2007年02月17日

亜久里ネタ

週刊オートスポーツ臨時増刊
LANCER WRCさんに亜久里のコメントが載っていると教えていただいたので、今年初めて買ってみた。(三栄書房さん、申し訳ない)
 
まだ、あんまり読んではいないが…
巻頭SPECIALインタビューは、ボリュームは少ない物の、SuperAguriF1Teamの現状を知る上で興味深いインタビューだ。
改めてハッキリしたのは
●SA07のモノコックは栃木製
●SA07はSA06に似ている(空力はプレストンが中心に開発?)
●資金には苦労している模様…メインスポンサーは?流れた?

…と言うことは、知的権利はSuperAguriF1Teamが所有しつつ、モノコックは栃研で製造→リーフィールドで完成?
エンジンやギヤも栃木なんだから、そのまま栃木で作るのか?
製造と知的所有が単数で初めてコンストラクターと認められるという、フランク・ウィリアムズの主張とはズレがあるが、トロ・ロッソよりはまともな気がする。
 そして心配した通り、スポンサーの獲得には苦労しているようだ。オランダ君を金曜日に乗せると言っていたのも、この問題があるからに他ならない。結局、金蔓にも逃げられてしまって、資金問題が一番の障害かも知れない。
色々あるけれど、バーレーンで登場予定の“レーススペック”が楽しみだ。

んが、この記事を読んで感慨深かったのが亜久里の顔。
aguri_suzuki07.jpg
お父さん(ジャッキー…女子プロレスじゃないです(^_^;)に似てきたような気がする。
随分前に何かの記事で見ただけの記憶しかないが、フランス人とのハーフだったと記憶している。(亜久里はクオーター)
そして、亜久里の父のエピソードは林みのるのエッセイ
鈴木亜久里は友達じゃない。」が面白い。

関連エントリ:告白します


posted by ビートニク at 12:43| Comment(18) | TrackBack(1) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シャーシは栃研製ですか…。同じホンダでも、ホンダとは別会社の栃研ですから、ホンダワークスとは知的所有権は被らないと思いますが、そこらへんは判断が難しいですよね。でもSAF1はホンダもチーム名の冠なわけだし、良いと思うんですがね…(;^_^A

亜久里さんのお父様がフランス人と言うのは知っていましたが、顔までは見た事がないですねぇ…。

Posted by 考える葦 at 2007年02月17日 14:26
考える葦さん、こんにちは
亜久里はホンダのBチームではなく独立したチームだと何度か言っていますからね。

ごめんなさい。言葉が足りませんでした。
オヤジさんがハーフです。
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 14:56
亜久里のお父さんはジャッキー鈴木でしたっけ?フランスのハーフなんですね。亜久里の名前も変わっているなと思ってたんですが、名前の由来は根本進の漫画「クリちゃん」に登場する兄弟、アッちゃんとクリちゃんからだとか。
Posted by anno at 2007年02月17日 16:02
栃木製というのは栃研で設計ということでしょうかね。さすがに栃研内で焼くというのは現実的でないので・・・リフィールドで焼くほうが・・・。どちらにしても知的所有権という意味では栃研持ちということになりますね。でも、SA06に似ているというのは、ひと安心です。

資金面は予想通りですね、残念ながら。これは妄想ですが、もしかしたらHONDAとスポンサーのやりとりをしているのかもしれません。上手くシェアできるように話し合いが持たれているとすれば、HONDAのカラーリングがなかなか発表されない理由も理解できます。

アグリさんってフランス人のクォーターだったんですね。F1とは無縁の某ブログで親父さんの写真を見たんですがハーフには見えなかったです。てっきり母方かと思ってましたw 頑固親父って感じで確かに記事の写真に似てますね。
Posted by Sima at 2007年02月17日 16:32
足回りなどはきっとRA106に近いのかもしれませんね。ともあれSA06に近いという話は安心材料ですね。
しかし、やはりスポンサー問題は厳しそうですね。
まだまだF1にデビューして2年目。
すべてがクリアになるというのもムシが良い話なのかも知れません。だからこそフランクおぢさんも長年苦労してきたわけで…
ともあれ無事にSA07がデビューすることを心から祈りたいと思います。
Posted by カンジ at 2007年02月17日 17:55
annoさん、どうもです
>アッちゃんとクリちゃん
どんな漫画なんでしょうねぇ。
チョット世代が違うようです(^_^;
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 22:01
Simaさん、どうもです
僕は「モノコックは栃木で作った」という亜久里のコメントから、言葉通りに栃木で焼いたかと…以前にも何処かでコメントした、ホンダ内部の倶楽部活動的な過去がありますから…
HONDA R&D F1 RC1.5x & RC2xとか、何台かあるみたいです。
Honda Collection Hallに在るようですね。
動画リンク:http://netwarp.ddo.jp/rhv/ram/rc.ram
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 22:11
カンジさん、こんばんは
SA06に近いってのは、外観の印象だと思います。
内部に関しては彼は判らないと(^_^;
どうやら亜久里の一番の問題は資金のようですね。メインスポンサーが決まるかと思えば、それもどうなったのやら。
亜久里はおべんちゃらが使えない性格でしょうから…メインスポンサーもホンダで!?
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 22:14
メインスポンサーの件は、残念ながらそんな感じですね。
「日本の企業はこうした活動には(世界規模のスポーツなのに)、全然興味を持ってくれない…」
ファンとしてはさびしいですねえ。
Posted by beach at 2007年02月17日 23:09
beachさん、こんばんは
亜久里って正直な人みたいだから、曲げないんでしょう。多分、ビジネスで割り切れない部分が亜久里自身の中にあると思うんです。
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 23:30
RC-F1はあくまで試作車ですからねぇ。テストカーになったRA099は背景がどうであれダラーラが製造しましたし・・・。現代F1の現役レースカーのモノコックをいきなり作れるほど設備的にも技術的にも成熟しているとはちょっと思えないです。国内では童夢に委託すれば可能かもしれませんが・・・。

そう言えば、ホンダジェットの機体素材って・・・。仮にカーボンだったとして内製しているとすれば可能でしょうね。
Posted by Sima at 2007年02月18日 01:44
Simaさん、おはようございます
RCシリーズは随分前の物ですね。
設備は残っている可能性がありますけど。
ホンダジェットは何処でやっているんでしょうね?アメリカだったりして?
童夢は…
「童夢カーボンマジック」=米原
「童夢コンポジット・タイランド」=タイ
でした。製造キャパは大きいようですね。
Posted by ビートニク at 2007年02月18日 07:46
ホンダジェットは胴体がカーボン複合材一体成形構造ですね。全て自社製で、エンジンさえも自社製のターボファンエンジンを積んでいるとか。生産工場はノースカロライナに作られたと聞きました。
Posted by anno at 2007年02月18日 14:42
annoさん、どうもです
飛行機部門はアメリカですか。
だとすると、文字通りの製作は何処なんだろう…
Posted by ビートニク at 2007年02月18日 17:53
 ビートニクさん,こんばんは!
 オートスポーツ誌の記事,おもしろい内容でしたね。亜久里代表の鋭い眼光は,確かに父親に似てきましたね(^^)
 「栃木で作った」は,言葉通りのものでしょう。それが研究所内なのか,童夢への委託かわかりませんが,米原の童夢カーボンマジックは,レーシングカーの為だけの施設ではないようですし,規模は問題ないでしょうね。
 メインスポンサーについては,交渉していた日本企業が流れたっぽいですね。亜久里代表の言う「ホンダと詰めなければならないこと」は,技術的なことよりも,スポンサーのことでしょうね。2年目も厳しそうです・・・。ではでは!
Posted by KAZ at 2007年02月18日 18:25
航空機の研究開発を行っていたのは和光基礎技術研究センターです。航空機用のエンジン研究は和光西研究所がやってますよ。
Posted by anno at 2007年02月18日 19:25
KAZさん、こんばんは
亜久里、以前は余り思わなかったんですけど、もう少し丸い顔になったらそっくりですよね。
雰囲気からすると、資金のやりくりで困っているようですね。
Posted by ビートニク at 2007年02月18日 20:49
annoさん、どうもです
ジェットは和光+アメリカですか。
ホンダって多彩ですよね。
Posted by ビートニク at 2007年02月18日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

誰に似た?
Excerpt: ひさびさに雑誌(AUTO SPORT)など買ってみました。冒頭に亜久里さんのインタビューが掲載されていたもんで。で、その記事によるとSA07はRA-106似というよりはSA06に似た外見を持つらしいの..
Weblog: tommyの落書帳
Tracked: 2007-02-17 22:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと