2006年10月19日

F1 今日の小ネタ 長文注意

世界自動車スポーツ会議が10月18日にバルセロナで開かれた。
とても重要なことが決められたようなので…
●07年のF1GPカレンダー変更(また変わるのか?)
日本GPは中国GPと入れ替わり、15戦目。
●GP期間中の使用可能タイヤ数変更。金曜に4セット、土日に10セットと使える本数が増える。
だが、ブリヂストンが提案していた2種類のタイヤを自由に使えるのかは記されていない。
金曜のフリー走行は2台のマシンで行われ、サードドライバーを含めてドライブが可能。また、金曜のエンジンは2レース縛りの対象外。
つまり、金・土・日×2ではなく、土・日×2となる:F1Racing.jp
●セイフティカーが入ったら、ラップリーダーは他車を追い越して、セイフティカーの後ろにつく。
●エンジン交換で10グリッド降格。
エンジンは2010年まで承認された同じ仕様を使う!?
weight penaltyと言う言葉が出るが、GTレースのようなハンディも検討されているのか?
●ギヤボックス交換で5グリッド降格。ギヤ比は、監督下に於いて一度交換が許される。
●ギヤの損傷が故意に為された物で無い場合は、ペナルティ無しで交換が許されることもある。
●レース・テスト全てに共通のECU…供給はマクラーレンの関連会社?
●フェラーリ提案の08年に二つのチームにエンジン供給をする事が承認された
●コックピットにライトによるFlag表示を義務づけ。見落としの無いように…

…カレンダーを除いては小ネタと言うには重要すぎる事柄ばかりだ(^^;
 オフィシャルの原文とinfoseekによる機械翻訳を載せます。(あまりにも酷いところは修正しました)

WORLD MOTOR SPORT COUNCIL
世界自動車スポーツ会議
18.10.2006


The World Motor Sport Council met in Barcelona on October 18, 2006. The following decisions were taken:
世界自動車スポーツ会議は、2006年10月18日にバルセロナで開かれました。以下の決定はされました:


FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP
フォーミュラワン世界選手権

In regard to the US$5 million fine against the National Sporting Authority of Turkey (TOSFED) and the Organisers of the Turkish Grand Prix (MSO), a US$2.5 million payment from MSO has been unanimously accepted. This removes MSO’s liability. The remaining monies are still owed by TOSFED.
ト ルコ(TOSFED)の全国Sporting局とトルコのグランプリ(MSO)のOrganisersに対するUS$5 100万罰金に関して、MSOからのUS$2.5 100万支払いは、満場一致で受け取られました。これは、MSOの責任を取り除きます。残りの金額は、TOSFEDによってまだ借りられています。

The following sporting regulations were approved for the 2007 FIA Formula One World Championship.
以下のスポーツの規則は、2007年のFIAフォーミュラワンWorldチャンピオンシップのために承認されました。

Practice
実行
Teams may only use two cars in any one practice session. A nominated third driver or either race driver can use these cars in the session.
チームは、どんな唯一の実行セッションででも2台の車を使うだけかもしれません。候補者に指名された3人目のドライバーまたはどちらのレースドライバーでも、セッションでこれらの車を使うことができます。
The two free practice sessions on the first day of practice have been extended from one hour to ninety minutes each.
実行の1日目の2つの無料の実行セッションは、1時間からそれぞれ90分まで延長されました。

Tyres
タイヤ
The single tyre supplier is required to provide identical quantities and specifications of tyres to all teams over a calendar year.
独りのタイヤ供給元は、暦年にわたって全てのチームに同一の量とタイヤの仕様を提供することを要求されます。
It may only provide two specifications of tyre at each Event.
それは、各々のEventでタイヤの2つの仕様を提供するだけかもしれません。
The quantity of dry-weather tyres each driver may use at an Event has been increased from seven sets to 14. A maximum of four sets will be available to each driver for the first day of practice and 10 for the remainder of the Event.
各々のドライバーがEventで使うかもしれない乾燥した天気タイヤの量は、7セットから14に増やされました。最高4セットは初日、Eventの残りのために10セット、各々のドライバーが利用できます。

Engines
エンジン
The two-race engine regulations will now only apply to the second day of practice and the day of the race.
2-レースエンジン規則は、現在実行の2日目とレースの日にあてはまるだけである。
Engines homologated and used during the last two Events of 2006 must now be used during the 2007, 2008, 2009 and 2010 seasons.
homologatedされて、2006年の最後の2つのEventsの間、使用されるエンジンが、現在2007、2008、2009と2010シーズンの間に使われなければなりません。

Safety Car
セーフティカー
When the Safety Car is deployed no car is permitted to enter the pits until all are bunched up behind the Safety Car. This is to remove all incentive for cars to be driven quickly back to the pits for refuelling when the Safety Car is deployed.
Safety Carが配備されるとき、全てがSafety Carの後で集められるまで、車は穴に入るのを許されません。これは、Safety Carが配備されるとき、車が燃料補給するために穴へ戻って速く運転される全ての誘因を取り除くことです。
Before the Safety Car returns to the pits any lapped car between cars running on the lead lap must pass those cars and the safety car. It may then proceed around the track to take up position at the back of the line of cars behind the safety car.
Safety Carが穴に戻る前に、リードするひざの上で動いている車の間のどんな一周抜かれた車でもそれらの車とセーフティカーを追い越さなければなりません。セー フティカーの後で車の列の後ろで位置を始めることは、トラックのまわりでそれから進行するかもしれません。
Before a race is resumed any lapped car between cars running on the lead lap must pass those cars and the safety car and then proceed around the track to take up position at the back of the line of cars behind the safety car.
レースが再開される前に、リードするひざの上で動いている車の間のどんな一周抜かれた車でもそれらの車とセーフティカーを追い越さなければならなくて、それから、セーフティカーの後で車の列の後ろで位置を始めるためにトラックのまわりを進まなければなりません。

Stewards
スチュワード
The stewards may now impose grid place penalties.
スチュワードは、現在格子場所刑を押しつけるかもしれません。

The following sporting regulations were approved for the 2008 FIA Formula One World Championship.
以下のスポーツの規則は、2008年のFIAフォーミュラワンWorldチャンピオンシップのために承認されました。

FIA ECU to be fitted for all testing in addition to races.
レースに加えて全てのテストに適合するFIA ECU。
A 10 place grid penalty will be issued for an engine change, as opposed to a weight penalty.
重さ刑とは対照的に、10の場所格子刑は、エンジン変化のために出されます。
A five place grid penalty will be issued for a gearbox change, as opposed to a weight penalty.
重さ刑とは対照的に、5つの場所格子刑は、ギアボックス変化のために出されます。
Gear ratios may be changed once per race under supervision.
ギア比は、監督中で人種につき一度変わるかもしれません。
Damaged gear ratios and dog rings may be changed without penalty provided it is evident physical damage has not been made deliberately.
身体的な損傷が故意になされなかったことが明白ならば、損害を受けたギア比と犬リングは罰なしで変わるかもしれません。

Ferrari’s request to supply two teams with engines in the 2008 championship has been accepted.
2008年のチャンピオンシップで2つのチームにエンジンを提供するフェラーリの要請は、受け入れられました。

A number of technical regulations were also approved for the 2007 and 2008 championships.
いくつかの技術的な規則は、2007年と2008年のチャンピオンシップのためにも承認されました。
…略…
*Pending the homologation of the circuit.
*Pendingは、サーキットの確認です。

SAFETY
安全性

A GPS marshalling system, involving a cockpit light display of flag signals, will be introduced to the 2007 FIA Formula One World Championship.
GPSを整理しているシステムは、旗信号のコックピット光表示を含んで、2007年のFIAフォーミュラワンWorldチャンピオンシップに導入されます。

CALENDAR
カレンダー

2007 FIA Formula One World Championship
2007年のFIAフォーミュラワン世界選手権
3月18日 AUS Australia
オーストラリア

4月08日 MAL Malaysia
マレーシア

4月15日 BRN Bahrain
バーレーン

5月13日 E Spain
スペイン

5月27日 MC Monaco
モナコ

6月10日 CDN Canada
カナダ

6月17日 USA United States
アメリカ合衆国

7月01日 F France
フランス

7月08日 GB Great Britain
グレートブリテン

7月22日 D Germany**
ドイツ**

8月05日 H Hungary
ハンガリー

8月26日 TR Turkey
トルコ

9月09日 I Italy
イタリア

9月16日 B Belgium
ベルギー

9月30日 J Japan*
日本*

10月07日 CN China*
中国*

10月21日 BR Brazil
ブラジル


*Pending the ASN’s confirmation.
*Pendingは、ASNの確証です。
**The 2007 German Grand Prix will take place at Nürburgring. In 2008, it will switch to Hockenheim. It will continue to alternate between these two circuits thereafter.
2007年のドイツのグランプリがそうする**Theが、(Nürburgring…ニュル)で起こります。2008年に、それはHockenheimに変わります。それは、その後これらの2台の回路の間を行き来し続けます。
(It was noted that no agreement was in place for an 18th race and there will continue to be 17 races in the 2007 calendar).
(合意が18回目のレースのために適当でない点に注意されました、そして、2007のカレンダーのレースは17であるために続きます)


ラベル:F1
posted by ビートニク at 20:00| Comment(13) | TrackBack(2) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この時期に英文と翻訳ソフトによる文をみていると一年前のことを思い出します。日本GPの前にホンダエンジンの新チームの話しが出て自分でも何か情報はないかといろいろあさっている時でした。そのなかでTRTの方々のブログを知りました。確か10月7日に最初のメンバー募集をされたのですよね。あの時は確か3人?こんなになるとは思っていませんでした。海外サイトから新チームに関する情報と思われる英文もってこられて翻訳文のせられてたんですよね。懐かしいです。そしてあの11月1日!それから承認にかけて盛り上がってましたね。
Posted by anno at 2006年10月20日 00:43
色々決まったんですね
Posted by anno at 2006年10月20日 01:00
annoさん、おはようございます
ですね。去年の今頃は大変でした。
ネタ元の新旧・信憑性の有無にかかわらず、何でも飛びついていました。ジャンキーでした(^_^;

今回決まった内容って、戦略に対する影響が大きいと思います。
Posted by ビートニク at 2006年10月20日 06:19
ォ'`ョ━━(。・∀・)ノ゙━━ゥ★

私の頭の中も入れ替えorz
初心者にも影響が大きいゎ(・ω・` )

また覚え直しデシ(。´Д⊂)うぅ・・・。
Posted by mikle at 2006年10月20日 07:34
今回の変更でなにが助かるって…
日本GPとカミさんの誕生日が離れたことです。(爆)
これで動きやすくなりました。(笑)
って、行くのかー?富士みたいな?
ただし、やはり9月10月の日本GPは天候が気になりますね。

annoさんがおっしゃるとおり去年の今頃はそれこそ大騒動でしたね。(笑)
思い返してみれば、あっと言う間の一年だったのでしょうか?
改めて、皆さんのご協力への感謝と、佐藤琢磨という人間のもつ魅力に感謝、感謝の一年だったように思えます。

あっ!ちょっと目頭が…

まだ、最終戦も終わってはいませんが今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by カンジ at 2006年10月20日 17:52
mikleさん、こんばんは
レースの流れに影響しそうなのが、セイフティカーですかね!
トップとの差を縮めるチャンスだったのが、そうならなくなりそうですね。
サードドライバーの出番も減りそうだし…
Posted by ビートニク at 2006年10月20日 20:41
カンジさん、こんばんは
 日本GPの日付は、まだ暫定のようです。
霧が発生したら、ヘリが飛べないからセッションがキャンセルなったりすることがあるそうですね。
 機械翻訳をすると、去年のことを思い出しますね。随分前のことのように感じます(^_^;
 こちらこそヨロシクですm(__)m
TRTではあんまりエントリも上げなくて(^_^;
Posted by ビートニク at 2006年10月20日 20:47
おはよう御座います、(笑)
フリー走行のエンジンブローはノーペナルティーと言うのをほかで読んで、なんじゃそりゃとおもったのですが、金曜のみ別エンジンで、土日はまたレースエンジンに戻すという事ですよね?じゃなければ、やばそうなエンジンみんな金曜にブローさせますよね(笑)めんどくさいですねえ、、、
Posted by アルヌーは二枚目 at 2006年10月21日 03:35
アルヌーは二枚目さん、おはようございます
他所でも同じ話題が出ていまして…
僕の解釈は、金曜日は“公式テスト日”だと解釈すると納得できるかと思うんです。
で、実際にどう利用するかはチーム次第ですね。
サードカー一台だけ走らせて、データ取りにするも良し、2台ともレースカー以外を用意するも良し…
Posted by ビートニク at 2006年10月21日 05:57
ビートニクさん、また混乱させてしまう恐れがあるのですが、他所の記事によると事実上サードカーは廃止で、第三ドライバーはレースカーをシェアーしてのみ走ることが可能とか?(どこで読んだか確認しないでかいていますが)そうなるとニュアンスはかわってきますよね、、、同時走行は2台だそうです、よって金曜公式テストは別エンジンということになるのではないのでしょうか?それから、ペースカーのときは遅い車は有利になるでしょう(1周回の遅れは同一周回になりますよね?)それ以上はダメでしょうけど(笑)他にも気になる部分があるので、多分記事にして見ます。
Posted by アルヌーは二枚目 at 2006年10月21日 09:23
アルヌーは二枚目さん、どうもです
金曜に走行させるのは、レースカーでないと駄目とは書いてありません。
文中の『セッション…any one practice session』が、レースも含む解釈であれば、レースカーだけとなりますけど。

なので、サードカー1台でもOKだと思いますよ。勿論、レースカーを使ってもOKです。
Posted by ビートニク at 2006年10月21日 11:12
金曜フリー走行は微妙ですね。
サードカーも含まれるのであれば、そう変わりはなさそうですが
サードカーが含まれないとなると…
でもサードカーが含まれるならばトップチームが有利になりそうですが。

SCのもビックリですが2レース1エンジンが
土・日だけなのもビックリです。
Posted by yu-ko at 2006年10月21日 15:51
yu-koさん、こんばんは
金曜日の扱いが随分変わりますね。
ファンとしては面白いのか??
エンジンに関しては、耐久性は今より後退ですよね。
Posted by ビートニク at 2006年10月21日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

TRT Communication メンバー募集!
Excerpt: 今日から君もTRTのメンバーに! 日本人の夢を乗せて世界を疾走する、F1ドライバー佐藤琢磨選手を応援しませんか? いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2006-10-20 16:30

あなたは変わってしまった
Excerpt: 昨日の記事に引き続き、またまた来年のF1についての情報を垂れ流し気味に伝えたいと思います♪ 今回はレギュレーションについてなのですが、かなり大きな変更がありますので、核チームの戦略等にも大きな影..
Weblog: poorbassistの日記的独り言
Tracked: 2006-10-21 00:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと