2006年07月17日

これって何?

FIAとメーカー系チームとの間で交渉が続いている事の一つにエンジン問題がある。
 高騰するチーム予算から独立系のコンストラクターとエンジンサプライヤーを守りつつ、競争力を持たせようとする為だ。そして、将来的には環境・エネルギー問題まで見据えたステップとなる可能性を持っているのかも知れない。

※今はコスワースしか存在しないが、以前はジャッドやハートなどがF1にエンジンを供給していた
  
 アメリカGPの時に『インディアナポリス協定』と呼ばれる提案が為された物の重要な部分だ。'08年('07年から)からのエンジン開発凍結・コストダウンに関して自動車メーカー系のチームで構成するGPMAの声明が出た。
GPMA インディアナポリスエンジン提唱に合意」だ。
 だが、GPMAの構成メンバーであるルノーが「ルノーは合意に関与していない」とリリースを発表している。
 2年ぐらい前までは、GPMAの中でも主要なメンバーだったルノーが、このところは距離を置いている感がある。フェラーリもGPMAの中心だったが、抜けて新コンコルド協定にサインした筈。裏でどんな動きがあるのか判らないが、こんなことではFIAとの交渉が上手く行くはずがない。

 案の定、FIAからはGPMAの足下を見透かしたリリースが出ている。「GPMAを代表する6チームを明らかにせい」と…
 結局、メーカー系はお互いの利益が大切なだけなので、こういった動きは不向きなのだろう。
 変な規制は嫌だし、個性的なマシンが競い合ってこそF1だと思うが、コストが尋常でないレベルにあるのも事実。モズレーの心配も理解は出来る。バーニーが握るF1の商業権収入からチームに還元する額を増やすってのはあり得ないのだろうか?08年からの新コンコルド協定には幾らかの増額があるようだが、僅かだったと思うし、下位チームに何らかのプラスがあってこそ競争状態が造られると思う。
 果てさて、どういった決着を見るのだろうか?

エンジンはコスワースに限定という決着になったりして。で、他はチューナーとして参戦…


posted by ビートニク at 20:06| Comment(12) | TrackBack(2) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 全くもって・・・馬鹿なFIAにより(チャーリー能無しエンジニアだし&モズレーは畑違いな元銀行員だし)F1は駄目駄目に、なりつつ有りますなぁ〜^^;。。。
 
 バーニーの糞爺は、取敢えず良しとして・・・この際FIAから糞爺とともに(銭儲かれば来ると思われぇ〜^^ww)、別に新しいF1作って欲しい今日この頃ですわぁ〜^^♪。。。

 あっ・・(ノ;゜0゜)ノピタッ
σ(・_・)のHPじゃ無い、F1専用ブログ作ってみましたが・・・まーだテスト走行中でし^^v。。。
Posted by 天使な悪魔。。。 at 2006年07月17日 21:24
天使な悪魔。。。さん、こんばんは
ちらっと覗いてみましたよ。
また遊びに行きますので。

FIAも問題ですが、チームが和の足並みが揃っていないので、切り崩されてしまうでしょう。
メーカーでなく、レース屋の参戦が可能な環境と競争レベルの維持…最高峰のレースで両立するのは難しいですね。
 でも、それだからこそF1。ドライバーも選ばれた人だけが参戦するので、チームもそうであっても良いですね。
Posted by ビートニク at 2006年07月17日 22:48
このニュースに関連するもの、何度読んでもさっぱり身に着きません。
ただ、GPMAの提唱案なるもの、もうモズレーの手中のなかでの譲歩案ですから、ルノーのような輩がでてくれば、ガタガタでしょう。
バーニーが狙う一国一開催で、世界に拡がるF1?
もう(死語となった)F1サーカスと割り切っちゃえばいいでしょ!って感じです。
ガタガタうるさい規制しないで、最高で派手で華美なものとして認めちゃえば?
何だか過度期と衰退期の狭間を見ているようで、
やけのやんぱち気分ですみませぬ…(笑)。
Posted by beach at 2006年07月17日 23:35
そもそも、規則をコロコロ変え過ぎ!
その上、付け焼き刃的な変更。

今更、どんな変更が有っても何とも思いませんが、
メーカーも、モズやんも、そしてバニえもんも忘れないで欲しいのは、
観てくれる観客が居るって事。
スポンサー様の為でも、私腹を肥やす為でも、企業のエゴを押し付ける場では無いって事。
ボチボチ、観客がソッポ向いてしまいそう。

F1を支えてるのは、高い入場料払っても、夜中に眠い目を擦っても、
それでも、観たい(観に来る)ファンじゃないの?

それを忘れないで欲しい。

FIA統括で、生き残ってるカテゴリーは、最早F1だけ。
残りは、全て破壊と再生を繰り返してます。
いっそ、F1も行く所まで行ってしまえ!
と思ったりもしますが・・・。

長文、失礼。
Posted by ジムカニアン at 2006年07月18日 08:43
地上波でしかF1を観戦しない私には言えた義理ではありませんが…(;^_^A、多くのF1ファンが期待するF1は、FIAが目指しているものとは違うような気がしますね。
このまま行くと、規模と看板ばかりが大きくて、中身は他のカテゴリーより陳腐なF1になりそうな感じがします。F1にはいつまでも名実ともに世界最高峰であってほしいですね。
Posted by 考える葦 at 2006年07月18日 14:18
beachさん、こんばんは
 規制はあっても良いと思うんです。Formulaですからね。でも、規制の中身ですね。頂点のレースなら、コストも頂点になるのは仕方がないですね。コンストラクター選手権の側面もありますから、独自のアイディアや考え方を反映したオリジナルマシンで競うべきですね。
 それに、商業権は基本的にチームに分配するべきだと思います。
Posted by ビートニク at 2006年07月18日 18:44
ジムカニアンさん、こんばんは
 規則を変えると、弱小チームは適合するだけで大変で、余裕のある所が益々強くなりますね。
 このまま行くと、メーカー系からもそっぽを向かれてぺんぺん草も残らないことになるかも。
 大々的にやったアンケートがどう反映されるのか、素人の意見を大切にして欲しいですね。
Posted by ビートニク at 2006年07月18日 18:50
考える葦さん、こんばんは
オイラも地上波ですから!しかも予選も無し(T_T)

単純に、スゲー!カッコ良い!!って楽しめる物にして欲しいですね。
問答無用の迫力とバトル。これですよ!
Posted by ビートニク at 2006年07月18日 18:53
なんだか、昔のF1に戻る雰囲気がありますね。
エンジンがコスワースDFVのほぼワンメークだったあのころです。

もっとも、あのころにロータス78が生まれ、ティレルP34が生まれ、結構面白い時代ではあったわけですが。ただ、規制一辺倒では、面白くない方向に向かうだけですよね…
Posted by こめろんぐ at 2006年07月18日 20:31
こめろんぐさん、こんばんは
 あの時代は車の規制は緩かったので、エンジンは必要なパワーがあれば、それで良かったんでしょう。古き良き時代ですね。
 でも、無理矢理あの時代に戻すことは出来ませんよ。F1は最高峰のレースでないと。
Posted by ビートニク at 2006年07月18日 22:32
ついにSA06シェイクダウンしましたね、やったぜ!
Posted by anno at 2006年07月19日 21:48
annoさん、こんばんは
ですね!!
Posted by ビートニク at 2006年07月19日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1(274) スーパーアグリF1 “新車はMF1と同じくらい”
Excerpt: 佐藤琢磨 新車の投入が待ちきれない : F1−LIVE.com 新車SA06が、ホッケンハイムのデビュー戦を前に、近々、シルバーストーンで “シェイクダウン” 「(新車投入は)とてもエキサ..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2006-07-18 18:13

F1(275) “シェイクダウン” SA06 スーパーアグリF1
Excerpt: Super Aguri SA06 makes track debut : Pitpass.com New Super Aguri breaks cover : Formula1.com S..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2006-07-19 22:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと