2006年07月06日

F1 今日の小ネタ

井出、F-ニッポンへ
スーパーライセンスを剥奪されてから動向が注目された井出だが、日本のレースへ参戦が決まった。(yuji-ide.com)
※ポッカ1000qの話は立ち消え?

'08年からのタイヤ
FIAは、08年からのシングルタイヤサプライヤーとしてブリヂストンを指名した。ミシュランは今年限りでの撤退を表明済みなので、実質来年からの実施となる。
※タイヤのワンメイクは、規制の中では違和感が少ない部分だと思う。但し、供給側として満足かと言えば、そうでは無いだろう。
 
 
エンジン規制は決まらず
フェラーリは、インディで行われた代表者会議の後で“インディアナポリス協定”と呼ばれる契約に、サインをしなかったようだ。
※エンジンの開発凍結など、コストダウンのための規定だが、他に方法が無いのだろうか?
 コスワースで誰もが勝てた時代は規制で創られたものではなく、時代がそうだったに過ぎない。ルールに魅力が無くなってしまえば、エンジンサプライヤーが撤退するかも知れない。

ウィリアムズ、空力を見直す?
インディでトロ・ロッソにすらついて行けなかった結果を受けて
「空力がクルマにおいてかなり支配的な部分となっており、我々はそこで間違いなく向上する必要がある。しかし、我々は全体もよく見なければならない」(F1Racing.jp)

※この数年、空力の失敗続きだ。ダウンフォースを多く付けるコースでは悪くないようだから、ドラッグが多いのだろうか?トラクション効率も悪いのかも知れない。


posted by ビートニク at 05:54| Comment(21) | TrackBack(2) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
井出は兎に角フォーミュラに乗りたいのでしょうね。ポッカは何処へ〜。

タイヤに関しては仕方ないかなと思います。スピードとコストの抑制のためには。

エンジンの開発凍結なんてしてもコストダウンにもならないと個人的には思っています。バージョンアップされたエンジンが実戦投入されないだけで開発は続けられ・・・数年後には物凄いエンジンが登場するかもw

ウィリアムズは失敗続きですけど、ここ数年と今年では失敗の仕方が多少違うように思います。ここ数年は攻めて外れて打つ手なしでしたけど、今年はコンサバなんで前後バランスは良いが考え方が古く(ドラッグとダウンフォースのバランス)て当り外れがあるという感じです。
Posted by Sima at 2006年07月06日 06:22
井出くんはとりあえず再スタートですね。ここからもう一度挑戦して欲しいと思います!
タイヤに関しては、サプライヤー同士の競争と言う意味では面白みは減りますが、タイヤチョイスで差が出るでしょうから、まあいいのかな…と。エンジン規制は断固反対ですね。フェラーリには頑張ってもらいたいですね!それこそ極端な話、空力のみの開発競争になってしまっては、もはやデザイナーの才能次第になってしまいますからね…。
Posted by 考える葦 at 2006年07月06日 07:09
井出っち、復帰できて良かったですねー!

タイヤはBSで決定したんですね。
どんどんつまらなくなっていきますね。エンジン開発凍結だなんて、ヒドすぎですよ!
Posted by yu-ko at 2006年07月06日 08:14
こんにちは。ブリジストンにマイクロソフト。今後色々と変革があるようですね。タイヤもワンメイクになれば、スイートスポットを広げるような万人向け仕様に変わっていくんでしょうか?

さて、今週のテストの状況を見ているとHONDAのエアロパーツがウイリアムズっぽくなってますね。ダメ出しされた方向に行くなんて、まだまだ迷路の出口は遠いかもしれませんね。

さて、もしかするとそろそろSA06の謎が明白になるかもしれませんね。目下の興味はどんな形でSA06が登場するのか。その1点ですね(笑)。
Posted by tommy0726 at 2006年07月06日 10:41
連続投稿失礼します。なんとBMWのマシンノーズににナマハゲの角のようなエアロパーツが装着されてますね。見た目的にも、う〜ん・・・ですが、ドライバー的には視界確保出来るんでしょうか?いにしえのX-WINGも「見た目が悪い」という理由で排除されたのが思い起こされますが、FIAはどう出るんでしょ?

http://images.f1racing.net/large/61660.jpg

http://images.f1racing.net/large/61657.jpg
Posted by tommy0726 at 2006年07月06日 12:36
ピトー管との位置関係が面白いですね。何か特殊な状況でのデータ取りでしょうか? 実戦投入となると・・・。
Posted by Sima at 2006年07月06日 14:07
FIAの第2回世論調査で08年からの規定に抵抗しましょう
Posted by sino at 2006年07月06日 18:43
Simaさん、こんばんは
タイヤはもう少し焦点が当たっても良い部分ですけどね。仕方がないですね。
 エンジン規制は、やろうとしていることは難しいですね。良い結果になるとは思えなくて。
Posted by ビートニク at 2006年07月06日 18:54
考える葦さん、こんばんは
エンジンの規制も、環境を考えるなら燃費規制とか、そんな方向のルールなら歓迎ですけど、開発凍結は…
Posted by ビートニク at 2006年07月06日 18:57
yu-koさん、こんばんは
井手は、取り敢えず良かったです。
シートを失ったドライバーが少し可哀想ですけど。
ルールはもう少し何とかして欲しいです。
Posted by ビートニク at 2006年07月06日 18:59
tommy0726さん、こんばんは
08年からのルールは問題が多いように思います。
 HONDAのテストを見ると、ダウンフォースが不足してるんでしょうね。ウィリアムズはダウンフォースを付けるコースではそこそこですから、そこの真似をしてみたと。
 SA06、どんな風になるのか楽しみです。足回りはホンダ栃木の技術が入っていると思われるので尚更。

 BMWザウバーの写真は面白いですね!!
大型のバージボードに始まって、気流を縦に分割したいのでしょうか…視界が遮られそうですが、前後長は短いので大丈夫なんでしょうか?
上からの写真があるともっと妄想できるのに(^^;
Posted by ビートニク at 2006年07月06日 19:06
Simaさん、続いてどうもです
 ピトー管もフィンが付いていて、高く持ち上げられていますね。ノーズに影響されない気流の測定でしょうか?
 少し視界を遮りそうですね。
Posted by ビートニク at 2006年07月06日 19:09
sinoさん、こんばんは。
こちらでは始めましてでしょうか?
記憶が危なくて…

アンケートは、少し前にやってみましたよ。
日本語が怪しいアンケートでしたね。
Posted by ビートニク at 2006年07月06日 19:11
コストダウンが競争(特にオーバーテイク)を生むような規制ならいいのですが、エンジン凍結やECU共通化は、魅力を落としますね。
例えば、タイヤウォーマー禁止、ローンチコントロール禁止、トラクションコントロール禁止、リアルタイムテレメトリー禁止(レース中はドライバー無線の通信以外不可、レース後に車からデータの有線でダウンロードは可)、レース中の給油禁止、燃料の使用量規制(低燃費技術は市販車に通ず)、年間のエンジン数とモノコック数の規制(金曜もテストも含む)、などなど。思いついたことだけでも、結構コストは落ちて、ドラーバーの競争は増しそうな気がするんですがね。
Posted by 悟ファンの私 at 2006年07月06日 21:01
悟ファンの私さん、こんばんは
コストについては結局、FIAはチームやエンジンサプライヤーを信用していないんでしょうね。トラクションコントロール等が禁止された後に解禁されたのは検証が困難だったからですよね。

 いっそ、チームに会計報告を義務づけて、使い方は自由にして、経費を総額規制にするとか…無理ですよね(^_^;
 F1の魅力は、技術+ドライバーの頂点であるという側面がありますから。コストを縛るのも限界があると思います。
Posted by ビートニク at 2006年07月06日 21:22
共通ECUはローンチやらトラコンの監視or禁止のためには効果的だと思います。燃費規制もありだと思います。実質的な出力規制になりますし。その代わりに排気量からシリンダーレイアウトまで自由にして素材規制のみに。エンジン開発費が高いのは、規制が厳しすぎて重箱の隅を突付くような開発になるからCPが悪くなると思っています。
Posted by Sima at 2006年07月06日 23:36
Simaさん、こちらでもありがとうございます
 ECUはかなりの重要部分ですよね。今や各チームの肝かも知れませんね。同じエンジンでも、ECUが違えば同じ性能を発揮するとは思えません。
 エンジンの素材は、禁止素材を上げるのではなくて、使用可能な素材をリストにした方が良いと思います。
 規制する部分があっても、自由度が十分にあれば個性的で面白い競争が見られますよね。そんな部分があってこそF1だと思います。
Posted by ビートニク at 2006年07月07日 07:12
FIAの共通ECUはさすがにマッピングまで強制しないでしょうから、ある程度の性能差は生まれると思います。自由度は今までより狭くなるでしょうが。FIAにしてみればチームごとに独自ブラックボックス化しているECUは気に入らないのでしょう。

>規制する部分があっても、自由度が十分にあれば個性的で面白い競争が見られますよね。
その通りですね。スピードにしてもコストにしても肝となる部分を抑えれば効果があるはずで、他はできるだけ自由にして欲しいですね。
Posted by Sima at 2006年07月07日 07:57
Simaさん、続いてどうもです
マッピングは、昨年の提案では確か、2種類だけ認めるとか、そんな感じだったと思います。記憶だけで書いていますから、違うかも知れません。
 2種類が全チーム同じマッピングでなのか、チーム毎に2種類なのかは更に不明です(^_^;
Posted by ビートニク at 2006年07月07日 20:36
マッピングは2種類・・・。
エンジン自体が全く同じなら全チームで2種類でしょうけど、いくら規制が厳しいからと言っても全く同じではないですから、各チームで2種類でしょうね。
Posted by Sima at 2006年07月08日 01:16
Simaさん、おはようございます
おそらくそうでしょうね。
 マッピングに制限をするとは、FIAはレース毎に回収して確認するんでしょうか?
Posted by ビートニク at 2006年07月08日 07:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

井出っち、ドコモダケで再出発!
Excerpt: 井出有治、再び国内トップフォーミュラカテゴリーへ参戦
Weblog: Lion heart
Tracked: 2006-07-06 11:13

本家の改革!
Excerpt: 本家さん! ニューエアロ投入ですね!     やけに大きな、天使の羽?が付いてますが効果の程はいかに?     グニャリ?と曲がった天使の羽!..
Weblog: SUPER 君が代が聴きたい!
Tracked: 2006-07-06 14:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと