2006年07月29日

インタビューwithマーク・プレストン

オフィシャルサイトで(こればっか(^_^;)マーク・プレストンのインタビューが出ている。翻訳が大変なので、「F1通信」をどうぞ。

 プレストンではないが、この人のこんな様子が意外に思えて(^_^;…案外、ただのレース好きが偏屈になっただけなのかも。

TRT S-Aguri-F1banar.jpg
 
マーク・プレストン自身、かなりのF1好きっぽいので話が面白い。
開発は相変わらず大変なようだが、それを楽しんでいるようだ。
「ファクトリーでは数人のホンダ社員が僕たちと一緒にサスペンションの作業をしています。日本の本田技研は素晴らしい」
来年に関して「新マシンが必要だという風に考えて」おり、
今後の改良でも「今ではBMTの風洞をほぼいつでも利用できる」
というコメントに、HONDAとは独立した関係ながらも、ホンダとの協力関係も好調な様子だ。


ラベル:F1 SuperAguriF1Team
posted by ビートニク at 14:12| Comment(6) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーデッド爺さん可愛いですね(笑) なんか持たされてる感はありますが、人の良さがにじみ出てます。
ファクトリーは休む暇が無いようですが、サスとエアロパーツはSA06の完成には必要不可欠ですから、頑張ってもらいたいですね。
Posted by 考える葦 at 2006年07月29日 17:24
プレストンは良いですねぇ。仕事の内容どうのこうのより、これだけ喋ってくれるのがw 外野の人間としては貴重な生の声です。ゼロキール・・・。
Posted by Sima at 2006年07月29日 19:02
考える葦さん、こんばんは
 オーデットは実際どんな人物なのか、興味があります。
 情熱溢れるメンバーで構成されているようで、良いチームだと思います。資金と設備と時間が不足していますが、人が増えればレベルも色々でしょうからね。今が良いのかも知れません。
Posted by ビートニク at 2006年07月29日 21:32
Simaさん、こんばんは
面白いですよね。多分、自分のやっていることが嬉しいのでしょう。
ゼロキール…(^。^)
Posted by ビートニク at 2006年07月29日 21:42
久し振りのマーク・プレストン。
ニッコニコしながらインタビュー受けている様子が目に浮かんできそうです(笑)。
CSでもニューマシンの素性の良さを上げていましたが、
余計に「伸びしろ」に期待が高まりますよね。
Posted by beach at 2006年07月30日 00:48
beachさん、こんにちは
彼は面白い人物ですよね。本当にF1が好きなんでしょう。
Posted by ビートニク at 2006年07月30日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと