2007年06月19日

F1 今日の小ネタ

ラルフのマシンinUSGP
"no Aim"って…目標・志しが無いって…
ジョークなんだよねぇ(^^;
 
極秘テスト
HONDAは既報の通りヘレスでテストを行っている。(F1キンダーガーテン)
SuperAguriF1Teamとの2チーム合同テストだ。
大切なのは中身で、名称はどうでも良いのだが、テストされるのがRA107-Bスペックでは?と期待されている。
SA07にも開発パーツがテストされるらしい。
大いに期待したい所だ。

フェラーリも
マクラーレンに差を付けられているフェラーリ。
こちらもシルバーストーンテストで新しい空力パッケージを試すそうだ。(GPUpdate)
マクラーレンの1強では詰まらない。もう少し接近した争いが見たい。

USGPの表彰台で
マクラーレンの二人はコース上での争いを、表彰台へは持ち込まなかった。ロンデニスはそれを「スポーツマンらしい」と喜んでいるそうだが、てっきりチームから仲が良さそうに振る舞えと指示があったのかと…捻くれ過ぎでしょうか?

USGPと言えば
マシンの写真をピックアップしていなかったので、簡単に…
●SA07:リアウイングの翼単板の形が面白い。チキンウイングの形状がシンプルになっている。
●スパイカー:ディフューザーの形状がシンプル。後ろ姿も何となくぼてっとしている。
●フェラーリ:リアウイングの形状が面白い。多分、アングルが付いた時(つまりコーナリング)のダウンフォースを重視しているのだろう。
●HONDA:マシンを上から…マシンではなくて、広角での撮影が面白い。


posted by ビートニク at 20:00| Comment(10) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハミルトンを抜けなかった次の周のホームストレートでのアロンソのピット側への蛇行は、本人が言う「クリーンな空気を入れるため」というより右京さんの言うように抗議的に見えましたね。セナプロ時代にロンデニスは「平和な敗北より争いの勝利を」と言ってましたっけ。仲良くしろと言うより王者らしくしろとサジェストしたかもしれませんね。…KinderGertenで亜久里さんが「次のは速いよ」と言ってますが、これはホンダの事?SAF1もであるなら10グリッド降格は痛い!
Posted by tetra at 2007年06月19日 22:12
そういや小ネタとは関係ないですが、ハミルトンってカナダ優勝時に計量前にフェンス越えてスタッフのところに飛び込んでたけれどあれってペナルティ対象にはならなかったんでしょうかね?
最低車重の関係でゴールした後になにか追加/取り除き防止のためにマシン離れたあと即ドライバ計量の必要があったと思うんですが。
今のマクラーレンで下手な小細工する必要はないでしょうけど規定上はそうなってたような?
Posted by BOB at 2007年06月20日 03:44
tetraさん、どうもです
アロンソのあの走りは、アピール以外には見えませんでしたね。
トップチームにとって、オープニングラップで決まってしまうレースが続いていますね。

Super Aguri F1 Teamも、10グリッド降格をひっくり返すぐらいの凄い開発だと嬉しいんですけどね。
琢磨にはコース上で頑張って貰いましょう!
Posted by ビートニク at 2007年06月20日 06:13
BOBさん、おはようございます
確かに、計量前には怪しい行動は避けるべきですね。
問われなかったのは、あの状況では色んな人が見ているので何もしないだろうと、そう言うことなんでしょうね。
Posted by ビートニク at 2007年06月20日 06:23
ついにホンダ復活の第一歩ですね。いや復活するかどうかは分かりませんが、そうであって欲しい…(;^_^A

もちろんSAF1は常にその半歩前にいるのですが。(笑)

Posted by 考える葦 at 2007年06月20日 14:28
考える葦さん、こんばんは
HONDAには復活して欲しいです。
出来れば、優勝かリタイアか!って言うぐらいの。信頼性が悪くても光る所を魅せて欲しいです。
Posted by ビートニク at 2007年06月20日 20:17
ビートニクさん、こんにちは☆

ホンダなんですが、ルーベンス・バリチェロの公式サイトのコラムの中で、ヘレスでのテストで使うマシンについてコメントしています。

ポルトガル語→英語を自動翻訳すると、「That week has the tests with the new caranga in Jerez」(恐らくはrange)となり、どうやら車体の長さが今までより長くなるみたいで、これまでも噂にあったホイールベースの延長という事にも繋がってきそうです。
Posted by poorbassist at 2007年06月21日 11:55
poorbassistさん、こんばんは
情報を有り難うございます。
バリチェロがそんな事を…幾つかのメディアが触れてはいたけれど、より真実味がありますね。
恐らく、ギヤボックスケーシングまで見直した延長になるはずなので、僕は来年だろうと思っていたぐらいの大幅な改良だと思います。
Posted by ビートニク at 2007年06月21日 19:54
再度、お邪魔します。

私の訳に「(妄)」が入っていますので、信憑性は高くないと思います・・・。(汗)
後から調べてみたのですが、ポルトガル語の辞書でも英語の辞書でも、“caranga”という単語が見当たらなかったので・・・。(他の言語や俗語でクルマという意味かもしれないので、今後も調べてみます。)
早とちりで惑わせてしまい、申し訳ございません。

ただ、この表現からは、大きく変わるという事を示していると思うので、良い方に転ぶ様に期待したいところです!
お披露目はフランスGPになると思いますが、今回の私の書き込みが誤報にならない様に祈るのみです・・・。(汗)
Posted by poorbassist at 2007年06月21日 21:53
poorbassistさん、おはようございます
通常のアップデートであれば、シルバーストーンで合同テストをやっているはずです。
取り敢えず隠したい「何か」があるのは間違いないでしょう。
フランスが楽しみですね!
Posted by ビートニク at 2007年06月22日 06:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと