2008年07月12日

ホンダF1、徒然に思うこと

今宮雅子さんのブログなどを見るに付け、つい考えてしまうことがある
それは僕だけじゃないと思うんだが…今回は文体を変えてお送りします

次は何時のエントリになる事やら(^_^;
 
現状、すっごく格好悪いHRF1の中にも、熱いHONDAスピリットを持っていると思われる人がいる
ホンダ本社筋は何故、現状のHRF1=HONDAを許しているのか?
現場に疎い経営者でも、噂などは耳に入ってくるだろう
現場で頑張っている熱い人達は、本社筋になんらかの行動はしないのか?

何だか、疑問ばっかり

んで、色々と(妄)を巡らすわけで

何時だったかエントリに書いた気がするけれど、第3次参戦の前にハーベイ・ポスルスウェイト博士を先頭にダラーラで制作したマシンでテスト走行する段階まで行っていた。
かなり良いタイムで走っていて注目されもした。
フルコンストラクタでの参戦目前に博士が他界してしまった訳だけれど、この時から急転直下、BARへのエンジン供給へ路線変更が決まってしまった。
方針変更は何故なんだろう?
この時の理由は今のHRF1の熱い人達は恐らく知らない。
熱いHONDAスピリットを持つと思っているN本さんの話を思い出す…懐かしい、ハワイアロハホールでのことだ。
質疑応答の中で、ホンダの路線変更について質問が出ていたのだ。彼は川本さん(だっけ?当時の社長でF1参戦を決めた人)からその理由は聞かされていないようだった。
きっと、墓場まで持っていくんじゃないか?N本さんはそう言っていた。
今の迷走するHONDAF1の根源的な理由はここにある気がしてならない。
だけど、理由が明かされることは無いだろうとも思う…

明かせない理由があって、それが動かしがたい現状を招いているのならばいっそ、F1活動を休止したらどうだろう?
で、暫く休んで仕切り直したら…それも、熱いHONDAスピリットの継承者が残っている間に復帰を目指すのだ!
だけど、今の状態で休止したら二度と戻ってこない気がするのも事実

見ていて情けないけど、頑張っている人達が今なお確実にいるのも確か。
そんな人達がいるからこそ、今宮さんも書くのだろうし、琢磨もモナコでのコメントでホンダへの期待が込められていたのだろう…
焦れったいぞ〜!
タグ:F1 ホンダ HONDA
posted by ビートニク at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | F1など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

もうホンダもHONDAもどうでもいいです。
所詮、買いたいと思わせる市販車を作れないようなメーカー何ですから。

オーデェットが中心になってSAF1を復活させようという動きがあるようです。
思わず、そちらを注目してしまう自分がいます。
Posted by さだちん at 2008年07月13日 16:12
私もそう思います。
まだ熱いホンダスピリットを持つ人がいるうちに。
今のチームは終わりにしないといけない気がします。
そのことがはっきりと、先日わかりました。
 
ただ会社の方向性に逆らうものは自ずから、そこからはじき出されてしまうものです。
会社自体が方向性を変える気にならないと、せっかく残っている人たちが、あぶないめにあうと思うんです。
ホンダスピリットをもった人たちは、今は気をつけて…会社を支えていて欲しいです。
とにかくトップが方針を変えないと…身動きがとれないでしょうね。
Posted by ルビー at 2008年07月13日 23:44
私も当時はホンダの方針変更に大変失望しましたね。

迷走の第3期とでも言いましょうか、この時テストカーRA099のデザインに当たったティム・デンシャムを中心とするデザインチームが、テストチーム解散と共にベネトン(現ルノー)に移り、後にアロンソのチャンピオンマシンを作り上げることに・・・

当時のテストチームはBARへの移行を良しとしない旧ティレルのメンバーが殆どでしたから、テストチームがそのままホンダとしてF1に参戦しても、本当にそのチームはホンダと言えるのかという議論が当然出てくると思いますが、少なくとも現状よりはマシなチームになっていたのでないかと私は思います。
Posted by もり蔵 at 2008年07月14日 11:07
さだちん さん、遅くなりました
コメントを有り難うございました

う〜む
僕にとって、欲しい車がないのはホンダに限った事じゃないんですよねぇ

色んな噂や憶測があるようですが、それらを信用する気持ちも…静かに待つのみです(>_<)
Posted by ビートニク at 2008年07月16日 19:29
ルビーさん、遅くなりました
コメントを有り難うございました

ルビーさんもそう思います?
琢磨の事はとてもとても残念ですけど、

今の状況で必死に頑張っている人達がいる。
その事は忘れないでおこうと思います。

色んな事柄が上手く噛み合わさった時が来るかも知れないと
…それはあまりにも楽天的すぎるでしょうか?
Posted by ビートニク at 2008年07月16日 19:34
もり蔵さん、
遅くなりましたがコメントを有り難うございました

当時のチーム構成はほぼティレルですもんね。
=ホンダとは言いづらいかも知れませんが、ティレルは馴染みのあるチームでしたから、気持ちの上で違和感は少ないでしょうね。
今となっては…ですけどね(>_<)
Posted by ビートニク at 2008年07月16日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102741033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

なかのひと