2006年09月24日

シルバーストーンテスト 新たなネタ?

シルバーストーンテストの写真を新しく見つけたので…
 
 
写真1 : 一番に目が行ったのが、サイドポンツーンのラジエーターへの開口部。結構塞いである。その他に、チムニーの形状が変わっているようだし、廃熱口も塞いである。
写真2 :バックミラーのステーの状態も良く判る。バックミラーの位置は、フロントタイヤの後ろで気流の乱れているであろう場所。今までの場所(ステーだけ残っている)からすれば、空力上の悪影響が少ないからだと思うが、ステーの微妙な形を見ると、空力に利用しているのかも知れない。フロントウイングはフラップも含め、翼弦長の長いタイプ。ダウンフォース狙いは明らかだ。バージボードやサイド・ディフレクターの配置も判る。
写真3 :テスト初日の物だが、フロントサスペンションの間にあるカナードが良く見える。以前は黒で、カーボンのままだったと思ったが、塗装されている。また、写真2(二日目)とはバージボードの形、下端の折り返しが違う。SA06Bからフロントのアップライトの幅が広くなっているのか?キャンバーの角度も判る。ロワーサスも若干太くなっている。
写真4 :これも初日。フロントサスペンション付け根の太さが判る。剛性確保が目的だと思う。
 実は、HONDAの今シーズン途中からの復調は、サスペンションとアップライト・ホイールの剛性アップが効いているらしいと言う話もある。未確認情報だが、設計通りの動作をさせるためには大切。
写真5 :二日目の琢磨。タマには琢磨の写真も。


ラベル:F1 SA06
posted by ビートニク at 07:49| Comment(4) | TrackBack(1) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、だいちゃんといいます。
チムニーはイタリアで21号車の左側だけに付いてたタイプと同じでしょうか?
バージボード下端、確かに変わってる様に見えますね。
Posted by だいちゃん at 2006年09月24日 19:47
だいちゃんさん、こんばんは 初めまして。
チムニーは、一部しか写っていないので…イタリアGPでの琢磨車については、左右で異なるデザインでしたね。
単純なコースだったから、内側と外側で変えたんでしょう。
 今回のテストは、盛り沢山だったようです。油圧に未だ不安があるようですけど…
Posted by ビートニク at 2006年09月24日 20:59
ビートニクさんこんばんわ
http://beatnic.seesaa.net/article/24331548.html
記事にさせてもらいました

http://www.sportnetwork.net/main/s514/st104734.htm ページ、
記述ミスから拡大して見えないリア側からの画像がありますね
http://www.sportnetwork.net/mainadmin/img/5141158860976.jpg
ほんとビートニクさんって、いつもまめにサイトチェックされていて感心させられます
Posted by ケィ at 2006年09月25日 00:32
ケィさん、おはようございます
読んでいただいてm(__)m

そのリアからのヤツ、見えなくて…良く探されましたね。根気よく数字を当てはめたんですか?何回かやって外れだったので、諦めたんです(^_^;
Posted by ビートニク at 2006年09月25日 06:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プレストン、テクニカル・ディレクターに就任
Excerpt: SUPER AGURIは22日(金)、チーム内の昇格人事を発表した。 まず、チーフテクニカルオフィサーを務めていたマーク・プレストンが、 同チームのテクニカルディレクターに就任。プレストンは、..
Weblog: スーパーアグリF1 応援ブログ
Tracked: 2006-09-24 11:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと