2006年11月18日

F1今日の小ネタ

アンソニー・デビッドソンの年収
は、推定で25万ドル(約3,000万円)以下になるだろうとのこと。
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061117113018.shtml
 ミハエルとて、デビューでは持参金持ち込みなのだ。
スポット参戦済みとは言え、レギュラーになるのは初めてのアンソニー。
持ち込みどころか、収入があるだけでも立派。
TRT07-bannur-S.gif
 
FIAとGPMAが和解!
 新シリーズの立ち上げを武器にして、バーニーの不透明な支配からの脱却を図るべく交渉を続けていた自動車メーカーで組織しているGPMAだが、遂に和解に至ることになった。
 フェラーリが抜けた後、数を補うべく、日本メーカーチームが加入したのだが、ウィリアムズが抜け、レッドブル、トロ・ロッソは当初から新コンコルド協定にサイン済みだった。そう言えば、我がSuper Aguri F1 Teamもチームの承認と同時にサイン済みだ。
 思えば、フェラーリがGPMAを脱退した時点で勝敗は決まっていたのかも知れない。フェラーリは通常の分配金の他に、バーニーからの何かを得ている節がある。最近ではルノーも焦臭い噂があった。
そんな流れを見たら、こうなるだろうとは想像が出来たのだが…
 んで、勢いが発言させたのだろうが、モズレーは将来のエンジンに
エンジンから出る異常な高温、もしくは廃熱の回収と再利用も検討…中略…小型化され、ターボチャージャー付きエンジンの使用で、自動車産業の傾向を反映させるような、まったく新しいF1エンジンの可能性を考えている
とまで語っている。
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061117083224.shtml
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061117102401.shtml
http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/061117032944.shtml


ラベル:F1 Super Aguri F1 Team
posted by ビートニク at 23:09| Comment(11) | TrackBack(1) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【こんばんわ】(*´∀`)ノシ

アンソニーの年俸は約2500万円とどこかで見掛けました(A;´・ω・)
モンタニーも大変でしたもんね(・ω・` )

『中途半端』にレポあげました(●´Å`)
突っ込みお待ちしてます((。´・ω・)。´_ _))ペコ
Posted by mikle at 2006年11月19日 00:20
mikleさん、こんばんは
はやっ!
お邪魔しまーす!
Posted by ビートニク at 2006年11月19日 00:35
アンソニーはペイドライバーなわけが無い…と思っておりましたが、たかだか2500万円でもSAF1には結構きついかも知れませんね…(;^_^A 亜久里さん頑張ってスポンサー見つけないと…。

GPMAについては、色々と思う所もありますが、まあ、予定調和と言いますか…。所詮こうなる運命だったのでしょうね。元の木阿弥にならない事を期待したいです。でも結局、FIAの利益かメーカーの利益かの選択しか無かったからな…(爆)
Posted by 考える葦 at 2006年11月19日 01:39
ターボの言葉にビクッと反応してしまいました。エンジン開発凍結期限が切れる2011年より許可される、という話しがありますよね。1986年頃は、予選時に最高5.5〜6.0バールのブースト圧をかけていて、BMWで1500馬力、ホンダが1350馬力とかいわれていました。ポップオフバルブでブースト制限するのか、いくらぐらい?NAと混走となる場合、排気量制限はどうするのか、半分ではすまないとか。高温となるため、排熱利用、ノッキング対策も進むか。ドライバビリティ向上のため、低回転時の電動モーターの使用とか、色々思い浮かぶのですが。
Posted by anno at 2006年11月19日 02:44
考える葦さん、おはようございます
 多分、アンソニー分の出費はホンダから…
メインスポンサーは最初からホンダだと思うんです。
 GPMAは所詮、商売敵同士の団体ですからね。まとまるのは至難でしょう(汗
Posted by ビートニク at 2006年11月19日 10:23
annoさん、どうもです
きっと、単純なターボではなくて、排気量も今までの半分などではなく、ハイブリッドか何かで燃費制限もあるような気がします。
そうなるとコスワースの出番はなくなりますね。フェラーリも、フィアットにその技術があるのか…かなり怪しいかも。
Posted by ビートニク at 2006年11月19日 10:39
ハイブリッドでターボですが。そうなるとトヨタ、ホンダあたりしかないのでは?ハイブリッドの技術は日本が1番進んでいると思います。海外のメーカーは燃料電池の開発のほうにシフトしていたようなので。乗用車のハイブリッドはハイテクのカタマリみたいなものですが、F1で許されるのでしょうか?
Posted by anno at 2006年11月19日 23:58
マカオGP残念でしたね、せっかく日本人がPPとったのに。琢磨以来のマカオ制覇なりませんでした。
Posted by anno at 2006年11月20日 04:42
こんばんは
ここで書く事ではないかもしれませんが
亜久里ボス SA06Bで走りました!
が、問題はボスのコメント!「テストで走らせるのは、この車ではない」 って何?
05はありえない、でもちゃんと走る車があるという事ですよね!来シーズンの為に走らすのはいったい何?
Posted by 山P− at 2006年11月20日 17:57
annoさん、どうもです。
ハイブリッドは確かに日本が進んでいるみたいですね。BMW等が進めようとしているのは只のターボでしょうか?
F1でハイブリッドを実験して、市販車にとか?

マカオGPを物にするのは大変なことなんですね。琢磨の凄さを改めて感じましたよ。
Posted by ビートニク at 2006年11月20日 19:23
山P−さん、こんばんは
キンダーガーテンの記事ですね。読みました。
僕はこの車ではなくて、ファクトリーにあるSA06(内部はカーボンギヤボックスなど来年向けのアップデート済み)という意味かと思いました。
この車は茂木でも走らすでしょうから、ずっと日本に置いておくのかと。
Posted by ビートニク at 2006年11月20日 19:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1(728) デビッドソン、2007年の収入は3,000万円
Excerpt: デビッドソン、2007年の収入は3,000万円 ・・・続きを読む そちらへ、ダイレクトにTBが飛びません。続きを読む から入って下さい
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2006-11-19 22:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと