2007年04月12日

バーレーンGP プレビュー

長いインターバルの次は連続開催だ。
バーレーンGP:コース図コース解説
 
※このサーキットもティルケ。
パッシングポイントは1・10コーナーらしい。
通常はメインストレートからの1コーナーのブレーキング勝負だろう。なので、ここでも最高速とブレーキング時のバランスが大切だ。
ここの特徴は、風が吹くとコース上に砂が広がるところだろうか?
通常は走り込めばラバーによってグリップが向上するが、雨が降らずとも風次第で状況が大きく変わる。
エンジン全開率と減速Gは、マレーシアより若干高いそうだ。
マレーシアと比べれば乾燥しているけれど気温は高いので、やはりクーリングも重要だろう。

※マレーシアGPの一コマで、面白いのを見つけたので…どうぞ
もう一つ…これって何でしょう?クーリングのための切り込みだという説がありますが…
バーレーンGPでも登場する?


posted by ビートニク at 12:00| Comment(20) | TrackBack(0) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェラーリの写真、フィンではないでしょうか?
なんとなく感じたのは、フロントサス後方の乱流をフロア下に流して、綺麗な流れをサイドポッド内に流してあげようとする思想かと。
クーリング対策は変わらないかと思いますが。
バーレーンでも熱そうなので使うと思います。
Posted by 木公田土@仕事場 at 2007年04月12日 12:38
今回は琢磨はどうでしょうか?
せめて、マシン以外の懸念事項(ピットとの連携や戦略)は解消して望んでほしいですよね。
方や、ご本家には今回もきつそうですよね!
Posted by カンジ at 2007年04月12日 17:36
丁度ノーズの真上にサマンサのロゴがありますね〜(^^;

トラブルフリーだと琢磨はまだ上に行ける筈ですよね。

フレッシュエンジンでばっちり決めて欲しいですね〜
Posted by えす1964 at 2007年04月12日 17:52
このフェラーリのフィンはですね、アンダーボディに圧力を掛けてストレート・スピードを上げる目的のものですね。

え?違う?えらい、すんません(笑)

PS:スーアグのロリポップのミラーは何のため?身づくろいのためっすか?
Posted by tommy at 2007年04月12日 19:47
このFの妙なフィン  枕のモノコック側面(Sポッドインテーク前)形状の役目・・・かも ね
そうだったら 冷却の関連か? 枕はFサスよりもっと上のエアを取り込もうとしてる(ノーズ上面から側面にこぼれる辺り)と想像してましたが 位置的にちょっと・・・?
Posted by 山P− at 2007年04月12日 20:07
木公田土@仕事場さん、こんばんは
>フィンでは
僕も最初はそう思ったんですが、フィン風の下が凹んでいるように見えませんか?
切り込みが入っていそうなんですよ…
Posted by ビートニク at 2007年04月12日 20:51
カンジさん、こんばんは
オイラに憑いているのがあれば、オイラのもとって欲しいです(爆)

琢磨は何だかんだとトラブルが多いですよね。全ての歯車が噛み合う時が来るのを期待してるんですけどね(^^;
予定通りの展開ってのを見てみたいです。
Posted by ビートニク at 2007年04月12日 20:54
えす1964さん、こんばんは
予定通りの進行と言うヤツを早く見たいです(^^;
バーレーンも最高速が割と重要なのが気に掛かるんですけどね。
Posted by ビートニク at 2007年04月12日 20:56
tommyさん、こんばんは
フェラーリのヤツ、凹みっぽくないですか?
少し不思議なんですよ(?_?)

亜久里チームのは絶対に身だしなみ用ですね!!
何時国際映像に映っても良いように(^^;
Posted by ビートニク at 2007年04月12日 21:02
山P−さん、どうもです
フェラーリのはフィンですか…皆さんの判定はフィンですね。
そう言われれば、そう思えてきた(^^;
場所と角度が妙ですよね。
サスペンションで乱れた気流の制御?
スキャロップのサイドポンツーン(更に後方)へ流そうとしている?
Posted by ビートニク at 2007年04月12日 21:05
ビートニクさん!
たいちょぷ!まだ憑いてないから!(爆)
京都では子泣きじぃじがもれなく憑いてくるけど!(爆)
Posted by カンジ at 2007年04月12日 23:39
カンジさん、おはようございます
まだって事は…京都でじぃじが?
それは怖いッス!
Posted by ビートニク at 2007年04月13日 05:31
Posted by ケィ at 2007年04月13日 10:43
ケィさん、どうもです
そんなイメージでしょうね。
バージボードとかがあっても、この部分って乱流が無くならないんでしょうね。
Posted by ビートニク at 2007年04月13日 22:30
ビートニクさん こんばんは

そのフィンがないと そこのフローはサイドポッドインテークに飛び込んじゃうと思います

たぶん サイドポッドインテークに飛び込む分は 既に腹一杯で 余裕があるということなのかと

フロア行き・サイドポンツーンのサイド行きのフローの主たる供給源は モノコックの下側からでしょうから・・・tommyさんのご意見から毒気を消し去ったあたりが 近いものかと
Posted by ケィ at 2007年04月14日 01:09
ケィさん、おはようございます
フィンの位置は、大き目のボーダーウイングに重なっていると思うので、ここからフロア下面へ流れることは無いと思います。
フロアから溢れようとするのを間接的に押さえ込む効果はあるかも知れませんけど。
Posted by ビートニク at 2007年04月14日 05:57
フローコントロールの間接的なモデルとして

フローの切り取り分割 - 切り取ったフローの方向制御 - メインのフローとの混合 - メインフローの制御

こういうのを想定していますが

このモデルでは、メインのフローの方向制御であるとか、メインのフローの加速であるとかが、可能なものかと想像しています

モノコック下方を通過して、スキャロップ部とステッププレイン下方に吸い込まれるメインフローに、この小流が絡んで、床下寄りに主流を誘導しているとは考えられないものでしょうか
Posted by ケィ at 2007年04月14日 10:44
ケィさん、こんにちは
なるほど!
フィンの直ぐ下じゃなくて、後方へのフロー制御ですね!納得です。
早とちりしましたm(__)m
Posted by ビートニク at 2007年04月14日 14:36
ビートニクさん、はじめまして

件のフェラーリのフィンですが...

航空機で剥離制御に用いられている「ボルテックスジェネレータ」を連想してしまいました。

設置場所を鑑みるに、ノーズ下面からサイドへ回り込むエアの、剥離制御を意図したものではないかと...

サイドポッドインテークやスキャロップへのエアフロー改善に繋がると考えますが...如何でしょうか?
Posted by kangaroo at 2007年04月15日 00:05
kangarooさん、こんにちは。初めまして!
素人の僕には妄想でしかないんですが、速度・コーナリング中のアングルによって働きが違う可能性がありますね。
フィンが無い時より、スキャロップの方へ効率良く回っているのは確かでしょうね。
Posted by ビートニク at 2007年04月15日 16:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと