2007年06月10日

カナダGP 土曜日(長文注意

カナダGP
フリー走行3:リザルトセクタータイムスピードトラップレポート
予選:リザルトセクタータイムスピードトラップレポート
 
●フリー走行3
 琢磨が殊勲の5番手!!
最高速を見ると、殆ど最下位に近いのが気になるが…レースでは路面が出来上がってくるので、アクシデントさえなければダウンフォースは少な目でもコントロールしやすくなって行くはず。レスダウンフォースでバランスが取れなかったのか?
元となったマシン特性を考えれば無理もない所だが、気になる所だ。
 直線のあるセクター3が遅くないのは、グリップがあるためにブレーキングでの飛び込みと、コーナーの脱出速度が良いのだろう。レースでの追い抜きを考えるとトップスピードが速い方が良いのだが…
 他に目立ったのは、マーク・ウェバーとニコ・ロズベルグだ。
共に最高速が速い。
 最高速を重視するのはこのサーキットの定石とも言えるセットアップだが、特にマーク・ウェバーはセクター2が遅い。チームのコメントを確認していないのだけれど、予選からレース本番へ向けて、路面が出来てくると見越して最高速重視に振った結果だと思う。ニコ・ロズベルグは何となく速い。最高速が速いのは、今シーズンのウィリアムズの特長だけれど、モナコでも意外と良い所に付けたので、ドライビングセンスも悪くはないと思う。昨年はミスが目立っていたし、今年はハミルトンと比べて地味な存在だがそんなに悪くはない。
…ハミルトンにクビサ、ニコにコヴァライネンと、ほぼ同時にF1に上がってきたドライバー達。粒ぞろいの年と言えるのかも知れない。

●予選

ハミルトン初のポール!!
予選を見ていて、ハミルトンの走りがモナコから変化しているように見えた。開幕から暫くはとにかく綺麗な走りと言う印象だったけれど、モナコから(ポイントランキングでトップに立ってから)はそれなりに攻撃的な走りへ変わっているようだ。シケインの立ち上がりでの走りは、度胸に溢れていた。必要に応じて変幻自在な走り…新人とは思えないこんな走りをされると、アロンソは内心穏やかでは済まないだろう。
 こういった走りが出来るのも、スペインから(つまり、予選が見られるようになってから(^^;)感じたMP4-22の基本特性…フロントの動きが良い…が活きているのだと思う。
 レースでのロングランはフェラーリが良いと思うけれどスタートから引き離すような展開がマクラーレンの戦略だろう。スーパーソフトでのスティントはリアタイヤに厳しそうなので、短めに切るのだろうか?
 対するフェラーリはスタートでマクラーレンに引き離されないことが大切だけれど、ニック・ハイドフェルドが間に入ってしまったのは痛い。Q3に進出した以上、搭載燃料は決まっているはずで、どう遣り繰りするのだろうか?
キミのスタートからの走りに注目だが、マシンその物が決まっていない時のマッサには期待できない。
フリー走行からマクラーレンが速かったので、フロントローを諦めて燃料を多めに積んでQ3を走った可能性も否定できない。
 さて、マクラーレンから見れば有り難い、フェラーリには憎まれそうなニック・ハイドフェルドだが、最高速でトップ。このコースでの王道のセットアップだが、ダウンフォースは厳しそう。
予選での度重なるシケインカットは最高速重視のセッティング故にブレーキングポイントを探っていたのだろう。琢磨も同じようなシーンが見受けられた。普通のサーキットであればフリー走行で確認済みの筈だけれど、"グリーン"な状態から刻々と変化するコースなので、ギリギリまで試す姿勢は悪くないと思う。やり過ぎてペナルティを受けたようだが…
 フリー走行で注目したニコ・ロズベルグ。上位陣はチーム毎にまとまったタイムが出ているのに彼はチームメイトと差を付けている。最高速は同じだけれど、セクター1と2で大きな差を付けている。シケインの処理が上手いのだろう。フリー走行から気持最高速が落ちているので、心持ちダウンフォースを積んだのかも知れない。画像を見ていないが、レース中に調整可能なようにガーニーフラップでも付けたのかも知れない。チームメイトのヴルツは少し情けない状態だ。デビュー当時は才能がありそうな気がしていたのだけれど、このままでは「中島走らせたい」とウィリアムズが語ったのも頷けるような気がする。
 相次ぐ改良で注目のHONDAのRA107だが、これまではダウンフォースを多めに積んで誤魔化していたが、それが出来ないここでの結果はまぁまぁと見て良いのかも知れない。当初の最悪は脱している。最高速でホンダエンジンが似たような所に付けているのが特徴的だ。マシンが似ていると言えばそれまでなのだが…ダウンフォースと空気抵抗のバランスに於いてトップチームとは差があるのだろう。
 我らがSuperAguriF1Teamの琢磨だが、予選の放送で余り走りが見られなかったのが残念。シケインで"練習"していたのが印象的だが、チームメイトのアンソニーと比べてダウンフォースは少な目だと思われ、それがそのままセクタータイムに表れている。シケインの多いセクター1はアンソニーの方が速く、ストレートのセクター3は琢磨が速い。アンソニーはレスダウンフォースでのバランスに苦しんだのだろう。と言うか、ブレーキコントロールに優れる琢磨の頑張りがマシンの欠点を幾らか穴埋めしたと見るべきだろう。
雨でも降ればアンソニーの方が有利になるかも知れないが、ここはダウンフォースを削るのが正解だと思う。
 マーク・ウェバーもフリー走行で注目した一人だが、彼は以前から予選が速い。多分、少々思い切りが良いのだろう。だからレースでトラブルが多いのかもしれない。
 ここまで触れることがなかったが、フィジケラも頑張っている。彼は戦力の劣るマシンに乗っていた時でもカナダGPではリザルトを残すことが多い。空力に頼らないドライビングに優れているのかも知れない。そう言う意味で古いタイプのドライバーと言えるのかも知れない。そう言えば学校を設立したそうだが、まだF1で頑張って欲しい。
 北米2連戦の結果次第では、と噂されるラルフ・シューマッハだが、ここでも振るわない結果となった。集中できない精神状態へ追い込まれているのだろうか?F1デビュー前から応援していないドライバーの一人だったのでどうでも良いのだけれど…途中交代ならば、モンタニーが勤めるのが順当だろう。


 ここは高速だけれど、コース幅が狭くランオフエリアも殆ど無い、更には"グリーン"な路面のためにレコードラインを外すとお終い。従って、数多くの追い抜きが見られるわけではない。
が、スーパーソフトタイヤの使い方、戦略次第でポジションを上げられる可能性はある。コンクリートバリアギリギリの走りと共に、各チームの戦略も重要だ。

※ルノーのコヴァライネンはエンジン交換により10グリッド降格。従って、スターティンググリッドの後ろは予選とは異なる。


posted by ビートニク at 17:38| Comment(6) | TrackBack(7) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆かなぁ〜??

予選の結果は 観なくてもなんとなく予想できました。モナコからハミルトンの走りにすごい勢いを感じていたから…ね。
アロンソは これでいいんですよん。チームメイトから刺激を受けてテッペン目指す人だと思います。強い方だから…。
だけど…chichami的には今年は キミ様に期待していたから もう少し頑張ってほしいです。どうなるぅ?フェラーリ?

琢磨さんはすっご〜く頑張っていて決勝が楽しみですよん♪応援しちゃいます。
Posted by chichami。 at 2007年06月10日 19:00
今回のカナダは見所満載かもしれないですよね。
もっとも起きていられれば?の話ですが…
なんとか琢磨も良い結果に結びついてくれるといいですよね!

ま〜恐るべきはハミハミですな〜。(爆)
Posted by カンジ at 2007年06月10日 19:45
トップの争い、いつもあんまり気にもしてなかったのですが、
今回は別ですね。
私はアロンソにぶっちぎりで勝って欲しいのですが。
キミも気になるし、ラルフもしかり‥。
といいながら、琢磨のクールファイトが見られれば、
それでカナダは良し!!なんですけどね。
Posted by beach at 2007年06月10日 21:03
カンジさん、こんばんは
満載でしたね!
寝ないでちゃんと見ましたか!?
Posted by ビートニク at 2007年06月11日 19:52
chichami。さん、こんばんは
ハミルトンって新人っぽく無くて。もう少し走りに若さがあった方が…上手いって事にイチャモンを付けても駄目ですが。
琢磨は調子が良いですね!
Posted by ビートニク at 2007年06月11日 19:53
beachさん、こんばんは
アロンソは自滅しましたね。
去年は不貞不貞しささえ感じたのに。
琢磨は!でしたね。
Posted by ビートニク at 2007年06月11日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【RACE】 カナダGP予選 ハミルトンがポールポジションを獲得!
Excerpt: 2007年F1世界選手権第6戦、カナダGPはいよいよ公式予選 Q3を迎えた。 Q3開始直前のコンディションは、気温25℃、路面温度50℃、 湿度47%、コンディションはドライとなっている。 ..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-06-10 18:07

【RACE】 土曜フリー走行:ハミルトンがトップタイム、佐藤が5番手!
Excerpt: 2007年F1世界選手権はいよいよ北米ラウンドに突入した。 第6戦、カナダGPは土曜のフリー走行のときを迎えた。 セッション開始直前のコンディションは、気温24℃、 路面温度43℃、湿度55%、..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-06-10 18:08

カナダGP予選!!
Excerpt: カナダGP予選! 外はものすごい雷雨で大嵐です。(あんまり関係ないですが・・・) 録画していた予選を今見終わりました。 琢磨、午前中のフリーは1:16.864で、5番手タイムだったんですね!..
Weblog: きまぐれ日記
Tracked: 2007-06-10 18:09

カナダGP公式予選(6月9日)
Excerpt: お久しぶりりんこ!のF1エントリー!(爆) さ〜て、さてさて琢磨はどうかな? あっ!でも決勝のエントリーはあがるかな?(爆) 無理しないで決勝はパスすれば?と思ったら..
Weblog: カンジのあなた!(H氏公認)
Tracked: 2007-06-10 18:51

F1カナダGP予選 琢磨、惜しかった!
Excerpt: F1カナダGP予選が行われました。琢磨は予選直前のフリー走行3で5番手のタイムをマーク。金曜日のインタビューで「土曜日に乗せるエンジンは『塩コショウが効いたものになるから期待してて』とホンダのエンジニ..
Weblog: この際、言いたい放題=別冊版
Tracked: 2007-06-10 20:34

2007 Rd.6 カナダGP 予選ライブコメント!※ネタバレあり
Excerpt: 土曜日フリー走行、5番手! いや、正直、驚きました。「佐藤琢磨、5番手です!」って聞こえてきた時には「何言ってんだ、この人は」なんて思ったり(笑)で、LTを確認してみたら、ハミルトン、ライコネン、ア..
Weblog: 佐藤琢磨応援日記
Tracked: 2007-06-10 22:19

F1(2008) 佐藤琢磨 カナダGP 公式予選
Excerpt: 佐藤琢磨、11番グリッドより2度目の入賞を狙う! 昨晩モントリオールに降った雨のため、今朝も路面コンディションは難しいものとなったが、スーパーアグリF1チームの佐藤琢磨とアンソニー・デイ..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2007-06-10 22:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと