2007年01月23日

ラウンチに問題?(追記アリ)

Super Aguri F1 Teamが、SA07のクラッシュテストで問題を抱えている…
autosport.comに載っている記事です。
たかちゃんまん さんから教えていただきました。
 
クラッシュテストの基準は、予め判っていることなので通るための強度計算は可能だと思います。何処をどのように作れば通るかは判るはず。
…なのに通っていないのが事実であるならば、SA07(RA-107もか?)は基準ギリギリを狙って作られたのだろう。
だけれど、一度通らなかっただけのことなので、補強して受けるだけだろう。
…そのための重量増がどれだけあるのかは不明だが、予め補強されたところに追加するだけなので大きな問題ではないと思うのだが、どうだろう?

※追記
コメントにも書いたが、カーボンシートの種類の選択や貼り合わせる繊維の方向、それぞれの工程の確実さ等で強度に計算を下回る要素があったのかも知れない。ゆとり値の設定が厳しすぎたのかも知れない。そう言った点が原因であるのなら、チームの若さが出た、或いは人材不足の影響が出たと言えるのだろう。
尤も、自チーム内で製作しているという前提だけれど。
参考資料:クラッシュテストの要求値1要求値2リジッドシェル製作工程
更に追記
annoさんのコメントにもありますが、リアの強度不足だったようです:F1LIVE.com
リアのと言っても、どのように不足していたのかが不明なのでどう対応するのかは推測できません。
クラッシャブルストラクチャとなるテールランプ周辺だけで済むのか、ギアボックスまで影響するのか…ギアボックスも含むのなら、RA-107も確実に駄目なわけで…

いつものように、インフォシーク翻訳です。

Super Aguri forced to delay launch
発射を延ばすことを強制されるスーパーアグリ
By Jonathan Noble ジョナサンノーブルによって
2007年1月22日月曜日、17:36 GMT

 スーパーアグリは、彼らの新しい挑戦者と最初の衝突テストに失敗した後に彼らの2007台の車の開始を延ばすことを強制されました、 autosport.comは学びました。
 SA07は栃木のホンダの研究開発能力から製造されています、しかし、モノコック構造が義務的なFIA衝突テストを落第したので、最初に動く初期の次の月の希望は打ち砕かれました。
 新車が来月初のバーレーンテストで市場に出されることができたという可能性がありました、しかし、車が2月の遅くに初めて走るだけであることは現在ありそうに見えています。
 スーパーアグリは、シーズン前の若干の印象的な時間を著しくホンダRacingのRA106に似ている彼らの臨時の車で困難に設定しました。
 ホンダ日本がデザインに知的所有権を取得したあと、チームはその車の発展バージョンを走らせる予定になっています。
 それが再び提出されるときそれが衝突テストにパスするのに十分強いように、ホンダとSuperアグリは現在車に変形に取り組み始めます。
 彼らが季節の始まりの前に厳しいFIAテストにパスしなかったならば、車は競争することができません。


posted by ビートニク at 06:18| Comment(26) | TrackBack(10) | SuperAguri F1 Team | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝からショッキングなニュースを聞かせてすみませんm(__)m。

先日のトーチュウには2月第2週には何てチーム関係者が言ってたと書いてました。クラッシュテストに受かるつもり前提で発言したならば想定外ですから。

まあ見守るしかないですね。泣
Posted by たかちゃんまん at 2007年01月23日 06:41
おはようございます!
今PC開いてびっくりしました〜!!
大丈夫なんでしょうか・・・

それともこれがシャシー問題に対するFIAの無言の圧力なんでしょうか?・・・
Posted by えす1964 at 2007年01月23日 08:09
そう来たか…と言ったところでしょうかね…。

もちろんクラッシュテストは安全面の問題なので、クリアするのが当然の義務なのですが、いくら若いSAF1とは言え強度不足と言うあまりに根本的なミスをするのでしょうか…。これまでの経緯があるから、変に勘ぐりたくなりますよね…(;^_^A

まぁ、もう一度基準を満たしてテストを受ければ良いだけなので、昨年の困難に比べれば造作も無い事でしょうが…。新車デビューが少し遅れるのは残念ですね。
Posted by 考える葦 at 2007年01月23日 09:20
たかちゃんまん さん、おはようございます
教えて下さって有り難うございましたm(__)m
少しずれ込むだけでしょうから、無問題ですよ!
昨年の段階では今月下旬が当初の予定でしたから、既に判っていたんじゃないですか?
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 10:20
えす1964さん、おはようございます
大丈夫ですよ!確証はありませんけど。
以前マクラーレンだったか?、クラッシュテストに引っかかったことがあったと思います。
検査は厳密だと思います。そこに作為はないと思います。
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 10:23
考える葦さん、おはようございます
クラッシュテストに作為はないと思うんですけどね。
えす1964さんへのコメントにも書きましたが、トップチームでもやった経験がありますから。
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 10:30
なかなか朝からパンチのあるニュースでしたね。

クラッシュテストに不合格ってのはときおりありますよね。
今年は更に厳しくなった様ですから、大変でしょう。
ノーズコーンの潰れ方にも規定があるらしく、そういうので
不合格なんてのもあるみたいですしね。

多少のスケジュールの遅れは出るでしょうけど、私はそんなに
心配していません。だって去年の今頃はまだテストで走らせる
クルマすら無かったんですから。
Posted by もり蔵 at 2007年01月23日 10:44
上手くいきませんねぇ〜。マシンのラウンチ。コレは、程度の問題だと思うんですよね。来月の第二週のラウンチアウト説ですが不合格の範囲の程度が軽ければ、駆るいい修正のうえでこのままいくと予想し、重度であれば2月下旬辺りと読んでいますが如何でしょう
Posted by LANCER WRC at 2007年01月23日 10:51
こんにちは。
このクラッシュテストをクリヤしても、例のシャーシ問題はどうなんでしょうね?
折角マシンが出来上がって開幕したら、ダメ〜とか、速かったらダメ〜とか、遅いから良いよ?とか・・・いつはっきりするんでしょうかね〜(不安!)
Posted by デヴィッド at 2007年01月23日 12:16
新しい衝突保護規制によりマクラーレンが変更した点が書かれてあり、参考になると思います。新しいリアクラッシュストラクチャーはそれまでのものより著しく幅が広く鈍角になっている。別のマシンや物体の貫通を防ぐためにドライバーセルの側面には、6ミリ厚さの層状パネルを装着しなければならない。ドライバーの正面保護も改善され、クラッシュテストの衝突速度が1秒当たり14メートルから15メートルに引き上げられ、フロントとリアの両方について減速速度が引き下げられた。以上、F1通信さんからの引用です。
Posted by anno at 2007年01月23日 12:55
ビートニクさん、お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします!

今朝このニュースを知って、ビックリして目が覚めました。
当方の記事に、こちらの記事のリンク貼らせて頂きました。

クラッシュテストは強度を増せば何とかなりそうですが、ずっと言われているシャシーの問題も考えると、やっぱり不安です。
チームの若さ、なんでしょうか?
Posted by yamaco at 2007年01月23日 15:09
この件に関してはオイラもさほどナーバスには受け止めておりません。

ただ…本当にただ単に強度なのど問題でパスをしなかったのか?あるいはシャーシ問題の未解決ということでパスしなかったのか?と少しだけ勘ぐってみたり?(爆)

うまく言えませんがクラッシュテストを受けられる=合法シャーシってことなのかな?ってことですね。
Posted by カンジ at 2007年01月23日 17:04
さぁ、今年もハラハラドキドキのスーアグショーの幕開けです(笑)。

この問題で一番残念なのは我々の目の前にSA07が姿を現すのが先に延びたことでしょうね。
Posted by tommy at 2007年01月23日 19:11
もり蔵さん、こんばんは
僕も同じくです。
「暫定」でタイヤの把握は出来ていることでしょうから、後はシミュレーションで何とか…空力やバランスが大きく変化するなら、確認は必要でしょうけど、全くテストが出来ないわけでもないでしょう。
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 20:18
LANCER WRCさん、こんばんは
2月下旬が予想されているようです…割と大掛かりな修正なんでしょうか?
軽い修正でも、レース用やテスト用のシャーシも造らないといけないので、それで遅くなるんじゃないですかね?
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 20:20
デヴィッドさん、こんばんは
僕が思うに、HONDAとは見た目が変えてあるんじゃないかと…
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 20:22
annoさん、こんばんは
 フェラーリでさえ10sの重量増と言っていましたよね。
 チーム(制作陣)は、規則上の変更を把握している筈という前提で記事を書いています。
が、例えばカーボン繊維の張り方や種類の選択、さらには製作工程で微妙に強度に差が出たりするんじゃないかと思うんです。ギリギリを狙って作った場合ですけど。
 もしかすると、この辺りに経験不足・スタッフ不足が現れるのかな?なんてね。
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 20:27
yamacoさん、こんばんは
こちらこそ、よろしくお願いします
>チームの若さ、なんでしょうか?
僕もそう思います。
強度計算にゆとりが無かったこと、或いは製作に未熟な部分があった…
シャーシの承認問題は…見た目を変えているんじゃ?なんて思っているんですよ。
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 20:30
カンジさん、こんばんは
シャーシの承認問題とクラッシュテストは別の部門が担当すると思うんです。
テクニカルレギュレーションとスポーティングレギュレーションだったかな…

でも、多分大丈夫だと思います。
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 20:33
tommyさん、こんばんは
ですね!
色んな意味で、僕等を楽しませてくれます。
SA07が見られるのが何時になるやら…
Posted by ビートニク at 2007年01月23日 20:35
こんばんは
思わぬトラブルが起きましたね。
重量バランスに影響が出ない程度の補強で済めばいいのですが、、、
22日と噂されていたRA-107のシェイクダウンの様子が聞こえてこないのも気になります。

19日のチーム代表会議の翻訳記事が各所でアップされてますね。予想通り、ですが、エクレストンが提示した「妥協案」の中身も興味あります。
Posted by mar at 2007年01月24日 00:54
nonochiさんの記事によれば、新しく改正されたリアの衝撃テストが不合格だったということです。
Posted by anno at 2007年01月24日 01:00
marさん、おはようございます
テストを通らないのは通るようにするしか方法がないですね。
RA-107のシルバーストーンの記事は、写真無しだと幾つかの記事がりましたけど…翻訳サービスも利用しないでスルーしましたから(^_^;

会議の方は興味がありますけど、本当はそんなのが必要ないやり方での新車作りが良いに決まっているんですけどね。
Posted by ビートニク at 2007年01月24日 05:33
annoさん、おはようございます
リアのストラクチャ…ギアボックスも含むのかな?
テールランプ周辺だけなら、重量バランスを除けば、対策は簡単…サイズが変わるのなら空力に影響が出ますね。
Posted by ビートニク at 2007年01月24日 05:35
おはようございます。
RA-107の記事、あったですか!見逃してました。
明日のラウンチが楽しみですね。
Posted by mar at 2007年01月24日 08:59
marさん、どうもです
記事と言ってもごく短い物ばかりで…
発表が楽しみです。
Posted by ビートニク at 2007年01月24日 12:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

なに〜〜〜〜?!!!
Excerpt: 01/23(Tuesday) SAF1,クラッシュ・テストに不通過先日,SUPERAGURIF1TEAMは今シーズン用のニューマシン「SA07」をFIAのクラッシュ・テストにかけたが,この衝撃試験に「..
Weblog: ありきたりの毎日の中で
Tracked: 2007-01-23 08:15

SA07、ピンチ!?
Excerpt: かなりショックです…。   S・アグリ『SA07』、クラッシュテスト不合格 英『オートスポーツ』誌が報じるところによれば、『スーパー・アグリ・F1』チームの2007年新型車『SA07』..
Weblog: 佐藤琢磨応援日記
Tracked: 2007-01-23 10:02

SA07に新たな問題?
Excerpt: autosport.comでの記事です SA07が、クラッシュテストを通過しなかったそうです。 限界ギリギリで設計されたんでしょう! 大丈夫だとは思いますけどね。 たかちゃんまん さんから教えていた..
Weblog: TRT Communication
Tracked: 2007-01-23 10:10

SA07が…
Excerpt: マサカ、そんなことに… スーパーアグリの新車・SA07が、クラシュテスト不通過だそうです。 ネタ元はF1Newsさんの朝イチメールです…。 下手すると、開幕戦はSA06Bで、なんてことも… ..
Weblog: SAF1-TOPICS
Tracked: 2007-01-23 11:12

たいちょうぷ!たいちょうぷ?
Excerpt: どうやら、2月の前半に登場予定だったスーパー・アグリ・フォーミュラーワンの次期新型マシンSA07はクラッシュテストが合格できなかったようですね…スーパーアグリ、クラッシュ・テスト不合格(F..
Weblog: カンジのあなた!(H氏公認)
Tracked: 2007-01-23 13:58

SAF1に関するニュース3本
Excerpt: 忙しさでPCをゆっくり触る事も出来ず、週末に更新もままならない中… やっと井出君の記事をUPでき、「久々に更新できて良かったわぁ」と思ってましたら。 07年のF1は、どんどんと開幕に向けて動き出し..
Weblog: yamacoのぼちぼちなブログ
Tracked: 2007-01-23 14:53

リヤが不合格!?
Excerpt: え〜っと、今回のテストでリヤの何チャラちゃーって言うところがダメだったみたいです(泣 フロントは合格しておりサイドは?ですが自分的には!次回のテスト、皆さんも心配があると思いますが無事合格できる..
Weblog: Super-AGURI 2007! Japanese power match!
Tracked: 2007-01-23 21:41

スパグリ2007年新車、クラッシュテストに不合格・・・
Excerpt: イギリスのモタスポ誌「AUTO SPORTS」誌によると、どうやらスーパーアグリF1の新車「SA07」(仮)がFIAのクラッシュテストをパスできなかったようだ。 これにより、新車開発のスケジュー..
Weblog: Escape Zone
Tracked: 2007-01-23 22:31

SUPER AGURI、クラッシュテスト不合格
Excerpt: SUPER AGURI、クラッシュテスト不合格
Weblog: ちぇりーのスポーツ紙摘み食い
Tracked: 2007-01-25 11:06

SUPER AGURI SA07、クラッシュテスト不合格!?
Excerpt: autosport.comの伝えるところによると、来月発表予定とされていたSUPER AGURI F1 TEAMの2007年用マシンSA07がFIAのクラッシュテストに不合格となってしまったらしい..
Weblog: にこらすの徒然なるままに・・・part2
Tracked: 2007-01-25 19:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと