2007年02月14日

フェラーリのバージボード

F1TECHNICALに小さいが興味深い記事が出ている。
 
その記事は「What used to be a barge board...
フェラーリのバージボードについての記事だが、写真をどうぞ。
こんな細かい調整をしているとは…空力が細かいところまで開発されている証拠だ。この小さなボードで、クーリングとドラッグの低減に貢献しているらしい。


posted by ビートニク at 20:15| Comment(6) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがーフェラーリって感じだね。
開発に携わった方に拍手パチパチです。
キミ様が乗るんかねぇ〜??
Posted by chichami。 at 2007年02月14日 21:48
素人目には、有るのと無いのとではだいぶ違うと言う事はわかるのですが、その形によって機能も大きく(?)異なって来ると言うのは、どうにもイメージがわかないくらい、細かい話になりますね。

しかし、こう言った小さな開発の結果が一年後に大きな実を結ぶのでしょうね。もちろんそれがフェラーリとは限らないわけですが…(;^_^A
Posted by 考える葦 at 2007年02月14日 21:59
chichami。さん、こんばんは
頑張ってるよね。今年も速そうだし。
Posted by ビートニク at 2007年02月14日 22:37
考える葦さん、こんばんは
ここまで煮詰まっているのはたいした物だと思います。開幕でどうアップデートしてくるか…
Posted by ビートニク at 2007年02月14日 22:38
単なる板じゃないことは分るのですがw無限の選択肢の中から状況に応じてベストなものを探る困難さというのは計り知れないものがありますね。あのギザギザにも意味があったわけだ。
Posted by Sima at 2007年02月15日 08:35
Simaさん、こんにちは
あの小さなパーツの有無、バージボードのギザギザの有無でどれだけ変化があるのか、知りたいですよね。
素人には判らない領域ですね。
Posted by ビートニク at 2007年02月15日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと