2007年04月25日

F1 今日の小ネタ

苦悩するHONDA
バリチェロは、風洞の結果が実際と違うことに不満を持っているようだ。
「風洞では大幅な改善を示したはずのマシンが、コースではその改善を確認できないんだ」(F1-LIVE.com

どうやら心配していた状況のようだ。
マレーシアGP以降だったか、リアウイングに追加エレメントを配して、パラシュートを背負ったようだとバリチェロは語っていた。空力で押さえつければコーナー侵入での不安定さは減るだろうから、開幕戦より改善されたと言えるかも知れないけれど、根本的な問題はそのままなのが現状。当面は古い風洞と新しい風洞の併用で誤差を埋める作業を進めるしかないだろう。
 今の問題とは別のことだが、新型風洞は本当に実物大のテストに適した規模なのだろうか?(例えば、F1キンダーガーテン等では100%風洞と表現されていた)
ムービングベルトのサイズはBMWザウバーのよりも小さいと何処かで読んだ気がする…

トヨタのスパイ疑惑
で有罪判決が出たそうだ。
マウロ・イアッコーニとアンジェロ・サンティーニの2人は2002年にトヨタに移籍する前、所属していたフェラーリから設計情報を盗んだとして、モデナ裁判所で有罪判決が下された(F1-LIVE.com
マシンの類似性という点からすれば、これもカスタマーシャーシ問題の延長戦で捉えることが可能かも知れない。提供する側が合意しているか否かで質が違うのだけれど。
記憶では確か、起訴されて直ぐに当事者と責任者を組織から排除したと思うけれど、オベ・アンダーソンは未だにチームと関わりは持っているはず。裁判は上告されるそうなので有罪が確定したわけではないのだが、トヨタはこの件にどう反応するのだろうか?


posted by ビートニク at 12:40| Comment(12) | TrackBack(1) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホンダの苦悩は続きますね…。風洞のデータを実際の数値に置き換える作業が失敗だったのでしょうが、それはホンダに限らずどこのチームもやってる事ですからね…。CFDだとそんな事も無いのかな…。

トヨタは…付ける薬は無いでしょうな…(;^_^A
所有権の無断流用は共有では無いから、レギュレーションや規約に違反して無いとでも思ったのかな?(爆)

Posted by 考える葦 at 2007年04月25日 14:55
こんにちは!
本家の風洞、ファクターの規模の制約なのか、風を起こす設備も他のチームの物より小さいと出ていました。(確か、レーシングオンで)
最近の問題と合わせて考えると、風洞の設計ミスがあったのかな?なんて(妄)しています。
フルスケール使えない、フルスケール風洞(笑)?
Posted by 木公田土@携帯 at 2007年04月25日 15:04
ホンダはなかなかうまく事が運んでないようですよね〜
改善することができるのか・・・

トヨタは・・・もうどうでもいいっすね。まあ表だってはトヨタには実害はいかないでしょうし・・・

結局、うやむやのうちに終わりってところでしょうね。
Posted by えす1964 at 2007年04月25日 18:14
今年ニューウェイが苦労しているのも風洞の誤差修正に苦労しているから・・・という記事を読んだ記憶があります。風洞の重要性が増せば増す程、フィードバックの正確さが求められるんでしょうね。それなりの性能を発揮するまでには時間と金が掛かるんでしょうね。
Posted by tommy at 2007年04月25日 20:34
考える葦さん、こんばんは
実際、誤差の修正の方が重要だと思います。
使いながらでないと実測データが採れないし、難しいところですね。CFDは補助的な利用に留まっているのが現状のようです。

トヨタはこの件があるから、カスタマーシャーシ問題で亜久里チームを批判したのかも…相対的に自分たちのことを小さく感じさせる…
Posted by ビートニク at 2007年04月25日 20:49
木公田土@携帯さん、こんばんは
風洞って、箱の大きさだけじゃ駄目なんですよね。色んな要素が絡んでいますよね。
100%と言うのも、特定の条件で可能とか…そんなことかも知れませんね。
Posted by ビートニク at 2007年04月25日 20:52
えす1964さん、こんばんは
今は苦労していますけど、乗り越えることで大きな財産となるのなら、それでも良いと思います。見ていて厳しいですけどね。

トヨタは…忍法「目眩ましの術」かも(^_^;
Posted by ビートニク at 2007年04月25日 20:55
tommyさん、こんばんは
でしょうね!
使いながら誤差を修正して、精度を高めて行くんでしょう。
BMWザウバーも、風洞が力を発揮し始めたのはホンの3年ぐらい前からでしょう?
Posted by ビートニク at 2007年04月25日 20:58
こんばんは H寄りで4シーズン目(でしたか?)に大きな風洞は持てたが 旧使用の風洞でも良い結果は見出せなかったようですし・・・
考え自体がその継続であれば・・・ んー・・・
こういうあたりの2TEAM間のすり合わせはないんでしょうか? いっしょくたになってるのかシャシと違って別なのか? SA側なら・・・と思っちゃいますが 
データを利用するか データに頼るか 
理屈が解ってなければ頼る いや 縋るしかない・・・か
でも もうそろそろ弾けないとね 
Posted by 山P− at 2007年04月25日 21:53
山P−さん、こんばんは
HONDAはSAF1とはライバルだと言っていますから、栃研かHRDのチャンネルしかないでしょうね。
去年も開幕後の不振でチームが揺れて…内部にしっかりとした基準がないから右往左往するんでしょう。
調子の良かった年でさえ、何で調子が良いのか判っていなかったんだと思います。
言い過ぎかも知れませんけど。
Posted by ビートニク at 2007年04月25日 23:00
元フェラーリのスタッフが、フェラーリからソフトウェアを盗み出し、トヨタが2003年と2004年に空力のテストをするためにこれを使用した、とされる事件に関してですよね。この盗み出したとされるのがマウロ・イアッコーニ、アンジェロ・サンティーニ、アントニオ・テントーリオの三人。そしてこれを使用したとして告発されたのが、オベ・アンダーソン、グスタフ・ブルナー、ルネ・ヒルホーストの三人でありました。しかしですよ、空力のヒルホーストが使用したと疑われるのはわかるけど、ブルナーはてはアンダーソンまでが、盗用されたデータを使用するものなのだろうか?そこに引っ掛かってたんですよね。この二人がやったとすれば、盗んできたデータを使用するよう部下に指示したとか、スタッフをヘッドハンティングする時に元いたチームから極秘データを持ち出すよう指示したとかそのようなことであると思われます。そうなると完全に組織ぐるみということになる。しかし今回のはそのような嫌疑ではないですよね。今回盗んだ実行犯として有罪とされた三人はともかく、使用したとされる三人については当局はいったいどこまで証拠をつかんでいるのでしょうか?
Posted by anno at 2007年04月28日 02:51
annoさん、おはようございます
>組織ぐるみ
当局の疑いは、そこにあると思うんです。
なので、トヨタは開発現場は知らないだろうオベ・アンダーソンまでも責任のない立場に、と言う反応をしたんだと思います。
…状況証拠で、想像に過ぎませんけど。当局は何処まで把握しているんでしょうね。
Posted by ビートニク at 2007年04月28日 05:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【NEWS】 「トヨタ・スパイ事件」、元従業員に有罪判決
Excerpt: 2003年に表面化した元フェラーリ従業員によるトヨタ・チームへの マシン設計図等持ち出し事件で、このほどイタリアの裁判所から 有罪判決が下されたことがわかった。 FMotorsports F..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-04-26 21:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと