが、琢磨には頑張って欲しい。ってか、F1でブレーキパッドの使い回しって、命に関わりそうな気がするのだが…
 それに加え、今シーズンから始まったエンジンの回転数制限はやはり面白くない。これがセッティングや攻め方の幅を狭くしているのは間違いない。
制限するなら回転数より燃費の方が面白いと思うのだが…


ラベル:イタリアGP F1
posted by ビートニク at 10:28| Comment(8) | TrackBack(3) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここの管理人さんはマッサ嫌いなの?
マッサとハミルトンは元々仲がいい
それこそ以前、マッサポール・ハミルトン2位の時もお互い称えあってた
当然予選後のインタビューではマッサは悔しそうな顔でしたよ
Posted by シューミー at 2007年09月09日 11:43
色々問題のある中でのPPゲットのAlonsoのことを 素直に喜んであげようと昨夜は
祝杯しちゃいました。
ハミルトンに対しては 言いたいこといっぱいあるけど…ね。
Posted by chichami。 at 2007年09月09日 13:10
板が荒れるといけないのでズ〜っと我慢していたのですが、そうですよね!同感です!マッチはできれば外れてほしいですね。後、塩原さんも!彼の実況はどうも…。(荒れそうだったら削除してください)
前スレに書くべきですが、鈴鹿決まって良かったですね。シューの置き土産とも言えるコースレコードが書き換えられるのか楽しみです。
Posted by tetra at 2007年09月09日 13:28
こんにちは。
いつも詳しいですね、勉強になります。

ところでブレーキパッド使い回してはじめて聞きました(^-^;

新品に交換したらフィーリングが変わるって・・・

F1のブレーキってそんなに持つの??
せいぜいもって1戦だと勝手に思ってました。
Posted by くおん at 2007年09月09日 20:27
シューミーさん、初めまして、ですよね?
ようこそ。

>予選後のインタビューではマッサは悔しそうな顔
 でしょう?だからこそ、国際映像のカメラの前では同じように振る舞うべきだったと書いているんですよ!
フェラーリの地元であり、ティフォシが見てますから。
 ハミルトンとマッサが仲が良いと言うより、“嫌いな奴のライバルは味方”という感覚に近いと思っています。
 まぁ、僕がマッサをどう評価しているのかは過去のエントリをご覧下さい。
Posted by ビートニク at 2007年09月10日 19:39
chichami。さん、こちらへも有り難う
アロンソは今回、集中力が凄かったですね。
ハミルトンより多くの燃料を積んでのポールでしたから。

僕には琢磨が一番ですが。
Posted by ビートニク at 2007年09月10日 19:42
tetraさん、こんばんは!
気にしないで何でも書いて下さいね!
噛みついたりはしません(^.^)

 アニメを初めとして、フジテレビは予算の使い方を間違っているように思います。
レースその物を魅せて欲しいです。

 何れ、とは思っていましたが鈴鹿が帰ってくれるのは嬉しい限りです!
Posted by ビートニク at 2007年09月10日 19:47
くおん さん、初めまして。
妄想が殆どですからあんまり当てにしないで下さいね(^^;
かつてミナルディが電気系統の配線や、ホイールを使い回しているとは聞いたんですが…トップチームはレースが終わる毎に全部バラして検査済みの新品パーツで組み立て…というのをルーチンワークとしているようです。
 ブレーキパッドもカーボンディスク程ではないにせよ使えば摩耗しますし、熱に依る特性の変化もあるはずです。
コメントにはばらして磨いて薬品処理をするらしいんですが、新品とフィーリングが違うのは困りますね。
何より、リスクが高くなるような気がします。
Posted by ビートニク at 2007年09月10日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1イタリアGP予選 琢磨、どうした?
Excerpt: さて、日本時間の昨夜行われました、F1イタリアGP予選ですが…。琢磨、復活の兆しが見えてきたかどうか?という結果となりました。もうちょいなのよね~。 予選結果をF1オフィシャルサイトより紹介します..
Weblog: この際、言いたい放題=別冊版
Tracked: 2007-09-09 17:53

F1 '07 イタリアGP 予選 〜一縷の望み〜
Excerpt: トルコGPでは前評判ほどの健闘も見る事ができなかったホンダ・・・。 先日のモンツァのテストではそこそこの速さを見せたものの、何か眉唾な雰囲気!? というのも、マシン自体のダウンフォースが不足し..
Weblog: poorbassistの日記的独り言
Tracked: 2007-09-09 20:43

モンツァGP
Excerpt: スポーツ  アロンソのドライビングはさすが  自動車レースのF1シリーズ第13戦、イタリア・グランプリ(GP)は9日、当地のモンツァ・サーキットで53周の..
Weblog: なんでも。
Tracked: 2007-09-10 18:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと