2007年03月15日

カスタマーシャーシ問題、大詰めか?

Protest looms on customer car rowautosuport.com
何やら土曜日辺りが土壇場での山場かも知れないと…
それと時を同じくして、Don't panic!「パニックになるな!」とpitpassの記事が上がっている。この問題で、オーストラリアGPが中断するようなことはないだろうと書いてあります。
 
※そもそも、オリジナルなマシン開発が出来ていれば問題そのものが発生しなかったことだ。これについてはSuperAguriF1Teamのリソースや亜久里が参戦当初から語っていた08年以降はカスタマーシャーシを使う旨の発言から、自チーム開発の基盤に投資しなかっただろう事が想像できる。
投資できなかったと言うべきかも知れないが。


以下、infoseek翻訳です(少し直しました)

抗議は、カスタマーカー規則で迫ります

ジョナサンノーブルによって 2007年3月15日木曜日、09:47 GMT

SuperアグリとScuderia Toro Rossoによる土壇場の妥協だけは、今週の週末のオーストラリアのグランプリで市場に出されている顧客車の上に公式抗議を防ぐのに十分かもしれません、autosport.comは、明らかにします。

2つのチームと彼らが『顧客車』の発展バージョンを走らせてもよいかどうかについての彼らのライバルの何人かの間の何週間にも及ぶ議論と議論の後、問題は今週の週末メルボルンで頭に達する用意が整っています。

解決がまだ遠い道のりのように見えている党の間にあって、 autosport.comは、状況がその時までに変わらなかったならば、計画が公式抗議が土曜日に資格を得た後に開始されるために立てられていると思います。

どのチームが抗議の後にあるかは必ずしも明らかではありません、しかし、スパイカーとウィリアムズが彼らが彼らが彼ら自身の車を造らなかったと思っているので、SuperアグリとScuderia Toro Rossoが今シーズン優勝戦のマッチポイントを記録してはならないと主張することでの重要な一式であったことを知られています。

いくつかの妥協和解は、チームに提供されました - 分担することを含む、顧客車を走らせているテレビ収益またはそのチームの、得点優勝戦のマッチポイントはそうしません。

彼が抗議を申し出る計画に熱中していたかどうかについてのコメントに対して拒絶されるスパイカー社長コリンKolles – しかし、問題が今週の週末後でより明白になると認めました。

「私には、この状況に関する私の意見があります」と、彼が言いましたautosport.com.「土曜日まで待ちましょう。資格を得た後に、私はよりあなたに言うことができます。」

土曜日への彼の言及がポスト資格を得ている抗議への言及であったかどうかについて尋ねられるとき、彼は言いました:「これは、あなたの推測です。すべては、過去に言われました。我々は土曜日まで待たなければなりません、しかし、それ以前に問題を解決したいです。」

スパイカーとウィリアムズはホンダのRA106のSuperアグリの発展バージョンとRed Bull RacingのRB3のトロロッソのバージョンがコンコルド契約の違反においてあると主張します。そして、それはチームが彼ら自身の車を造るよう要求します。

コンコルド契約(F1が動く文書)の第3節は、述べます:「建造者はそれが現在競争させる圧延シャシーに知的所有権を所有する人(どんな統合されたか合併さ れていない体でも含む)であって、設計されるか、安全器材の標準的なアイテムを除いてF1レーシングカーの他のどの建造者にもよって製造される少しの一部もそのようなシャシーに取り入れません。そして、Schedule 3の何もシャシーの建造者以外の人によって捏造されるエンジンまたはギアボックスの使用を防がないと定めます。」

そして、議論が裁判所で解決されることができるだけであると以前思われたけれども、コンコルド契約が法律文書であるので、準備がコンコルド契約のチームの迎合性を支配するFIAの規則であると思われています。

2007年のフォーミュラワン世界選手権への入場適用は、たとえば、チームがコンコルド契約に『束縛される』ことに同意すると述べます。

条項は、述べます:「我々は、我々が読んで、インターナショナルSporting Code、1998年のコンコルド契約(そのSchedulesを含む)、2007のフォーミュラワンTechnical Regulationsと2007のフォーミュラワンSporting Regulationsの準備を理解しますことを確認します。

「我々は彼ら(補われるか、改められて)に束縛されることに同意します、そして、さらに、我々は彼らを観察するために我々自身のための上で、そして、2007年のFIAフォーミュラワンWorldチャンピオンシップへの我々の参加と関連する誰にでも代わって同意します。」

彼らが彼らが車に知的所有権を所有して、彼ら自身彼らを製造していると主張するように、トロロッソとSuperアグリは彼らが今年の季節の彼らの自動車計画で間違った何もしていないと主張しました。

接近されるとき、トロロッソチーム校長フランツTostはコメントするのを辞退しました autosport.com、Superアグリ常務以外の、ダニエルAudettoは、昨日、ライバルが抗議したいならば、彼らが進まなければならないと言いました。

「我々は我々が何をしたかについてわかっています、我々は我々が何をしているかについてわかっています、そして、我々は我々が完全に合法的であるということを知っています」と、Audettoが言いました。「それで、それは我々の問題ではありません。最も重要なことは、我々が規則を尊重したいということです。 我々は、不正行為をしたくはありません。我々は、規則に反したくはありません。

「彼 ら(ウィリアムズとスパイカー)は、彼らが望むものは何でもすることができます。我々は、それをするために、彼らを止めることができません。彼らは、ちょうどそれをします。彼らが不満を言う何かを持っているならば、彼らはちょうどそれをすることができます。それから、我々は彼らが正しいかどうか見ます、あるいは、彼らは間違っています。しかし、我々は正しいです。」



posted by ビートニク at 22:11| Comment(8) | TrackBack(6) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
遂に来ましたか。というより絶対避けては通れない問題ですね。

個人的な意見ですが、私は今回の件で他チームから訴えられても仕方がないようなマシンを2チームは準備してしまったと思います。この点に関しては疑う余地はないと思います。

しかし、有罪になるか無罪になるかは別のお話ですから、是非クレームを乗り越えて大躍進して頂きたいものです。ノーポイントなのに一年間闘うなんて有り得ませんよねぇ〜。
Posted by tommy at 2007年03月15日 22:47
tommyさん、こんばんは
F1通信には、これと同時に慌てないでも良いという記事も上がっています。
確かにどう考えても、SA07はオリジナリティという観点からは疑問だらけのマシンです。
でも、同一性の証明も出来ないと思うんです。
規則の精神性に抵触しているとは言えますね。その辺が僕もスッキリしない所以でもあります。
悩ましいです!
Posted by ビートニク at 2007年03月15日 23:09
先の記事でビートニクさんが仰ってる通り、SA07はバーレーンテストの最終形にリアウィングをちょっと変えただけにしか見えませんねぇ。
それなら潔く、バーレーンで「これがSA07です」と発表してほしかったです。
気持ち的には『やっぱりこんなところかぁ』という思いと、『あれだけギリギリまで開発しているからと言って遅らせながら、これかぁ』という思いが絡みあっております(苦笑)。
私も悩ましいぃぃ!
Posted by ハルイチ at 2007年03月15日 23:40
ハルイチさん、こんばんは
そうなんですよね。
いくら法的には大丈夫と言っても…チームの現実を考えると仕方が無いとも言えるかも知れませんが、それをするのがF1チームであるわけで…堂々巡りです(^_^;
Posted by ビートニク at 2007年03月15日 23:45
この先、この問題がどのような着地点に納まるのか?色々と心配ですね。(汗

ただ、SA07の発表が遅れたのは、最終的に、スポンサーの問題だと思ってます。
ご覧の通り、ラウンチではカーナンバー22のマシンにアンソニーの名前が入っていたり、フロントタイヤの左右の取り付けを間違っていたり…(爆)
かなり慌ててギリギリ発表だったと思いますよん。
Posted by カンジ at 2007年03月16日 12:54
 ビートニクさん,こんにちは!
 フリー走行での走りを見ていると,火に油を注いだかなと。くすぶっていたこの問題が,いずれ表に出てくるのは時間の問題でしたから,今更じたばたしても仕方ないんですが・・・。
 皆さんおっしゃるとおり,確かにSA07は,クレームをつけられても仕方のないマシンだと思います。でも,違法であるかどうかの判断は,彼らがすることではないはずです。でもコンストラクターの精神は・・・。
嗚呼,誰かすっきりさせて(T T)ではでは!
Posted by KAZ at 2007年03月16日 17:17
カンジさん、こんばんは
仮に提訴されても、大丈夫だとは思います。
類似性と同一性は意味が違いますから。(トロ・ロッソはヤバイかも知れませんけど、あちらはどうでも良いです。)
ただし、規則の精神に反すると言われればその通りでしょう(^^;
なので、実は裁判よりコンコルド協定での会議の方が怖いかも。
Posted by ビートニク at 2007年03月16日 18:51
KAZさん、こんばんは
琢磨は割と良かったですねぇ。
路面が出来ていない段階なので、各チームの実力とも思えませんけど。

裁判より、コンコルド協定に則った会議なんかの方が怖いですね。
う〜(+_+)
Posted by ビートニク at 2007年03月16日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

SA07の雑感その2
Excerpt: 亜久里オーナーの言及していたサプライズなスポンサーとの契約交渉は既報の通り、カスタマーシャシー問題に対するSAF1のグレーな行動のせいで12月から進んでいないようだ(オーデットはこれをクレームをつけた..
Weblog: tommyの落書帳
Tracked: 2007-03-15 22:48

【速報】カスタマーカーに対する『異議申し立て』について情報が錯綜
Excerpt: 『autosport.com』が伝えた所によると、スパイカーやウィリアムズはトロ?ロッソ及びスーパーアグリのマシンの違法性について正式な異議申し立てをオーストラリアGPの予選後にも行う考えであると報じ..
Weblog: 佐藤琢磨応援団 沖永良部支部(blog版)
Tracked: 2007-03-16 00:06

F1(1330) カスタマー・シャシー問題を引きずっての開幕戦は?
Excerpt: 今シーズン開幕を前に、マーシャルによってオーストラリアで検査が開始されれば、間もなくテストされるSUPER AGURIとトロ・ロッソのマシンを取り巻く論争が過熱することになるだろう。   しかし、検査..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2007-03-16 01:25

2007開幕〜SA07
Excerpt: 豪州・アルバートパークにて2007年F1GPは最初のグランプリウィークを迎えました。 大きなレギュレーションの変更こそありませんが、トップドライバーの移籍、チーム体制の刷新、BSワンメイクタイア&決..
Weblog: 三鉾の憂鬱
Tracked: 2007-03-16 11:49

スーパー・アグリ話題3連発!(追記します)
Excerpt: 間もなく、金曜日フリー走行が始まります。 いったいSA07がどんな走りを見せてくれるのか?非常に注目されますね! ここで、今までに入って来ている、スーアグの話題を… スーパーアグリ、金曜..
Weblog: カンジのあなた!(H氏公認)
Tracked: 2007-03-16 12:21

火に油を注ぐ記録
Excerpt:  記録的な暖冬となったこの冬だったが,東京では今日になってようやく初雪が観測された。これは昨年より95日,平年より73日遅く,1876年(明治9年)の観測開始以降,最も遅い初雪であるとう。一方東京から..
Weblog: JUNO Formula Communications
Tracked: 2007-03-16 17:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと