2007年04月20日

訴訟合戦?

バーレーンでも解決に至らなかったカスタマーシャーシ問題(F1通信カスタマー・マシン論争、スペインGP前に解決か)だが、今度はレッドブルが訴訟に出て反撃を始めたようだ。
記事:autosport.comF1-LIVE.com
 
タイミングを逃してしまいました。
このエントリはメモ用のエントリです。
コンコルド協定違反の仲裁裁判に対抗する手段として、レッドブルは犯罪として…確かに、図面と言う内部文書が漏洩したのは大きな問題だ。今回のカスタマーシャーシ問題に関わらず対応策を講じる必要はあるだろう。気になるのは、それを許してしまうチーム内のモチベーションかも知れない。
「チームのために」と言う意識を持ち難い雰囲気があるのなら、それこそ何とかしなければ。

いつもの如く、infoseek翻訳を修正
Red Bull seek legal action on design leak
赤いブルが、デザインリークで法的措置を求めます
By Jonathan Noble Monday, April 16th 2007, 16:47 GMT

Red Bull Racingは、彼らの漏洩されたデザイン文書(それはマレーシアに顧客車にスパイカーの抗議のセンターにありました)に関して、法的措置を求めています autosport.comは学びました。

チームは、スパイカーがどのようにミルトンケインズ工場から秘密の青写真をつかんだかについて知るために、先週、調査を開始しました。

その後、Red Bullは現在、彼らが漏洩の根源を確認して、罪人に対して法的措置を議論するために今週彼らの弁護団に会う予定になっていると思っています。

Red Bullがスパイカーに対して漏るものと同様に法的措置を考慮しているかどうかは、不明です;そして、Red Bullが警察とともに正式な不満を提出することを望むかどうかに関係なく、あるいは、民事法廷で訴訟を起こしてください。

青写真文書(図面)はスパイカーチームによってマレーシアのグランプリスチュワードに提出されました。そして、その人はデザインがRed Bull RacingとScuderia Toro Rossoのためにラベルをつけられたので、それが1人の建造者が2つのチームのために部品を設計していたということを証明すると主張しました。

スパイカーは彼らがどのようにこれらの機密文書をつかんだかについて、明らかにしません、しかし、情報源は話しました 青写真が匿名でシルバーストーンに拠点を置く団体にメールされたSepangのautosport.com。

Red Bull Racingボスクリスチャンホーナーは、彼のチームの法律計画についてコメントしません。しかし、彼は彼らが軽く問題を扱っていないと強調しました。

「我々は、それをまだ調べています、なぜ、どこで、そして、なんて、スパイカーが彼らが明らかにRed Bull Technologyの知的所有権であるとき、これらの図面をつかむことができたか判るまで」と、autosport.comにホーナーが言いました .

「我々は、それを調べています。我々は、それを最大のゆゆしさで扱っています。」


posted by ビートニク at 01:00| Comment(9) | TrackBack(1) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
嫌な問題が続きますね〜
でもこのレッドブルの起訴で、例の図面が使えなくなるとスパイカーと立場が逆転?しそうですな〜(笑!)
いずれにしろ、廻りもみな、こんな解決策は望んでいない訳なんで・・・早くSAF1共々スッキリしたいですね!
Posted by デヴィッド at 2007年04月20日 08:48
デヴィッドさん、こんばんは
レッドブルも痛いんですよね。図面が本物であると自ら証明することになるわけで(^_^;
同じシャーシだと認めることにも繋がるんで、偽物の図面だと言うことでうやむやにすることも出来るんですよね。
Posted by ビートニク at 2007年04月20日 20:21
今日はインディジャパンのはずですが、こちらでは放送がないようです。関東だけ?
Posted by anno at 2007年04月21日 05:56
annoさん、おはようございます
放送…ありませんね(T.T)
NHK-BSでやっていた頃が懐かしいです。
僕は今日、京都へ出かけるのでどのみち見ることが出来ません。
Posted by ビートニク at 2007年04月21日 06:09
あっ、今日は京都オフ会でしたね。
Posted by anno at 2007年04月21日 20:17
オフ会お疲れ様です!

この訴訟合戦は、先の見えないトンネルですね…(;^_^A

レッドブルの反応は少し意外でしたが、刑事告訴をしてしまうともう後戻りは出来なくなってしまいますね…。幸いSAF1は蚊帳の外ですが、調停の方ではこのレッドブルの行動が有利に働く事を期待するしかないですね。

いや、そもそもレッドブルとSAF1は、微妙に立場が違うのですがね…(;^_^A
Posted by 考える葦 at 2007年04月21日 21:19
オフ会お疲れ様でした。高速バスか何かで行かれたのですか?
Posted by anno at 2007年04月23日 04:46
annoさん、こんばんは&遅くなりました
京都オフでした!
高速バスを利用したんですよ。
Posted by ビートニク at 2007年04月23日 22:51
考える葦さん、こんばんは&遅くなりました
今回の騒動は、落とし処を探る作業がポイントでしょうね。
どちらも、今のタイミングではF1から撤退する気はないでしょうからね。

葦さんとも何時かお会いできると良いですね(^。^)
Posted by ビートニク at 2007年04月23日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

我々の妄想は正解でした!
Excerpt:   ホンダ内部の政治闘争 Internal political battle at Honda ホンダレーシングチームは、2007年F1シーズンに大きな望みをかけていたが、レース..
Weblog:   SUPER君が代が聴きたい!
Tracked: 2007-04-20 10:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと