2008年12月25日

クリスマス♪

今日はクリスマスですね
キリスト教徒じゃありませんが、
せめて今日ぐらいは全ての人が幸せでありますように(-人-)

IMGP5642re_s.jpg
 

来年のF1
さて、来シーズンのF1ですが、僕にはあまり面白くなさそうな予感がしています。
勿論、琢磨のF1復帰があればそれなりに面白いシーズンとなるでしょう。
が、ホンダの撤退は別にして、来シーズンのレギュレーションが面白くなさそうです。
車両規則については、
1:パッシングを増やすためのディフューザーのさらなる制限
2:リアウイングの幅と高さ制限
3:ドライバーが操作可能なフロントウイング
4:ウイングレット等の補助空力部品の禁止

 追い抜きの際に問題となる、後方への乱気流を減らすためのディフューザーの制限とリアウイングの規制についてはまぁ、アリかな? 車体中央部の小さなフィンの制限もまぁ良し…
 問題は、どう見ても格好悪いフロントウイング。げんなりします(;´_`;)
しかも、ドライバーから操作可能ってのはどうなんだか…空力部品は固定されていなければならない筈では?
僕がドライバーに関して見たいのは、
ウイング操作の上手下手じゃなくてファイティングスピリットと高度なドライビングテクニックだけです。
そのうち、ウイング操作も重要なテクニックと呼ばれるようになるんでしょうか?
 いっそ、車体中央から後ろの空力制限を厳しくする変わりに前半部分は規制を緩くしてはどうでしょう?
 その変わり、風洞の年間稼働時間を制限する&CFDの何らかの制限をしてみては?
果たして制限が守られるか、検証法が問題ですけどね。

IMGP5614s.jpg




プライベートなことですが
さて、ここから先はとてもプライベートなことなので、
興味の無い方は見ないで下さい





昨年末から僕のブログの更新頻度が落ちてしまいました。
連れ合いが昨年末に緊急入院し、その後の生活が一変してしまったのです。
彼女は約11年前に乳ガンが発覚し、手術をしました。
その後、世間で言われる再発の目安の5年を前に再発が発覚し、以後は転移との戦いの日々です。
でも、少し前までは悪いなりに希望を捨てずに頑張っていました。
イベントなどがあれば積極的に行っていましたし、他にも
乳ガン患者の集まりや、病院内でのガン患者のための集まりの発起人になったり…乳ガン体験を活かそうとして来ました。

ところが、約3年前に脊柱への骨転移、昨年秋の肝臓への転移と、この数年は辛い状況が続いていたのです。
そして昨年の暮れ、通常の通院治療のつもりが即入院となってしまいました。
肺への転移が確認されたのです。
それからは入退院の繰り返しです。
主治医からは余命宣告もされました。

今では外出もままならない状態ですが、余命の期限を過ぎても何とか頑張ってくれています。
毎日が奇跡のようで、とても有り難いのです。

そんな状況ですから、僕はできる限り彼女との時間を大切に過ごしたいと思っています。
力不足で感動させるような写真が撮れていないのが悲しいのですが、
外出の減った彼女に美しい風景やモノを見てもらいたくて、写真は撮っています。

昨年の暮れから僕のブログにコメントやトラックバックを下さった皆さん、ちゃんと返事が書けなくて申し訳ありません。
以上の理由で、積極的に返事を書く気分にはなれないんです。

今の状態がどれだけ続くかは判りませんが、
一日でも永く続いて欲しいと思っています。

皆さんもどうか愛する人との時間を大切にして下さいね。

全ての人が幸せでありますように。
IMGP5666silkys.jpg
posted by ビートニク at 19:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと