2007年02月19日

F1 今日の小ネタ

スパイカーF8-VII
小さな記事がF1Technical.netに。以下、大雑把な内容です
Spyker clean up nose area-スパイカーのスッキリした鼻周り
このマシン、F8-VIIはカラーリングだけではなく空力変化の大きいマシンの一つだ。
ゼロキールサスペンションとしたので、ノーズのデザインは多くの注意を必要とした。
ツインキールとの類似点はターニングベーンから始まっていて、キールは通常の位置にある。そして、新しいレイアウトはノーズコーンのアップグレードと共にある。
ノーズの写真:
実際には、小さなキールが見えるのでゼロキールとは言い切れないが、近い考えにあると見て良いのかも知れない。HONDA RA−107やレッドブルRB3も小さなキールを持つ。
サスペンションの配置の最適化と、ノーズ下面の空力を追求するとこうなるのだろう。欠点として、十分な剛性を持たそうとすると、重くなってしまうと言われている。
このチームの潜在能力は意外と高いのかも知れない。
マシンの後半部はシーズン後半にBバージョンとしてお目見えする予定だが、SuperAguriF1Teamの良きライバルとして面白い存在でいて欲しい。
 
フェラーリとルノーの比較写真
こんな写真を見つけました。
作者によれば、誤差は実物大でおよそ2センチ以内であろうとのこと。
フェラーリはコクピットが若干後ろ、フロントタイヤは若干前にあるように見える。
ここ数年で特に重要性が増したノーズ周辺の空気の流れをどう処理するのか、基本的な重量バランスをどうするのか…二大勢力の違いが判る。
コックピットの位置の差は、ガソリンタンクの大きさ、ギヤボックスの大きさの違いにも影響があるはず。
リヤサスの取り付け角度を見ると、ルノーR27は交代角が付いていて、ギヤボックスの位置がF2007リより前であることを想像させる。なので、コクピットとの差を考えるとガソリン容量の差はあまりないかも知れない。
…エンジンは、V8エンジンになってサイズ規定があるので、この2チームに限らず大きな差はないはず。
余談だけれど、こんな事情があったからこそ、RB3とSTR2がほぼ同時に開発できたのだと思う。


posted by ビートニク at 19:50| Comment(17) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルノーとフェラーリの比較写真、分かりやすくていいですね!
フェラーリの方が全体的にスマートな感じですね。
特にリア周りは凄くスッキリしてるような…
Posted by yu-ko at 2007年02月19日 20:55
スパイカーとホンダのキールは類似しているのですか。そのチョイキールがどれだけ利点を持つのかは分かりませんが、なかなかスパイカーも技術的な面でも侮れませんね…(;^_^A

Posted by 考える葦 at 2007年02月19日 21:53
yu-koさん、こんばんは
こうして比べると、似ていて個性が無いと言われる中でも、全く違うと言うことが判りますね。
フェラーリは今年も速そうですよ。
Posted by ビートニク at 2007年02月19日 21:54
考える葦さん、こんばんは
レッドブルもなんです。
追加で書き加えたんですが、小さなキールでサスペンションを保持するというのは、サスペンションの理想と空力の理想の妥協だと思います。
Posted by ビートニク at 2007年02月19日 21:59
こんばんわ、先日は書き込み頂戴しまして

画像、去年のやつね
根っこの方から曲がりそうだから
すでに、ツインじゃないと おもうけど

http://www.formula1.com/photos/597x478/sutton/2006/d06mon263.jpg

MPの方がイメージ的には近いような・・・
Posted by ケィ at 2007年02月19日 22:09
ケィさん、こんばんは
去年のヤツですね!
どの程度からゼロ呼ばわりをするんでしょうねぇ。フェラーリのもツインというのか、ゼロなのか…そんな分類がもはや意味を成さないとも言えるかも知れませんね。
様式に従ってデザインする訳じゃないですからね。速くするためにデザインした結果の姿ですよね。

それはそうと、写真、どうしましょうか?
見返したら手ぶれが酷くて…何とか見えるのがあるのはありますが。

Posted by ビートニク at 2007年02月19日 22:27
「そんな分類がもはや意味を成さない」なんでしょうね

画像の件、恐れ入ります、できましたら うちのほうに 貼ってください サイズの制限400KBまであげてあります

タイトルのほう、業務連絡とでも

画像の精度があげられたら、とおもってwakuwakuです

ところでフェラとルノーの比較画像
魔物企画さんの作品だとおもうんですけど 悪所?
Posted by ケィ at 2007年02月19日 23:36
ケィさん、どうもです
写真は明日にでも。
手元のPCはフリーズしまくりなので(^_^;

比較画像の作者は記憶では日本人ではなかったような…イギリスの掲示板です。
CFDの関連の話題もあって興味深かったんですけど、英語が…(T.T)
僕は魔物企画さんという方のフィールドを知らないんです。
Posted by ビートニク at 2007年02月19日 23:50
フェラーリの方が空力的にはすっきりしてますね。サイドポッドの形状とフロントタイヤとの距離、リヤエンドのコンパクトさ。

逆にルノーは重量配分を前に持って行くことをどちらかというと優先してますね。タイヤへの熱の入れ方が特殊ですけど、リヤの軽さがポイントでしょうか?でも、あのスタートの良さはリヤよりの重量配分のため、なんていう話も以前ありましたが・・・。

ケィさんのところ・・・最近行ってなかったですね。また、行こっとw
Posted by Sima at 2007年02月20日 01:03
すみません 勘違いしてました うちのお客で・・・
肝心の画像の方、下側とんじゃってますけど、
画像合成比較にどういう操作しているのか確認取りたかったもので・・・

http://www.f1technical.net/forum/viewtopic.php?t=3879&postdays=0&postorder=asc&start=0
見えない画像にどうこういってもしょうがありませんけど、
補正かけても結構むずかしいのね 深さの対応できないから
誤差2センチ以内かどうかわからないけど、傾向だけは把握できますよね

ぼくんとこのノートも、このところ冷却落ちてるんだろうか、タオルで水冷の補助ね・・・
Posted by ケィ at 2007年02月20日 01:09
Simaさんおひさしぶり
切れのいい解説が聞きたいとかって・・・
プレッシャーかけませんから どうぞ
Posted by ケィ at 2007年02月20日 01:13
Simaさん、どうもです
フロント周りの差は特に大きく見えますね。
後半はフィンなどで上からは判らない部分が多いですね。
空力の考え方の違いなんでしょうね。
どちらも完成型ではないにせよ、これで結局は同じような速さを発揮するんだろうから、面白いですね。
Posted by ビートニク at 2007年02月20日 05:49
ケィさん、おはようございます
そこの掲示板だと思います。
こんな所を見ると、英語の出来る人が羨ましいです。
所でケィさん、Operaでお邪魔すると、表示が…画像と文字が重なるんですよ。
Posted by ビートニク at 2007年02月20日 05:57
こんばんわ  うちのサーバー元気ないみたいで ご迷惑おかけしました
1枚だけセーブできました

Operaの件 やはりズレが起こりますか
ねすけでも 起こっているんでしょうね
ぼくの所から見ると、ビートニクさんのところにも、ズレてるの、やっぱりあるし・・・

こそっと、悪口いいますけど
ブラウザ屋さんも、困ったもんですね
シェアの競争とかで、金が絡んでるから・・・お互いに共通化できないのよねw

げいつのところも、感心しないけど、
なにせ、来訪者の9割近くがIEですから
自身のリソースしれてますから、しばらくはおとなしくしてましたけど
やっぱり、表現を加速させられるスキル使ってみたくなりますもので・・・
ごめんなさいと、いうしかないんですね
Posted by ケィ at 2007年02月20日 23:13
ケィさん、こんばんは
やっぱり1枚だけでしたか…良い方法はありませかね?折角なので。

Operaは圧倒的に少数派ですからね。色々あります(^_^;
でも、慣れると使いやすいんです。

Posted by ビートニク at 2007年02月20日 23:21
ほんとに お手数かけまして
たぶん 1枚ずつだと エラーしないと思います
おねがいできれば、ぼちぼちと で
Posted by ケィ at 2007年02月21日 01:15
ケィさん、おはようございます
じゃ、少しずつ上げます。
Posted by ビートニク at 2007年02月21日 05:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと