2007年09月08日

F1 イタリアGP 金曜

イタリアGP
フリー走行1:リザルトセクタータイムスピードトラップ
フリー走行2:リザルトセクタータイムスピードトラップレポート

 
初日なので、いつもの如くなので、詳しく見るつもりは無いのだが…
 フェラーリは今回強そうに見える。コーナーの少ないコースだから、回頭性能は重要ではないから。
フリー走行2は中段に終わったが、パフォーマンスランではなくて、タイヤのロングラン比較など、何かを試したんじゃないだろうか?
 マクラーレンは意外とフロントウイングが立ち気味。エンジン制限があるため、最高速を追求しても効果が少ない?
 注目のスパイカーのBスペックだが、確実に速くなっている模様。フロントウイングのデザインが直線的なのは予算・時間の影響だろうか?フラップはそれなりだ。
旧モデルは足回り・シャーシ性能が低かったので、ガチガチに固めた脚をダウンフォースで押さえつけていた。
ウイングの軽いこのコースはシケイン通過でかなり厳しい状態だったはずだ。
今後、SuperAguriF1Team、トロ・ロッソ、スパイカーの三つ巴となるのだろうか。

スピードトラップを見ると、ホンダ勢が下位を占めている。
今回に限った事ではなく、今やホンダ系の特徴だ。
これはエンジンが悪いのではなくて、偏に空力性能の悪さだと思う。
いくらウイングを軽くしても、基本的にドラッグが大きいのだ。

かつてのザウバーの事を思えば、HONDAの新型風洞が威力を発揮するのは恐らく再来年ぐらいからだろう。来年は基礎固めに終わると思う。


ラベル:F1 イタリアGP
posted by ビートニク at 10:37| Comment(7) | TrackBack(0) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スパイカーのBスペック、戦闘力がアップしているようですね。
左近には頑張ってほしいですが、あまり頑張りすぎるなよという思いもあり、複雑です(笑)。

やはりHonda勢はスピード出ませんねぇ(苦笑)。
それでこの位置は健闘していると言ってもよいかもしれません。
資金力の差でザウバーが2年かかったところを来年で威力を発揮していただきたいものです。ガンバレ!
Posted by ハルイチ at 2007年09月08日 12:46
2009年、鈴鹿でF1復活しますね。よかったですね。
Posted by anno at 2007年09月08日 18:16
フリー走行2では、後半になって思ったほどタイムが伸びていないように思います。路面状況が悪くなったのでしょうか?ロングラン?あまり参考にはならないかも。ライコネンには、ハイドロリック系のトラブルがあったようですね。そういえば、アンソニーがクラッチトラブルで、赤旗中断の原因をつくったのでした。SAF1にも、トラブル増えてきたのでしょうか?
Posted by anno at 2007年09月09日 06:37
ハルイチさん、こんにちは
HONDAは足回りには自信があるようですね。
ザウバーから戻ったエンジニアがいるので、風洞開発は早いかも知れませんね。
どうやら似たタイプの風洞で、微妙にザウバーの方が大きいようです。
Posted by ビートニク at 2007年09月09日 10:31
annoさん、こんにちは
鈴鹿が復活しますね!
ライコネンはハイドロ系でしたか。
後で予選エントリを直さないと…
SAF1は、部品の使い回しが凄いみたいですね。
Posted by ビートニク at 2007年09月09日 10:33
ライコネン、フリー2でハイドロトラブルにあっただけでなく、フリー3でもクラッシュに!ほんとついてませんね。あのクラッシュはマシントラブルのように見えたのですが、発表ではドライビングミスとか。
Posted by anno at 2007年09月09日 19:05
annoさん、こんばんは
キミの予選のクラッシュ、僕は後ろ右を縁石に引っかけて弾かれたのかと思いました。
バンプもあるそうですが、どうなんでしょうか…
Posted by ビートニク at 2007年09月10日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと