2007年04月06日

マレーシアGP 金曜日

長いインターバルを終え、マレーシアGPが始まった。
心配された天気は、ドライのようだ。
今日はフリー走行のテストデイだから、タイム云々は余り意味はないけれど…取り敢えずAFP電などを交えながら…携帯の方はAFPが読めないようです。ご免なさいm(__)m
 
フリー走行1:リザルトセクタータイムスピードトラップ



フリー走行2:リザルトセクタータイムスピードトラップ


F1マレーシアGP金曜ドライバーズコメント(AUTOSPORT Web)

※開幕でオーバーヒートの兆候があったと言われるキミは、結局エンジン交換はしないらしい。今日はフリー用のエンジンなので無関係。中嶋一貴は午前のセッションに参加したが、スピンしたらしい。
 フリー走行1は、路面が出来ていないだろうから参考になるのはフリー2からだろう。だが、コメントを読むと、先週のテストをベースに更に進んだチームと、そうはならずに手間取ったチームがあるようだ。気候条件はテストと違うようだが、こんな所でチームの応用力やマシンのセンシティブさが現れるのかも知れない。
 ホンダ勢のセクター1と最高速の遅さが気になる。
 1コーナーへ向かってブレーキング競争で抜くパターンがあるのだが、最高速が遅ければ、メインストレートで前のマシンに追いつくのは至難だ。一周を良いタイムでまとめることが出来たとしても、コース上で追い抜くのは厳しいかも知れない。
 未だにダウンフォースに頼ったセットアップしかできないのだろうか?先のテストでは、解決の糸口が見えてきたと中本シニアテクニカルディレクターがコメントしていたのに。
 と思ったら、HONDA・SuperAguriF1Team共に問題を抱えているらしい。
ホンダの深き悩み」「テストより厳しい、と琢磨」(何れもF1キンダーガーテン
亜久里チームがテスト用のエンジンが使えないのは、資金の問題なのか、記事にあるHONDAの悩みとリンクしてホンダの何かが変わりつつあるのか…凄く気になる。


posted by ビートニク at 21:34| Comment(20) | TrackBack(4) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
再びこんばんは。キンダーガーテンの記事では何故エンジンライフを気にしての走行なのかについて触れられていませんね。気になりますねぇ。
Posted by tommy at 2007年04月06日 22:30
キンダーガーテンって携帯からでも読めるのですね!ちょっとびっくりしました…(;^_^A

それ以上に本家の迷走ぶりにはびっくりです。(笑)
これはまだまだ時間がかかりそうですね…。

SAF1に関しては、本家程では無いにしろ、やはり壁が見えて来た感がありますね。明日の予選までになんとかなるものであれば良いのですが…。

Posted by 考える葦 at 2007年04月06日 23:03
本家については闇が深そうですね・・・

キンダーガーテンにあった肉揚の記載については・・・なんとなくイメージできてしまうところが・・・(^^;

しかし、SAF1についてはなんとかいい形に収まって欲しいですね・・・
Posted by えす1964 at 2007年04月07日 00:06
こんばんは!
昨日のキンダーガーテンの記事には勇気付けられただけに、ホンダの今日の結果にはがっかりですね。
中本さんもつらいところですね。
まだ本当のところ原因が明確には特定できてないんですかね。
そこさえつかめば一気に脱出の期待が持てるんですけどね。
Posted by com at 2007年04月07日 00:10
こんにちは。

HONDA陣営は、何か焦臭いですな〜
中本さんもだいぶ参ってるみたいだし、肉揚が、どのこうの・・・やっぱり内部の人間関係から始まる何かが有るんでしょうかね?本家にしては、あまりにもマシンの仕上がり具合が悪すぎるし、出てくるコメントにも必要以上に元気が感じられない気がしませんか?

SAF1の制限って、もしかして本家からの・・・かなぁ〜

Posted by デヴィッド at 2007年04月07日 08:47
おはようございます!
琢磨の「エンジンのマイレージ制限」という言葉がとても気になりますね。
本来なら本家・分家と言われるような関係なのだから、本家と同じエンジンを無償提供・情報共有するもんだと思っていたのですが、
まさか、「エンジンお買い上げ」だったんですかね??
それとも、無償提供だったはずなのに、肉揚げが・・・ですか??
う〜ん。。。今から思うになんでオールホンダになった時に肉揚げを解雇しなかったのか。。。
その「日本人的温情」が裏目に出ないと良いんですが。。。
Posted by HIRO at 2007年04月07日 09:23
こんにちは。
私は最初、金曜日用のエンジンが前週のテストの一部や次のバーレーン金曜とも共通だから無理できない、と認識したんですけどどうなんでしょうね(さすがに使い放題ではない、くらいに)。

でも他の方と同じくうがった見方をしていけば、不調の本家側がちらちら思い浮かびますよね・・・。
Posted by laki at 2007年04月07日 11:43
こんにちは
オイラは、エンジンのマイレージについては、先がまだ長いから使用を抑えていると思うことに決めました(笑)
年間台数とか決まっていましたよね?
本家の方は、中本さんは、糸口が見つかったと言っていたけど、"半ば"と言っていましたよね。
今あるパーツではフィーリングが好くなったけど、まだ足りないレベルなのでは?
具体的には、パーツの変更を大きく振るか、少しずつ振るかですが、大きく振っている場合、その中間が好かったとか、そういう話が今あるのではないでしょうか?
サスの部品を変えるという話があったので、煮詰めがまだなのではないかと思います。
Posted by 木公田土 at 2007年04月07日 12:50
お邪魔します。正直言って本家と分家との逆転現象がセパンでも起きるとは思いませんでしたよ。

SAF1のエンジン問題の方は、金曜エンエンジンにトラブルが発生し、マイレージを制限して使用せざるを得なかったのではと推測します。

一方本家の問題の場合、マシン全体に問題を抱えていてホイールベースから何から問題を抱えてしまったのではと思っています。セッティングだけでは解決はまず不可能だと思います。ニック・フライがセッティングの指示をしているという情報を見ますとかなりの重症というか末期状態と見ざるを得ません。

SAFの場合、エースの琢磨やアンソニーがまずまずのタイムを出していたので、幾分希望がもてるかなと思っています。亜久里代表はBスペックをカタルーニャに持ち込む予定の話をしていました。(ネタ元、○1○報プラスからです)

一方、本家の場合はマシン自体を根本的に見直し、Bスペックをカタルーニャまでに投入する事を考えないと改善は困難ではないかと思います。

そこで、ホンダ本家、SAF1がセパン、サクヒールを乗り切るカギは、SAF1の場合はタイヤのグリップを得られるセッティングが出来るかどうか、ホンダ本家の場合はセッティングでどれだけの事が出来るか如何かがかぎと見ますがいかがでしょうか?(長文大変失礼しました)
Posted by LANCER WRC at 2007年04月07日 17:35
こんばんは このHの色々・・・ 開幕前のTESTからおかしいの解ってて 何でもっと変えたりしないの?って(そこそこは変えてますが) そりゃ大変だろうけど パーツ作る時間・能力はあるだろうに・・・ それか根本が違ってたか んでもねー?
で 想像・・・ 解決法は見えてるんだけど (いや そもそも問題など無いかも) 肉揚がいる間は 肉揚には見せたくない・・・
ほかでF1やりそうな人間には・・・ 今時 雇い主は一方的に社員を解雇できないしね 
あるいは 肉揚はまだ何かを握ってるか・・・
J・B絡み? HはJ・Bほしい でもJ・Bには肉揚がSET・・・とか? メカニックも?
実際今の 肉揚の仕事って何? 
すいません 私 彼好きじゃないんで・・・
それともこんな見方って Hに贔屓目過ぎ?
Posted by 山P− at 2007年04月07日 20:31
tommyさん、こんばんは
理由が語られていないんで、心配してしまうんですよね。ちゃんと報道して欲しいです(^_^;
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 20:42
考える葦さん、こんばんは
キンダーガーテンが携帯で読めるんですね!
HONDAはもともと、大きな改良はヨーロッパラウンドでとは言っていたんですけどね。
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 20:44
えす1964さん、こんばんは
ニックフライは焦っているんでしょうね。
彼の焦りがチームを余計に混乱させているようで(^_^;
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 20:48
comさん、こんばんは
冷静に振り返れば、大きな改良はヨーロッパからと開幕時点で語っていますから、こちらが騒ぎ過ぎるんでしょうね。
ただ、この壁を乗り越えることで風洞やら色んな物の水準が揃うと思うんです。
中本さんも踏ん張り時でしょう。
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 20:51
デヴィッドさん、こんばんは
HONDAは人事に何かがあるかも知れませんね。
僕も、亜久里チームのエンジンが使えないと知って、HONDAからホンダへ横槍?なんて思ってしまいました。
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 20:53
HIROさん、こんばんは
僕はエンジンやギヤボックスやその他はホンダの無償供与だと思っていました。メインスポンサー以上の存在だと。
なので、この話を知ってHONDAチームの横槍かと…でも、他の考え方もあるようですね。
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 20:55
lakiさん、こんばんは
例えば、年間の数が決められていて、ホンダの協力も無尽蔵ではないよと…そうかも知れませんね。
そうであって欲しいです。
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 20:59
木公田土さん、こんばんは
エンジンについては、説明がないので判らないですね。つい、悪い(妄)をしてしまいます。

本格的な改良はヨーロッパラウンドからとアナウンスされていましたよね。期待が大きすぎるんでしょう。それにしても、ニックの行動は不可解ですけど。
きっと、サスペンションのアライメントなども変えるんでしょう。
サスが設計通りに動いていないとすれば、剛性不足なのかも知れません。そうなれば製作方法から変える必要が…
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 21:07
LANCER WRCさん、こんばんは
フリー用エンジンその物のトラブルと言う考え方も可能性がありますね。冬のテストで使ったエンジンのリビルドかも知れませんしね。

HONDAはニックの行動が普通じゃないですね。混乱しているのが想像できます。
混乱はニックだけかも知れませんが(爆)
HONDAのエンジニアにとって必要なのは時間かも知れませんね。ヨーロッパラウンドを待つしかないでしょう。

Bスペックの話は僕も読んだかも知れません。
RA106の限界性能を見切ったか、カスタマーシャーシ問題を回避するためか…

何れにせよ、言われるように、タイヤの性能を上手く引き出すことができるかが大切でしょうね。レースペースも含めてどうにかしないと。
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 21:18
山P−さん、こんばんは
ニック・フライについては僕も同じです(^_^;
が、そこまで政治的な行動をするでしょうか?でも、ニックの行動の異常さはその反映かも知れませんね…

答えは年末?(?_?)
Posted by ビートニク at 2007年04月07日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

第2戦マレーシアGP フリー走行初日
Excerpt: 第2戦マレーシアGPが開幕! フリー走行初日1回目、2回目共にフェラーリのマッサがトップタイムを記録した。 ほとんどのチームが事前にセパンにてテストを行ったものの、チームによっては予想に反して..
Weblog: Café de Formula 1
Tracked: 2007-04-07 00:04

F1(1508) 肉揚、ついに最後の足掻きか?
Excerpt: マレーシアGPの初日が始まった。相変わらずフェラーリとマクラーレンが好調だが、ホンダF1レーシングの2台が伸び悩んでいる。    金曜日のセッション中に、不思議な光景が目撃された。チームプリンシパルの..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2007-04-07 13:33

袋小路で彷徨うホンダ
Excerpt:  新年度の慌ただしさに忙殺されていたら,いつの間にか1週間が過ぎ去っていた。昨年度末の社内人事異動で,4月からは部署の変更があったため,なかなか日中のエントリーができなくなってしまった。今まではウィー..
Weblog: JUNO Formula Communications
Tracked: 2007-04-07 13:51

【RACE】 フリー走行1回目 マッサがトップタイム
Excerpt: マレーシアGPのフリー走行1回目は、フェラーリのフェリペ・ マッサが最速タイムを記録した。 彼は1分34秒972のベストタイムを記録し、マクラーレンの フェルナンド・アロンソのベストタイムを0...
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-04-07 14:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと