2007年03月27日

F1 今日の小ネタ

これなあに?
これこれ2
去年のルノーのマス・ダンパーの審議の様子だと思うんですが、透明のケースがギヤボックスのような形状…ノーズだけじゃなくてリアにもマス・ダンパーが?透明ケースの中の金属部品が審議されていると思うんだけど、マス・ダンパーぽくない。
何方か教えて下さい。
 
スパ!
復活するスパ(Spa Francorchamps)だが、設備の改修が進んでいるようだ。
と、完成イメージ
楽しみだ。
ところで、鈴鹿の改修はどうなっているのだろうか?

フェラーリ
オーストラリアGPでぶっちぎりの速さを見せたキミ・ライコネンだが、マッサ同様、トラブルがあったようだ。
キミの場合は水漏れによるオーバーヒートがあったようだ。
それによるダメージは少ないと言われているが、マレーシアはコース幅の広いサーキットなので、エンジン交換による予選グリッドの10番降格があったとしても良いレースが出来る可能性は高い。
高温多湿のマレーシア。僅かでもダメージのあったエンジンを使い回すのか、判断に悩むところだろう。

ルノー
オーストラリアGPで、チャンピオンチームらしからぬ仕上がりだったが、改良バージョンに着手しているようだ。
状況を見る限り、ドライバーではなくマシンの問題のようなので、当然のことだ。(F1-LIVE.com)
放送の映像で見る限り、アンダーに始まってリアがブレークしてコースを飛び出してしまうパターンだったようだ。

HONDA
絶不調で終えた開幕戦、ヨーロッパラウンドには競争力を取り戻すべく取り組んでいるらしい。(autosport.com
噂では、フロントタイヤを使い切れていないとか。
「ダウンフォースを増やそうとウイングを立ててもダウンフォース値が上がらないだけじゃなく、最高速も落ちない」というエンジニア泣かせのデータが出ているとか。(けんさわの「サーキット便り。」2007オーストラリアGP土曜日
サスペンションのアライメントを含め、空力も総合的な修正が必要だろう。以前のエントリに書いた、風洞の微調整がこれからなのかも知れない。
今日からのセパンテストで投入されるパーツで改善できるのか?
ここは滑らかな路面なので、ダウンフォースで誤魔化せるのかも知れないが…


posted by ビートニク at 19:00| Comment(20) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これなあに? はケイさんの出番でしょう   前にいろいろ・・・
Posted by 山P− at 2007年03月27日 19:46
あっ、そのマスダンパー審議の写真は・・・あれじゃないですか!以前アルヌーは二枚目さんとこのサードダンパーのエントリーで、ケイさんが提供してくださったものと同じやつです。そちらを参照してください。ね、山P−さん。
Posted by anno at 2007年03月27日 22:12
こんにちは♪


私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので

いきなりですみませんが、
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/ma_sa20002/archives/53463255.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 携帯マスター at 2007年03月27日 22:13
こんばんは。
F1のマスダンパーってこんなモノだったんですね。興味深い・・・。
Posted by tommy at 2007年03月27日 22:15
山P−さん、どうもです
そう言えば去年…記憶が曖昧ですが(^_^;
やばいな(;^_^A アセアセ…
Posted by ビートニク at 2007年03月27日 22:59
annoさん、こんばんは
(^_^;(;^_^A アセアセ…言われてみれば何となく記憶があるような…
Posted by ビートニク at 2007年03月27日 23:01
携帯マスターさん、初めまして
紹介して下さってありがとうございました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
Posted by ビートニク at 2007年03月27日 23:03
tommyさん、こんばんは
マスダンパーは割と大きいですよね。
重い方が効果が大きいんでしょうけど、ノーズの中に綺麗に収まるんだから…
Posted by ビートニク at 2007年03月27日 23:05
えーとですね、ビートニクさんの06.11.02のエントリー、SA07を妄想するpart2と06.11.07のエントリー、最近のF1を妄想・・・リアウイング編の話からアルヌーさんの06.11.19のエントリー、第三ダンパーはちょっと凄いかも・・・へつながっていったんですよ。覚えていません?
Posted by anno at 2007年03月28日 00:17
こんばんは
けんさわさんのブログの記事は各所で話題になりましたね。
http://kspjpn.blog91.fc2.com/blog-entry-47.html
ご存知かと思いますが、、、
Posted by mar at 2007年03月28日 00:31
annoさん、おはようございます
あの頃は色々と重なっていて、マスダンパーのことは割りと覚えてはいるんですが…第3ダンパーがレギュレーションに関係するんでしょうかね?
Posted by ビートニク at 2007年03月28日 06:07
marさん、おはようございます
けんさわ さんのカートの方のヤツですね。
勿論知っていますが、露骨なので穏やかな方、を引用したんですよ。こちらの方が先に上がっていますし。
それにしても、エントリで触れた心配が当たって…
Posted by ビートニク at 2007年03月28日 06:10
うわさのケィどす
ビートニクさん、マスダンパーで検索かけてみましたが
おたくの検索機能も強力にはたらいてますね

このあたり読み返してみてください
今回、大きな画像をお見せいただいたので
3つのカウンターウエイトが一緒に動くという新たな理解ができました
感謝します
http://beatnic.seesaa.net/article/22755300.html

http://cgi42.plala.or.jp/lasaf1ww/dsp2006.cgi?mode=src_m&SrcW=607311650

http://cgi42.plala.or.jp/lasaf1ww/dsp2006.cgi?mode=src_m&SrcW=612022251
Posted by ケィ at 2007年03月28日 13:46
ビートニクさん、ルノーはマスダンパーをノーズとギアボックスの中にしこんでいたんですよ。そのギアボックスのやつは形が違って見えますけどね。写真は8月22日の裁判に証拠として持ち込まれたものです。
Posted by anno at 2007年03月28日 19:13
ケィさん、こんばんは
ありがとうございました。何となく思い出してきました(^_^;
その時教えていただいたのは中国のサイトでしたよね。
やっぱり、色んな所を回って居るんですね。
Posted by ビートニク at 2007年03月28日 20:53
annoさん、こんばんは
ギアボックスのマスダンパー…リアはマクラーレンだかフェラーリも搭載していたと言われていますね。
だから曖昧な処分になったのかな…
Posted by ビートニク at 2007年03月28日 20:55
あのノーズの中に入っていたやつですが。外側がカーボンコンポジット製の筒状のケースで、なかには厚さ4〜5cmのタングステン製の円盤のような重り(約9kg)が入っています。重りの上下にはスプリングがついていて、上のは小さく下のは大きくなっています。ケースの上には重りが必要以上に動かないよう小さな油圧ダンパーもついているようですね。
Posted by anno at 2007年03月29日 12:37
annoさん、こんばんは
「これ2」の写真にその物ズバリが写っているんですが、携帯ではファイルサイズが大きすぎるかも知れません。
Posted by ビートニク at 2007年03月29日 18:34
引き続きannoです。ライコネンは、冷却システムの水漏れということでしたか。マッサのはギアボックスソフトウェアのプログラムエラーで、エンジンが高回転している時に、ギアボックスが低速ギアを選ぶように指示を出したため、ギアボックス内部とエンジンが壊れた、のだそうです。ホンダは昨年急いで稼動させた新しい風洞の較正が不正確だったのでは、という話もありますね。
Posted by anno at 2007年03月29日 18:51
annoさん、どうもです
フェラーリはシームレスギヤの初年度だからでしょうかね?

HONDAの新しい風洞の懸念は、精度を必要とするので尚更でしょうね。
スケールが大きくなったら、余計に誤差の修正がちゃんと出来ないと…これも含めて、産みの苦しみなんでしょうね。
ザウバーの風洞が今頃開花しているのもそんなところに理由があるのかも知れませんね。
Posted by ビートニク at 2007年03月29日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと