2007年05月17日

ポールリカールテスト 2日目 (追記アリ

合同テスト2日目:リザルト
SAF1は琢磨が登場。
テストなのでタイムは問題ではないけれど、昨日はほぼ同じだったトロ・ロッソを引き離して、好調そうだ。
 
F1キンダーガーテンに、気になる記事が…
HONDAの改良版はショートホイールベースだと言うのだ!
アクスルの退後角を現在の13°から、昨年まで使用していたマシン同様の9°に戻したものといわれ、前後バランスを適正化し、ブレーキ時のスタビリティを向上させようとしている。(F1キンダーガーテン)
ダウンフォース優先の余り、リアサスペンションのジオメトリに無理があったのだろうか…
同じくF1キンダーガーテンでの昨年からの記事を振り返っても、とにかくダウンフォースが重視されているのが垣間見える。
例えば、ホイールベースが長くなってイナーシャが問題なら、テメエラで何とかしろと…そんな感じだった。
もしかしたら、ロシターをSAF1に送り込んだのは、Bタイプ投入で起きる変化をSAF1と比べようとしているのではないか?
シーズン中のテスト制限のために、仕様の異なるマシンを同時に走らせると今後の開発・テストで大きな制限が加わるはず。
SAF1にとってもデータの蓄積にはなるし、開発も進むので損はない。

山P−さんのコメントが気になって、写真を調べていたら
テスト2日目の
RA107…ハッキリ映ってはいないけれど、サイドポンツーンのエアインテークの形が違うような…スキャロップ形状にしてきた?
これこれ2を見るともっと判りやすいかも

フェラーリも何となくサイドポンツーンが…インテークの下が張りぼてっぽい。
今は元気が無くて前のと比べていないけど、変わっている雰囲気だ。

●序でに琢磨+SA073日目は再びロシターがドライブするそうだ。


posted by ビートニク at 12:16| Comment(8) | TrackBack(1) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは ご無沙汰です
あー やっぱRサス関係変えてきましたか
どうなんだ とは?なんですが 前に他で少し書いたのですが 緒戦で107のRサスの動きに違和感がありました(後ろ向き車載映像) なにしろ なんとか良いほうへ行ってほしいです
あと ひょっとして107 今TESTからポッド下部すこし抉れた?

Posted by 山P− at 2007年05月17日 19:23
山P−さん、こんばんは&ご無沙汰でした
まだ登場していないらしいですが、変えるそうですよ!
リアサスの車載映像があるんですか!スカパー!でしょうか?開幕は特に酷かったそうですからね。
頑張りすぎてしまった?それもHONDAらしいかも知れませんが。

細切れにしかチェックできなくて、細かい所がどう変わったのか把握できていないんですよ(T_T)
Posted by ビートニク at 2007年05月17日 20:43
ハイ スカパーです J・Bのドライブだったかと思います 右Rのタイヤ〜サスアームが映っていたはずです 残念ながら上書き録画で(私の部屋は未だにビデオで・・・)今は見られないのですが
107はそう見えますよね(1日目クリエン車は違うか) RA107 と これ の画像がそのように たぶん・・・ でもEgインテークは前回のTESTのとは違い 従来の(スペインGPもですが)5角のままですね
Posted by 山P− at 2007年05月17日 22:47
ホンダのRA107のBスペックがショートホイールベースになると言うのは、つまりRA106ベースで作り直しという事になるのでしょうかね?

でも、RA106もホンダが求める程の速さは持っていませんでしたから、それではSA07に勝つのがやっとの様な気がしないでもないですね…(;^_^A


まぁ本家が分家に助力を求めるのは、悪いことではないので、ロシターにもしっかり働いてもらいましょう。(笑)

Posted by 考える葦 at 2007年05月17日 22:55
ビートニクさん こんばんは

RA107ですが...

サスアーム&アクスルの後退角を減らす...つまり相対的に後輪の位置を前進させることで、ショートホイールベース化を図る訳ですから、そこまでしても重量配分を後ろ寄りにしたかったのでしょうね。

他にも...

ミラー下にあったスポイラーが、ウイングレットに変わってますし、チムニーが前後方向に延長され、マクラーレンみたくチキンウイングと一体化されてるようです。
サイドポンツーン後半も、従前の上下(天地?)方向の落とし込みではなく、左右方向の絞り込みが増えてきた風にも見えますが、件のカラーリングのせいでよくわかりませんね。
Posted by kangaroo at 2007年05月18日 00:08
山P−さん、こんばんは
スカパー!ですか…良いですねぇ。
インダクションポッドの形状は伝統形状ですね。テスト項目の一つに過ぎなかった…
サイドポンツーンは大幅に変わりましたね。
内部も大幅に変わっていることでしょう。
Posted by ビートニク at 2007年05月18日 20:47
考える葦さん、こんばんは
確か、RA106の改良では、努力の割に伸び代が少ないと言うことで、大幅モデルチェンジを図ったと思います。
そこそこでは満足しない、そんな所にホンダイズムを感じているのですけどね。
Posted by ビートニク at 2007年05月18日 20:50
kangarooさん、こんばんは
重量配分だけならバラストの調整でもあり得ると思うんです。
今夜、妄想エントリを上げました(^^;)
色々と変わっているようですね。
狐耳(クリオネフィンの方が好きでした)も無くなって…個性が少なくなりつつありますね。
御指摘の通り、サイドポンツーンはしっかりと抉れているようですね。
ラジエータ・エキゾーストなども大幅に変わっているはずですね。
Posted by ビートニク at 2007年05月18日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【TEST】 ポールリカールテスト2日目 再びハミルトンがトップ
Excerpt: 2日目を迎えたポールリカールテストは、ルイス・ハミルトンが 再びタイムシートのトップに位置することになった。 チームはこの日もモナコ仕様のクルマで走行し、ハミルトンが 2日連続でトップに留まれば..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-05-19 00:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと