2006年10月21日

ブラジルGP 金曜日

フリー走行1:リザルト セクタータイム スピードトラップ
フリー走行2:リザルト セクタータイム スピードトラップ レポート
SuperAguriF1Teamのリリース
始まってみれば、最終戦までアっという間。有終の美を飾って欲しい!
TRT S-Aguri-F1banar.jpg
 
ここはバンプが何時も話題になる。初日はトラックが汚れているので尚更不安定だろう。
フリー1:キミ・ライコネンがトップ。�が来るのは何だか久しぶりだ。
路面が出来ていなくて、全体にスピードが遅めだからだろう。低速区間のセクター2が速い。
SuperAguriF1Teamでは琢磨が上に来たのは、このコースを知っているからだろう。エンジンは、制限しているはず。

フリー2:ウィリアムズのヴルツがトップ。これも珍しい気がする。ヴルツもやはり低速のセクター2が速い。
HONDAは今回、悪く無さそうだ。

モンタニーがまたもやシングルの8番。慣れないコースを覚えるのも速いようだ。モンタニーとチームの仕事はこれで終わりとなった。
SuperAguriF1Teamを見ていて思うのは、金曜の好調が維持できないこと。
各チームとも、普通は土・日と路面が出来てくるに従ってタイムを削るのだが、SA06には伸び代があまり無い。SuperAguriF1Teamにとって、金曜の順位は全く当てにならないと思う理由がここにある。
先の鈴鹿で感じたが、決勝を睨んでオーバーテイクに有利なトップスピードを確保したいところだが、そうも行かないようだ。きっと、必要なダウンフォースとドラッグのバランスが悪いのだろう。
鈴鹿の直後には空気の薄いここではドラッグの多さが幾分隠れるかもと期待したが、明日がどうなるのか興味深い。
琢磨にとって、天気が荒れた方がチャンスがあるかも知れない。


ラベル:F1 ブラジルGP
posted by ビートニク at 18:11| Comment(13) | TrackBack(1) | F1 レース06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最終戦、決めて欲しいですね。
hondaは 念願のジェットを手に入れたし、ビュンと 跳んで欲しいなぁ〜
Posted by sonz at 2006年10月21日 19:24
sonzさん、こんばんは
シーズンの最後にもう一花!
欲しいところですね。
Posted by ビートニク at 2006年10月21日 21:04
>金曜の順位は全く当てにならない
そう言われてみれば、金曜日はおぉ〜!と
思う事が多いですが蓋を開けてみれば…的な感じ多いですよね。
そういう事だったんですねぇ。。。

そして今シーズンもあっという間でしたね。
去年はオフがとてもとても長く感じ開幕してからは
SA06はまだか。と長く感じた気がしたんですけど…

どのチーム・ドライバー共、頑張って欲しいですね!
Posted by yu-ko at 2006年10月21日 22:25
土日になってもタイムが上がらないというのは、タイヤを使いこなせてないとかセットアップを決めてもあまり速くならない、もしくは決まらないということなのでしょうか。これって車の性能の限界が低いところにあるってことなんでしょうね。
Posted by anno at 2006年10月21日 22:35
忘れておりました。ブラジルGP決勝の始まる前に特番がありますよ。「今夜ついに王者決定!皇帝シューマッハ最後の勇姿!!」24:45〜25:50です。ビートニクさんのところでもやりますか?
Posted by anno at 2006年10月22日 03:44
yu-koさん、おはようございます
今回も残念ながら、その傾向が続いてしまいましたね。
空力・タイヤ・サスペンション…全てに問題なんでしょうね。
琢磨は心の底から新型を望んでいることと思います。
最後はスッキリしたレースを期待したいですね。
Posted by ビートニク at 2006年10月22日 05:46
annoさん、どうもです
空力・タイヤ・サス、それぞれに問題があると思いますが、やっぱりA23ベースの限界なのかも知れませんね。
チームにデータが少ないのも問題ですけど、それは仕方がないことですから。

特番は…あるようです!
Posted by ビートニク at 2006年10月22日 05:52
お久しぶりです〜

鈴鹿から帰ってからすっかり燃え尽きておりました(笑)
琢磨にはシーズンを締めくくるいい走りを見せて欲しいですね!
鈴鹿の激走を再び!!
Posted by ほり at 2006年10月22日 09:23
モンテイロが予選のアタックでスピン、エンストしてましたね。以前もアンチストールのことが話題になっていたようなので。スピン時、パドル操作でクラッチを切れるとは限らないので、アンチストールモードに入った瞬間クラッチは自動的に切れる。通常はその後自分でクラッチを切りギアを入れ直してスタート。それができない場合はアンチストールモードに入ってから10秒でエンジンが切れる。アンチストールモード解除には再びパドル操作が必要。2004年フランスGPでバトンにアンチストールモードのトラブルがあったと思います。フォーミュラニッポンのはスタート時にエンストさせないようについたんでしょうね。
Posted by anno at 2006年10月22日 13:50
ほりさん、こんばんは
復活しましたか?!
締めくくりに相応しいレースになると良いですね。
Posted by ビートニク at 2006年10月22日 18:53
annoさん、こんばんは
アンチストールってチームによって構造が違うかも知れませんよ。
規則で決まっているんでしょうかね?
Posted by ビートニク at 2006年10月22日 18:57
アンチストールモードに入ってから10秒でエンジンが切れる、これは2006年技術レギュレーション5条16項に従っています。ドライバーが脱出行動を自分でとれないような場合、エンジンが回り続けては危険だからでしょうね。
Posted by anno at 2006年10月22日 19:33
annoさん、どうも!
規則にあるんですね。
ありがとうございました。
Posted by ビートニク at 2006年10月22日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Honda F1 中本修平 「バリチェロ、地元ファンの前で、5番手スタート」
Excerpt: クルマの仕上がりが良かっただけに、バトンの電気系トラブルは残念。 バリチェロの走りは、今シーズンの締めくくりにふさわしい熱い走りを見せてくれた。 しかし、今シーズン後半のパフォーマンスを十分に発揮..
Weblog: SONZなポチ
Tracked: 2006-10-22 06:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと