2006年04月15日

SuperAguriF1Teamの小ネタ

 バルセロナテストが注目を集めているが、昨日の琢磨に出たトラブルは油圧系統らしい。(AUTOSPORT WEB
 で、今日14日は琢磨と井出の二人体制でテストに挑むらしいが井出に十分な時間が与えられないのではないかと心配していたら、心配した通りの展開になりつつあるようだ。(参考:13日のテスト結果pdf

 所で、昨日のトラブルは油圧系統と言うことだが、オーストラリアで出た症状と同じ物だったのか、興味がある。
 もしかして、ホンダ製のギヤ+油圧系統に変更をしたが為のマッチングに苦労をしているのならば、進歩のため、ある程度は仕方が無い。とも言えるのだが…
TRT S-Aguri-F1banar.jpg

 テストの写真を漁っていたら、フロントウイング、しかもノーズ下にガーニーフラップが付いているのを発見。ダウンフォース不足は明らかなのを言葉ではなく、実感した次第。普通、フロントウイングにガーニーフラップを付ける場合はノーズと重ならない部分に付けることが多いのだが…

テストの話とは別に、
 ご存じですか?「月刊スーパーアグリF1
 この中で、
排気ガスは市販車よりも全然綺麗なんですよ
西原 えっ、そうなんですか。
船田 最大限にパワーが出る理想の形でガソリンを燃やしているから、排気ガスってほとんど出ないんです。排気ガスが水になるくらい綺麗に完全に燃焼させてるんです。F1の世界ってホントそれぐらいのせめぎ合いなんです。」
等、結構面白い記事があるので皆さん是非どうぞ。
 
「F1速報PLUS」を見て…
買ったばかりで全部に目を通した訳じゃないが、亜久里のロングインタビューが面白い。
特に注目した部分を挙げると、
●チーム発表の11月1日の時点で、資金は0だったこと等は何度目にしてもぞくぞくするばかりだ。
●アロウズのギヤボックスを使用しているので、折角コンパクトなHONDAエンジンを使っているにも関わらず、1インチも高さを持ち上げて使用している。
…どのチームもミリ単位で重心を下げる努力をしている中で、一番重いパーツが1インチも高いのは致命的だ。
●サンマリノには間に合わないが、ギヤボックスと、ギヤボックスに結合されているリヤサスペンションも変われば、『それだけでもミッドランドより速くなるよ。』

マシン開発ドキュメント「120Days to Bahrain」の中で
●11月初旬にポール・ストッダートから4台のA23、ギヤボックス9、設計図、スペアパーツ等を買い取って、A23を知り尽くしているマーク・プレストン等がCFDを使って06年のレギュレーションに合致させる合わせていく作業を始めた。
●11月28日、1台目のモノコックが完成。
●初めて風洞を使ったのはクリスマスの1週間前。
●年明けに2度目の風洞テスト。ホンダから提供を受けた冷却系のレイアウト、サイドインパクトストラクチャー、チムニーが決まっていく。資金が無いので、確実な物だけを開発していく。
●2月末、クラッシュテスト用1台、レースカー2台、システムカー兼Tカー1台のモノコックが完成。
●A23から流用したパーツ:
モノコック・ギヤボックス・センサー・ベアリング・ホイール…制御システムはホンダ製らしい。


posted by ビートニク at 00:09| Comment(8) | TrackBack(3) | SuperAguri F1 Team | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局バルセロナでは満足なテストは出来なかったみたいですね…。やはりアロウズのシャーシはそろそろ限界でしょうか…。井出君は一度も走らなかったからイモラでの結果は関係なくなったのでしょうかね?それも計算済みか…。
Posted by 考える葦 at 2006年04月15日 02:50
考える葦さん
どうやらそうらしいですね。
トラブルを出して、対策をするのもテストの目的とはいえ、厳しい状況が見え隠れしていますね。
Posted by ビートニク at 2006年04月15日 07:49
こんにちは。ちょっと目を覆いたくなるようなテストでしたね。内容があまり変わらないと仮定すると今までの一見高い信頼性も、偶然もしくは綱渡り状態だったと言うことですね。私的な(妄)ではビートニクさんと同じくシーズン前にホンダ製ギアボックスの導入の阻害要因になったアクチュエーター等の補器類の先行導入テストかな?と思ったりします。たのむから前向きなトラブルであってくれ〜!と祈るばかりです。F1速報PLUS買わなきゃ(笑)。
Posted by tommy0726 at 2006年04月15日 11:17
tommy0726さん
実際がどうなのか、気になりますね。
繋ぎの車をどう活かすのか、難しいところですね。
Posted by ビートニク at 2006年04月15日 11:25
以前、ブレーキングで挙動が乱れるという話があり、これもダウンフォース不足のためということでした。ダブルデッカーにしたりしてましたよね。バラスト積む余裕もないということなので軽量化も必要のようです
Posted by anno at 2006年04月17日 00:28
annoさん、
さしあたって、
ギヤBOX&リヤサスペンションが優先開発のようですね。
空力はどれだけやるんでしょうね。今回のテストでは違いが分かりませんでした。
Posted by ビートニク at 2006年04月17日 06:41
そうですか、空力はまだなんですね。亜久里さん、以前に他車と比較して、ダウンフォースは30%くらい少なく、ドラッグは20%くらい多いといってましたね
Posted by anno at 2006年04月18日 05:16
annoさん
今回のテスト、目に見えない部分で開発か何かがあったのかも知れませんけど、公表されないので判りませんよね。空力なら判りやすいんですけどね。
Posted by ビートニク at 2006年04月18日 06:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

F1(202)鈴木 亜久里チーム代表“有治のことは心配していない”
Excerpt: 追  記 2006年04月13日(木) 井出有治、更迭説を否定 今週のバルセロナテストに参加予定に井出有治は、オートスポーツ誌のインタビューの中で現在噂されている更迭説について次のようにコメントして..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2006-04-15 20:23

痛いトラブル!バルセロナテスト4/13
Excerpt: 13日のバルセロナテストはSAF1にとって厳しいものとなってしまいました。 この日、琢磨の手によってタイヤプログラムをこなす予定だったがハイドロリック系のトラブルに見舞われ、僅か23周しか走れなかっ..
Weblog: 佐藤琢磨応援日記
Tracked: 2006-04-15 23:15

スーパーアグリが大ピンチ!?
Excerpt: F1に純日本チームとして参戦し、佐藤琢磨が大健闘を見せているチーム「スーパーアグリF1」ですが、ここに来て不安材料が出てきました。 先週行われたスペイン・バルセロナサーキットでのテストで大ブレーキで..
Weblog: この際、言いたい放題=別冊版
Tracked: 2006-04-16 02:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと