2007年06月14日

アメリカGP プレビュー

Indianapolis Motor Speedway:コース図タイムテーブル
 
インディアナポリスのオーバルコースを半分利用した特異なコース。
オーバルのアクセル踏みっぱなしの部分と、インフィールドの低速区間で構成される。
 主なパッシングポイントはオーバルの終わり、1コーナーとオーバルの13コーナー
特に1コーナーでは、2コーナーへ向けて幅が絞り込まれているので、スタートでのアクシデントも有り得るので要注意。そして、最高速はカナダ以上。
 コース上でのオーバーテイクを考えるのならば、最高速が重要となる。1コーナーであれば、コーナーの飛び込みまでに前のマシンのスリップが使える程度にスピードが出ないと話にならない。カナダと違うのはコース幅が広い事と、路面はパーマネントサーキットだと言う事。路面コンディションは基本的に悪くない筈なので、各チームは狙った通りのセットアップが可能だろう。

 カナダで素晴らしい走りを魅せてくれた琢磨だが、ここではどうだろうか?
 SA07の基本的な空力性能はトップレベルとは言い辛い。空力の効率の悪さから、ある程度ダウンフォースを積むコースの方が向いていると思う。カナダで使えなかったリアウイングがここで効果を発揮すると良いのだが…

 マクラーレンはここでもバランスの良い走りをすると思う。マシンの基本的な性格がインフィールドに強いと思われるので、後はダウンフォースのバランスを取るだけ。
 カナダでダメダメだったフェラーリは、厳しくなったリアウイング検査の影響を受けているとの噂もあり、それが本当ならここでも良くないかも知れない。対応するウイングが間に合えば…
 その他で注目しているのは、BMWザウバーの走りだ。最高速とインフィールドのバランスが良さそうに思う。そして、BMWザウバーに良く似たタイプのマシンがウィリアムズだ。
 HONDAのRA107はカナダGPのリザルト程には酷くない内容だと思うのだけれど、本当の事が判るのはここだろう。

 タイヤはカナダより1ランク固い物が投入される。つまり、ソフトタイヤがオプション扱い。
 ブリヂストンに拠れば、ここでのタイヤの負担は中程度
以前、ミシュランがレースをボイコットしたのが不思議に思えるが、それ程までに攻めたタイヤが要求されたシーズンだったのだろう。異常な競争が異常な状況を生み出した…
 ここでのオプションタイヤはカナダのプライムタイヤだ。それなりにロングランも可能かも知れない。
タイヤという観点から見てもカナダとは違う展開となりそうだ。
 因みに、今シーズンのブリヂストンは構造は同じでゴムだけで特性を変えている。


ラベル:F1 アメリカGP
posted by ビートニク at 12:00| Comment(6) | TrackBack(1) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミシュランのレース放棄の件についてはコンパウンドの問題ではなく、構造の問題だと思いますよ。ミシュランの構造がバンク走行にかかる力に耐えられなかった。恐らくこれは設計ミスで、設計時にパラメーターの設定をミスったのでしょうね。剛性の高いミシュランの性格上、限度を超えた力が加われば一気に崩壊していったのではないでしょうか。あの裂け方はひどかったですね。
Posted by anno at 2007年06月14日 20:10
annoさん、こんばんは
記憶では、現象としてスタンディングウェーブ現象とかが発生していたとか…
空気圧を少し上げれば何とかなるかも知れなかったらしいですが、それではグリップが得られないので競争力が…
結局、競争力を得ようとして全てを失ったのでしたね。
両者で構造とトレッドの考え方の違いが現れたシーズンでしたね。
Posted by ビートニク at 2007年06月14日 22:45
おはようございます、ビートニクさん。空気圧を上げるぐらいですんだのなら、ボイコットまではいかなかったと思うのですがね。とにかくミシュランにとっては失うものが大きかったGPでしたね。ラルフにとってもいい思い出のないGPですよね。そして琢磨にとってはあの表彰台のGP。色々とあったアメリカGPですが、このコースレイアウトでレースが行われるのはこれが最期なのでしょうか?モトGPができるようにコースを改修との話があったような。インディのF1はこれで最期になってしまうのでしょうかねえ。
Posted by anno at 2007年06月15日 05:44
オーバルコースはあまり好きでは無いのですが、琢磨には相性がいいコースなので、期待はしてしまいますね。おそらくSA07にも優しいと思われますし…。

RA107が、どのくらい競争力を見せるのかも注目ですが、一週間足らずではカナダと大して変わらないでしょうなぁ…。もちろんTF107も…。

となると、ここもマクラーレンの独壇場になりそうですねぇ…(;^_^A
オプションタイヤのハンデが小さくなる分、波乱も余り無いかも知れませんね。
Posted by 考える葦 at 2007年06月15日 06:43
annoさん、おはようございます
内圧を上げれば…と言うのは、ブリヂストンの一般論としてと言う前提の話です。あの時のミシュランに当てはまるかは内部の人間にしか判らないでしょうね。
 でも、競争力が得られなくて無様なレースをするのを拒んだのかも知れませんよ。

インディのコースは、インフィールドが今イチ好きになれないんです。
低速コーナーでも、もう少しリズムに乗れるとか、追い抜きが可能な部分が欲しいです。
Posted by ビートニク at 2007年06月15日 07:13
考える葦さん、おはようございます
琢磨には良くても、マシン的には…最高速がカナダ以上に大事なコースですからね。
例えば1コーナーのブレーキングで抜くには、オーバルで離されないか並ぶだけの速さが必要です。スリップに頼るしか…

フェラーリが復活しないと、マクラーレンの次はBMWザウバーかも知れません。
Posted by ビートニク at 2007年06月15日 07:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

SAF1アメリカGPプレビュー
Excerpt: スーパーアグリのアメリカGPチームプレビューが出ていました。 今回のプレビューは、アメリカに向けた話というよりは、アグリチームの資材輸送に関するお話しがメインでした。 やっぱりお金を節約す..
Weblog: ありきたりの毎日の中で 
Tracked: 2007-06-15 08:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと