2007年03月17日

金曜フリー走行比較

昨年と今年の金曜走行2のデータを比較してみました。
昨年はエンジンを労る必要があるので、サードドライバー以外は抑え気味。
それでも、見比べると面白い傾向が見て取れます。
 
AustraliaFriday06-07(with Sector).htm
アンソニーは、昨年はサードドライバーでエンジンを労る必要はなかったので、マシンの“違い”を確認するのも含めて良い比較対象だ。
タイムは約2秒遅くなっていて、ブリヂズトンが要求されたという2秒ダウンが正確に反映されていると言えるかも知れない。
最高速は逆に、5q速くなっている。
セクター別に見ると、昨年と比べるとS1とS3で、取り分けS3で遅くなっている。S2の影響は少ないようだ。
今年のセクターデータで見ると興味深いのが、
S1とS2ではホンダ勢が順位を入れ替えながら綺麗に並んでいる!
S3ではSuper Aguri F1 Teamの二人が引き離しているが、それにしてもヤルノを挟んでいるに過ぎない。
外観は違って見えても、マシン特性はそっくりなのかも知れない。
このフリー走行を見る限り、ホンダ勢は実力伯仲だ。
その他の特徴は、フィジケラのS1が飛び抜けて速いのを除けば、大まかにチーム毎に近いタイムを出している傾向がある。マシン通りのタイムが出ている、と読めるのかも知れない。
と言うか、レッドブルとルノーはドライバーによって開きがある。
確認していないが、トラブルでもあったのだろうか?

※これも追記するかも知れません


posted by ビートニク at 10:25| Comment(6) | TrackBack(0) | F1レース07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルノーは両マシンとも同じような燃料系のトラブルに見舞われていたということです。恐らくは燃圧に関するものであろうとか。
Posted by anno at 2007年03月17日 10:52
こんにちは。

2秒遅れは確認してましたが、最高速は速くなってるんですね!コースによっては昨年より速くなるとこも有るみたいですね!

SAF1が速いのはいいんだが、不安がつのりますね〜(笑!)
Posted by デヴィッド at 2007年03月17日 11:23
タイヤの影響って大きいですね。グリップが悪くなった分、コーナーの速度が落ちトータルのタイムが下がったのでしょうが、最高速はエンジンをブン回せる為に速くなったのでしょうね。予選とレースでは確実に昨年より遅くなるのでしょうねぇ…。なんだかさびしいなぁ…(;^_^A
Posted by 考える葦 at 2007年03月17日 12:43
annoさん、こんにちは
燃圧トラブルですか。初期トラブルとしてありがちですが、冬のテストでは症状が出なかったんでしょうかね。
Posted by ビートニク at 2007年03月17日 14:07
デヴィッドさん、こんにちは
今シーズンは去年から大幅な規則変更がないだけ安定しているようですよ。
ただ、セクター毎に速い遅いはありますね。
なので、チーム毎に固まる傾向があるようです。
予選では波乱があったようですけど。
Posted by ビートニク at 2007年03月17日 14:13
考える葦さん、こんにちは
タイヤでタイムは下がりましたけど、直ぐにペースを取り戻すでしょう!
F1の進化は凄いですよ。
Posted by ビートニク at 2007年03月17日 14:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと