2007年08月30日

大山からす天狗まつり

8月26日、「大山からす天狗まつり」というのがあったので行ってきました。
この日も朝から暑くて高原なのに30度は超えていたと思います。
 
大山寺参道の入り口を歩いていると、太鼓の音が聞こえていました。
会場に着くと、「大山僧兵太鼓」は既に終わっていて、
金の狼をモチーフとした像と太鼓が在るだけでした
修検道の霊山であると共に、地蔵菩薩の謂われがあるようです。
で、地蔵菩薩の始まりが金狼に依る…と案内板に書いてありました。

日本八大天狗のひとつ 「大山伯耆坊」がこの山の主と考えられていたそうです。
カラス天狗は子分か?

からす天狗の傍にはマツムシソウが咲いていました

大山伯耆坊の格好をした人は縁日の飲食は全部タダ!!
抽選で大人5、子供3人が選出されたそうです。
殆どのオヤジ天狗は、地ビールばかり飲んでいたようで(^^;


伯耆坊のお面…からす天狗っぽいけど、祭りはからす天狗が主役だから良いのか

祭り会場の参道を少し外れると…現の証拠?
イヨフウロはもう少し標高の高い所に咲いていると思われ…


影日向に咲く

標高が高いからか、紫陽花が未だに咲いています
お地蔵さんの多さもここの特徴なのか?

木漏れ日が良さそうだったけれど…ピントが残念(>_<)

天狗食!の中で、食べたのが「からす天狗カレー」
古代米にきのこをメインにしたグリーンカレー。
…味はまぁまぁ。子供でも大丈夫な味でした。

お地蔵様…小さく解説があったけれど、忘れました


世界最高・最長(未確認)「大山そば流し」!!大山の名水を使っての蕎麦流しは流れも速くて豪快でした♪



満腹になった所で参道を散策…勾配がきついので、良い運動です
参道脇には色んな花が。これは何だろう?

現の証拠?に

クサボタン?

大川寺境内まで上がって、脇道を降りていくと
ツリフネソウ?

湧き水が勢いよく流れていて登山客の喉を潤しています。
冷たくて美味しい!
posted by ビートニク at 19:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カラス天狗っすか〜・・・こういうの鹿児島にはないなあ(^^;
結構賑わってますね〜

お地蔵さんの写真も味があっていいっすね〜

あ、それからこの「ソバ流し」ってなんか迫力ありますね〜勢いも凄そうだし・・・(^^;
しかし最後の人まで蕎麦たどりつくんですかねえ(笑)
Posted by えす1964 at 2007年08月30日 20:18
ビートニクさん、こんばんは!
私もえすさんと同じこと思いました。
最後のひとにまでお蕎麦は行き渡るの?笑
湧き水、美味しそうでし!!(^▽^)
Posted by guwa at 2007年08月31日 00:00
えす1964さん、おはようございます
この山は麓からお地蔵さんが多いんですよ。
蕎麦流しは先頭だけじゃなくて、途中からも追加されていましたから〜
Posted by ビートニク at 2007年08月31日 05:42
guwaさん、おはようございます
蕎麦は最後まで行った筈なんですが、水の勢いが強くて蕎麦が速いこと(^_^;
名水の大盤振る舞いでしたよ!
少し離れた所で飲料メーカーが取水していますから、知らない間に飲んでおられるかも知れません。
Posted by ビートニク at 2007年08月31日 05:50
大山伯耆坊は、現在は相模大山伯耆坊と呼ばれている天狗です。ちなみに、日本八大天狗とは、相模大山伯耆坊、飯綱三郎、鞍馬山僧正坊、愛宕山太郎坊、比良山次郎坊、大峰前鬼、白峰相模坊、彦山豊前坊です。この中の伯耆坊はもとは伯耆大山にいたが、崇徳上皇が亡くなった際に、上皇の霊を鎮めるため相模坊が白峰に移り、替わりに伯耆坊が相模大山の主となったと伝えられています。ここ二、三日は夜になると気温も下がり過ごしやすくなっていますね。これからは涼しくなっていくんでしょうね。もう九月になりましたしね。
Posted by anno at 2007年09月02日 02:15
annoさん、こちらへも有り難うございます
大山伯耆坊の異動先はネットで調べた時に知りました。
この数日は雨が続いて過ごしやすかったんですが、昨日は暑さが戻りました(>_<)
Posted by ビートニク at 2007年09月03日 05:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと