2006年09月02日

Goodwood Festival of Speed

今更だけど、Goodwoodの様子を納めた動画を発見したので…
http://www.goodwood.co.uk/fos/
メニューの「The action」→「Highlights of Press Day 2006」で動画が見られます。画像の大小はご利用の環境で選択して下さい。
車好きの人は是非!
 
 
スーパーカーも多数。これって何という車でしょうか?

通常の車以外にも、Soapboxと呼ばれる坂を下るだけの動力無しマシン等も面白い。

その他、“Goodwood Revival”として良い感じの車の他、第二次大戦風のコスプレをしたこんな人こんな人達も。
幅広い催しは、モータースポーツのくくりでは語れない内容。

因みに、ホンダも数年参加していて、今年の模様はこちらで。
ラベル:Goodwood
posted by ビートニク at 09:13| Comment(19) | TrackBack(0) | 好きなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グッドウッドですか!確か今日BSフジでも放送があったように思います。かつてカーグラフィックTVでも取り上げられたんですよね。グッドウッドリバイバルのほうはまた別の日にやっているイベントですね。9月1〜3日に行われてデレックベル、ジャックブラバムなど出場するらしいですね。
Posted by anno at 2006年09月02日 17:14
annoさん、こんにちは
スケジュールを良く知らないで上げておりました(^_^;
良いお祭りですよね。イギリスにモータースポーツがどれだけ浸透しているかが判ります。
Posted by ビートニク at 2006年09月02日 17:29
BSフジのは9月2日22:30からです。以前カーグラTVで取り上げられた時、新旧のレーシングカーが生き返ったかのように真剣に走っていて、みんなモータースポーツが本当に好きなんだなと思ったのをよく覚えています。日本とはだいぶ違うかな。それにしてもあの車の写真は何?モーターショー用につくられたショーカーか何かを走らせてるような感じの車ですね。
Posted by anno at 2006年09月02日 18:32
そのスーパーカーはバートゲージ(ケージ?)ですね。確かベースはMC12だったかエンツォだったか・・・MC12のベースはエンツォですがw これもあやふやな記憶ですがピニンファリーナの日本人デザイナーの作品だったかも・・・。
Posted by Sima at 2006年09月03日 00:21
マセラティバードケージ75ですか!ピニンファリーナの75周年記念としてマセラティMC12をベースに開発された車ですよね。発表は去年のジュネーブショーで、東京モーターショーでも展示されていたとか。去年のグッドウッドで初走行だと聞きました。なおバードケージはトリカゴの意味で以前マセラティにバードケージティーポ63という車があったんですよ。
Posted by anno at 2006年09月03日 01:16
annoさん、おはようございます
あちらでは、モータースポーツは身近な趣味なんですよね。観るだけじゃなくて、参加型だったり。
Posted by ビートニク at 2006年09月03日 05:46
Simaさん、おはようございます
バードケージって言うんですか!
大きいのはあまり好きじゃない僕も、この流麗なボディは…凄いと思います。
ピニンらしさもあると言えますね。
Posted by ビートニク at 2006年09月03日 05:48
annoさん、どうもです
バードケージにはそんな歴史が…
Posted by ビートニク at 2006年09月03日 05:49
マセラティは創立90周年の時かなり盛り上がったようですね。MC12も登場しレース活動再開とかいって。あれが2004年だったか。その次の年がバードケージなんですね。マセラティ頑張ってる!グッドウッドで走ってる画像がレスポンスにあります。グッドウッドに戻るとあのヒルクライムがいいですね。日本でも最近WRCラリージャパンとか開催されるようになったけど、基本的に公道レースは日本では認められてないように思います。警察が公道でレースやるのを暴走族と同じとみてるのかも。まあ最近は規制が緩和されてきたようですが、日本とヨーロッパとかではかなり違うのでしょうね。
Posted by anno at 2006年09月03日 23:39
言い忘れていました!先日すぽるとを見てたらあの蛯原友里と押切もえが出てて、それを見て思いついたんですけど、あの二人をF1に引きずりこんだのはスーパーアグリなのでは?だってスーパーアグリのパートナーがサマンサタバサでしょ。サマンサタバサは蛯原友里とコラボしていてサマンサタバサデラックスってのをやってます。つながりましたね。まあでてきてもいいので、もう少し使い方を考えてくれたらと思います。
Posted by anno at 2006年09月04日 00:07
annoさん、おはようございます
 Goodwood、向こうでは車の趣味がしっかりと認められているんですね。羨ましい。


 すぽるとは見ました。
サマンサタバサの可能性は確かにありそうですね。ああいった使い方はどうかと思いますけど、他にアイディアが湧かないんでしょう。
Posted by ビートニク at 2006年09月04日 05:42
グッドウッドとは関係ないんですけど、マスダンパー関連です。DTMのほうでメルセデスがムービングバラストなるものを使っていたことがあるんですよ。 加速時にはウエイトを後方へ移動させ、コーナーリング時には中央へ移動。そうやって車体の重量配分を変化させるものだったらしいです。こんなのF1でつかったチームはないですよね?もちろん今は禁止でしょうね、名前からして可動式のバラストだからなあ。
Posted by anno at 2006年09月04日 21:43
annoさん、おはようございます
昔、たしかティレルが文字通りの動く錘を搭載してシーズンのポイントが剥奪になったことがあるはずです。
Posted by ビートニク at 2006年09月05日 05:20
えっそうなんですか!それは知らなかったです。ティレルのあの水タンク事件ならしってるけど。でそれはムービングバラストのようなものだったのですか?
Posted by anno at 2006年09月05日 12:34
annoさん、こんにちは
>水タンク事件
の事かも知れません。曖昧な記憶なので(^^;
意図的に操作する物とは質が違いますね。
…でも、パッシブな物・ドライバーが位置決めをする(ブレーキと同調して動くとか)物なら、グレーゾーンのような気がします。
Posted by ビートニク at 2006年09月05日 16:56
水タンク事件は84年に起きた事件であり、BARのサブタンク事件の時に話題になりましたね。ティレルの水タンクから微量の炭化水素が検出され、シーズン中の全ポイントが剥奪されました。これはバラストではないと思います。恐らくエンジンへの水噴射ではないでしょうか。
Posted by anno at 2006年09月06日 05:45
annoさん、こんばんは
ティレルでは無かったかも知れませんが、鉛か何かの錘を仕込んだ事件がありませんでした?
 日本でのF1放送が始まる前のことだと…かなり曖昧な記憶なんですけど。
Posted by ビートニク at 2006年09月06日 21:38
もう一つ別の水タンク事件もありますよ。1982年ブラジルGPでピケのブラバムとロズベルクのウイリアムズが失格となりました。ブレーキ冷却用と称していた水タンクの中の水を走行中に全部排出し軽い状態で走っているというものです。なんでも水タンクの水は10リッター近くあったといいます。金属製の重りによるものについてはわかりません。
Posted by anno at 2006年09月07日 00:19
annoさん、こんにちは
どうも昔の記憶がかなり怪しくて…
最近のであれば確かと言う訳でもないのが辛いのですが(T_T)
Posted by ビートニク at 2006年09月07日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと