2007年02月17日

ルノー二題

GPMA脱退
ルノーがGPMAを脱退したようだ。(F1通信F1-LIVE.com
丁度一年ぐらい前だったか、カルロス・ゴーンが今後もF1を続けるか否か話題に上がっていた時に、GPMAの脱退も少しだけ噂になったように記憶している。
印象では、その時からGPMAとFIAの和解への動きが進み出したような…
尤も、今ではGPMAに代わる
Formula One Manufacturers’ Advisory Commission」
がFIAの内部に作られることになったのでGPMAは役割を終えているとも言えるのだが…
関連記事:F O M A C ? 設立
 
Renault admit tyre performance struggle
autosport.comの記事。
ルノーのエンジニアリング・ディレクター、パット・シモンズが、タイヤの性能を引き出すことに苦労していると語っているようだ。
ブリヂストン側としては、タイヤの劣化=ロングランに関しては良い状態だと語っているようなので、悲観する程でもないと思う。
ルノーはタイヤの初期性能を引き出すのに苦労しているようだ。暖まり難いのかも知れない。
もしかすると、マシンの重量配分やサスペンションのジオメトリの見直しが必要になるのかも知れない。であれば、以前指摘したサスペンションのプッシュロッドの形状が中途半端なのも頷ける。(バルセロナテスト13日写真
ルノーの目指すレベルの高さが判る気がする。
とは言え、今シーズンはサスペンションはテストをこなしてから見直すと最初から言っているチームが多いように思う。
確か、フェラーリ・HONDA・レッドブルは端からそう明言している。バーレーンでのテストが本番仕様になるのだろう。


posted by ビートニク at 11:10| Comment(8) | TrackBack(4) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もはやGPMAの役割はほとんどありませんからね…。一時期の勢いはどこへやら…(;^_^A モズレー爺さんに抱き込まれる形で瓦解へ向かうのでしょうねぇ…。

ルノーのみならず他の旧MI勢もタイヤの温まりに苦心していると言うのは、裏を返せば昨年はそれだけMIの性能が良かったと言う事でしょうかね…?それともBSが今年用意したタイヤはFIAの注文通り、性能が昨年より劣ってると言う事でしょうか…。
Posted by 考える葦 at 2007年02月17日 14:18
考える葦さん、どうもです
FIAの言いなりにならない勢力があった方が健全だと思うんです。
タイヤに関しては、2秒は遅くするようにと言われているようですが、どうでしょう?
マクラーレンは上手く行っているようですね。
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 15:26
フェラーリもそうですが、ホンダもホイルベースのばしてますよね。重量配分など調整しているようです。ルノーがタイヤに苦労しているというのは、それだけミシュランに適応した車だったということなのでしょうね。
Posted by anno at 2007年02月17日 16:14
FOMACなんて新たに作ったんですね。実効性があるんだろうか。

ルノーはタイヤの使い方が上手かったと言われてますから、ある意味でタイヤメーカー変更の影響を一番受けているとも言えますね。

ただ、フェラーリも見直すと言っているのなら、去年のタイヤとも違うんでしょうね。ホイールベースを伸ばしているということは、荷重変化を抑えようとしているんでしょうか。
Posted by Sima at 2007年02月17日 16:43
annoさん、どうもです
ルノーは去年の暮れだったか、フェラーリがマス・ダンパーを使わなかったんではなくて、使えなかったんだと言うのが判ったとか語っていた記憶があります。
ブリヂストンとミシュランはかなり違うんでしょうね。
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 21:50
Simaさん、こんばんは
ルノーは大変かも知れませんね。
次の合同テストが重要ですね。
フェラーリもホイールベースを伸ばしたというのは、今年のタイヤの性格を現しているんでしょうね。穏やかな挙動が要求されるんでしょう。
Posted by ビートニク at 2007年02月17日 21:55
ふぉまっく(FOMAC)は多分、駄目でしょうねぇ。
GPMA同様に存在の意味がわからん!
Posted by REDFIVE at 2007年02月18日 13:35
REDFIVEさん、こんにちは
やることと言えば、分け前よこせ!ぐらいでしょうか??
Posted by ビートニク at 2007年02月18日 13:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ルノーがGPMAを離脱
Excerpt: ルノーが、GPMAを離脱したことを発表しました。今後は、フェラーリやトヨタなど、全てのマニュファクチャーと協議しながら働いていくとしています。これで、GPMAは、BMW、ダイムラークライスラー、ホンダ..
Weblog: F1とサッカーテレビ観戦記
Tracked: 2007-02-17 13:24

【NEWS】 ルノー GPMAを離脱
Excerpt: ルノーF1チームは本日、GPMAを離脱したことを発表した。 これによりルノーは、F1の将来についてFIAと建設的な対話を行い、 フェラーリやトヨタなどのF1に参加する全てのマニュファクチャーと ..
Weblog: F1情報サイト Red-5
Tracked: 2007-02-17 15:29

F1(1139) ルノー、ブリヂストン・タイヤに苦労
Excerpt: ルノーのパット・シモンズは、この冬季テスト期間中にブリヂストン・タイヤとのマッチングに苦労していることを明らかにしている。      「11月に、我々はメルボルンまではタイヤに関して学ぶ事だらけで..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2007-02-17 17:44

ルノーが遂にGPMAを脱退
Excerpt: これでGPMA加入は3チームのみに・・・
Weblog: Il Leone
Tracked: 2007-02-18 13:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと