2007年03月12日

空力関連ネタ

HONDA
Honda Racing F1 TeamのCFD開発をサポートしている企業が判った。
advantageCFDと言うらしい。
 疑問−HONDAの新風洞
ある人とメールのやり取りをする中で教えていただいたが、100%テストが可能と言われる風洞の大きさは、必ずしも100%での性能を保証する物ではないと言うことだ。
例えば、壁面による気流への干渉がどれだけあるかでデータの正確性に影響が出る。設備としては100%で計測が可能なサイズであったとしても、精度を追求する中ではそれは使えないかも知れない。
風洞が完成しても、計測データの調整に時間が掛かると言われる理由の一端であるとも思うが、計測データと実際の状態に乖離があれば、開発にとって邪魔なだけだ。昨年から稼働している新風洞は今どんな状態なのだろうか?
もしかしたら、今シーズンは風洞データと現実のすり合わせのシーズンなのかも知れない。
今オフのテストで囁かれた不調の原因は、開発思想の変更だけではなくて、この辺りに原因があるのかも知れない。

CFD
空力ネタを探して彷徨っていたら、CFDのアニメ画像を発見しました。15メガもあってかなり重いんですが…チャンプカーの風洞テストをCFDで表現した物です:レイナードのデモ
それに加えてFLUENTと言う有名なCFDソフトとモータースポーツの関わりを解説したpdfファイル:Motor Sport Drives CFD Technology to a New Level
もう一つRunning RAMPANT
最初のではベネトンB195(1994年)のマシンをCFD利用のパイオニアとして紹介しているようです。

…英語が出来ないので、何方か翻訳できませんか?
ここにはリンク先に山形大学の名があります。


以上、ネタの無い時用のストックネタでした(^_^;


posted by ビートニク at 07:00| Comment(12) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ビートニクさん,こんばんは!
 現代F1においてトップチームの100%風洞は当たり前の設備になっていますが,ハードだけではなく,そのデータを解析できるだけの技術も求められますよね。風洞だけ作っても,それが即速さに繋がらないのも頷けます。
 さて,お願いなんですが,TRT参戦を機に,私のサイトにリンクを表示していきたいと思っています。ビートニクさんのサイトもリンクさせて頂いてよろしいですか?よろしくお願いしますm(_ _)mではでは!
Posted by KAZ at 2007年03月12日 18:36
KAZさん、こんばんは
BMWザウバーの60%風洞は、実は今でもトップクラスと言われています。
ムービングベルトなどのサイズと実用性はHONDAを上回るかも知れません。

リンクの件、承知しました。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by ビートニク at 2007年03月12日 22:39
ビートニクさん
2007,03,31で、コンサルタント契約終了
過去のデータ こちらで公開するのかな?
ホンダさんの粋なはからいでしょう

advantageCFDは、旧レイナード系のような・・・
Posted by ケィ at 2007年03月13日 09:21
アドヴァンテージCFDはレイナードの研究部門の一つ。レイナード破産の際にBARに買収され、現在ホンダ・レーシング傘下にあります。
Posted by anno at 2007年03月13日 12:26
「コンサルタント契約終了」の表示をするからには、
これまで、独立法人としてBAR、HRF1チームの傘下にありました、
というのが、正確なところなのだろうかな・・・

これって、空力コンサルタント・・・お取り替え・・・の、ご報告なのかな?
Posted by ケィ at 2007年03月13日 14:16
ケィさん、こんばんは
3月31日で終了ですか…
Posted by ビートニク at 2007年03月13日 19:39
annoさん、こんばんは
レイナード→BAR→ホンダレーシング
技術的な繋がりが見えてきそうですね。
Posted by ビートニク at 2007年03月13日 19:41
ケィさん、どうもです
今シーズン、HONDAは空力を大幅に変更しましたよね。
もしかして、以前からの技術的な基礎すら変更している可能性はありませんか?!
もしもそうであるなら、今シーズンは苦労しても次には大化けする可能性も?
Posted by ビートニク at 2007年03月13日 19:45
ビートニクさん ちょっと調べものしたので、チラシの裏ごめん
advantage-cfd.co.uk
現在のドメインの登録は、Honda GP Ltd:HRF1チームになってます
初期登録は、1998年8月5日

2001年の記事中に、
「Advantage CDF社のReynard Motorsports部門所属の(Dr.)Rob Lewis」とあるから、
もともとは、独立コンサルタント企業で、BARにも出先を持っていた模様。
もっとも初期のBARは、Reynardでしたから・・・

あんだけウイリスにメタクソいわれていて、残党が忍耐で空力にずっと関与してきた?

サイトの指定でぐぐると・・・キャッシュで旧サイトの残骸が残っています。

サイトが、現在、Honda GP Ltd 名義になっているということは・・・
発展的な解消でしょう

コンサルト会社って・・・便利なものですよ
Posted by ケィ at 2007年03月13日 21:02
ケィさん、どうもです
完全なHONDA所有ですか!

今やCFDは外せない要素ですもんね。

データの取り方も視点が変われば随分違うでしょうし、今後の展開が楽しみですね。
Posted by ビートニク at 2007年03月13日 21:33
http://www.fluent.co.jp/contents/news/images/pdf/news_sum06/JPNNL681.pdf
http://www.fluent.co.jp/contents/kaiseki/industry/auto/images/JPNNL290.pdf
http://www.optimalsolutions.us/index.html
http://www.optimalsolutions.us/news/index.html

「Honda F1 Racing Team, owner of Advantage CFD」

極々最近、子会社化された 外部へのサービスを停止のニュース

メインは コンピュータ上での空力解析
Posted by ケィ at 2007年03月13日 21:35
ケィさん、度々ありがとうございます。
日本語の記事は嬉しいです!
そう言えば、ホンダの一番の弱点は空力だと言っていましたからね。
これからの変化がどうなるのか、楽しみです。
Posted by ビートニク at 2007年03月13日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと